FC2ブログ
(旧 「防水屋台村」建設中)
防水メトロ  営団メトロは最近防水対策を熱心にPR
トンネル内及び地下駅構内の浸水対策、津波対策
春先から東京メトロが駅や車中のスクリーンで頻繁にアニメ放送をしている。津波や大雨で大量の水が押し寄せた時、こうして防ぎます、というものだ。
なぜ急に、と思って東京地下鉄株式会社の資料を調べてみると、平成24年度事業計画に「自然災害対策」として
東日本大震災を踏まえ、「換気口への新型浸水防止装置の設置を推進」という項目がある。メトロの24年度予算総額は895億円。安全対策に163億円、このうちの保安度向上に99億円があてられ、その一部が浸水対策費に充当される。

メトロ浸水
「浸入する水は防水板で止めます。」
メトロ浸水2
「換気用縦孔から入る水は、防水板を下から持ち上げ、防ぎます。」(いずれも銀座駅ホーム向かい壁のスクリーン)

東京メトロでは、これまで豪雨による浸水対策として、止水板、浸水防止機、防水扉などを設置してきた。今後は大規模水害を考慮して、さらに機器の改良と出入口対策をすすめてゆく、としている。
地下鉄出入口
出入口対策。設置対象個所は235。地下鉄かん気口
新型浸水防止機の設置対象個所は102。(対策図は「東京地下鉄株式会社平成24年度事業計画より」上も)
中央防災会議「大規模水害対策に関する専門調査会」及び東京都「洪水ハザードマップ」における浸水エリアを想定して止水対策箇所を抽出し、対象個数を産出している。


ホムペはこちら




防水の歴史を探る*「ルーフネット」は日本の世界の防水に関する記録の初見を求めて日本書紀や聖書などを調べています。「日本の防水歴史研究会