FC2ブログ
(旧 「防水屋台村」建設中)
正倉院の屋根ふき替え 雨漏り懸念で
大正2年の解体修理から100年 
雨漏り懸念で屋根ふき替えなど整備工事中


正倉院(しょうそういん):屋根は寄棟本瓦葺きで檜を用いた高床式校倉造りの建物。奈良県奈良市の東大寺大仏殿の北西に位置する、高床の大規模な校倉造(あぜくらづくり)倉庫で、聖武天皇・光明皇后ゆかりの品をはじめとする、天平時代を中心とする美術工芸品の収蔵施設。「古都奈良の文化財」の「東大寺」の一部としてユネスコの世界文化遺産に登録。

正倉院 
今回の見学コース

正倉院正倉は,奈良時代の八世紀中頃に創建され,1,200年以上の歴史を有する国宝指定の建造物だが,大正2年に実施された解体修理から約100年を経過し,傷みが徐々に進行して雨漏りが懸念されることから,平成23年度より屋根の葺き替えを主とする整備工事が行なわれている。
宮内庁では,文化財建造物の保存修理についての理解を得る機会として,この工事期間中5回にわたった現場を公開する。今回は,その第2回目として屋根瓦をおろした正倉の様子を公開する。ただし見学申し込みはすでに完了。
公開日は平成24年9月21日(金),22日(土),23日(日)の計3日。
今回公開される部分は、素屋根内1階:正倉床下の様子、素屋根内2階:正倉東面の様子 、素屋根内3階:正倉屋根(東西南北)の様子

ホムペはこちら




防水の歴史を探る*「ルーフネット」は日本の世界の防水に関する記録の初見を求めて日本書紀や聖書などを調べています。「日本の防水歴史研究会


バックナンバーはホームページの「バックナンバー」で、過去の記事は「検索」又は「更新履歴」をスクロールしてください。