FC2ブログ
(旧 「防水屋台村」建設中)
関東防水管理事業協組総会
引田理事長再選
今年度目標は工事契約高百億円

引田理事長
総会で挨拶する引田 孝(ひけたたかし)理事長。「今年度工事契約高目標は100億円」。右はメーカーの田島ルーフィング・田島国雄社長。



関東防水管理事業協組(引田 孝理事長)は9月25日、東京・台場のホテル日航東京で、平成24年度通常総会を開催した。23年度は「環境改修」をキーワードに、防水改修に付加価値と独自性を持たせることによって、工事契約高は93億6、700万円(前年同期比108.9%) を達成した。

メーカーから田島ルーフィング田島国雄社長が来賓挨拶した。その中で、去る9月21日新聞発表された、グループ会社(株)タジマとの経営統合の計画を報告した。統合は2014年12月21日付けで、「グループ一体となって、変化する建築市場に対応するため」(田島社長談)に行われる。

今年度決定した組合の事業計画は従来の「グリーンプロジェクト」「プレミアムルーフガイド」に加えて、居住者の快適性と防水層の長寿命化を実現する「サーモコントロール断熱」による防水改修の推進。このキャンペーンとして10月1日から来年6月30日まで総額2、000万円を限度に、1平米あたり100円を施主に還元する。





ホムペはこちら




防水の歴史を探る*「ルーフネット」は日本の世界の防水に関する記録の初見を求めて日本書紀や聖書などを調べています。「日本の防水歴史研究会


バックナンバーはホームページの「バックナンバー」で、過去の記事は「検索」又は「更新履歴」をスクロールしてください。