FC2ブログ
(旧 「防水屋台村」建設中)
*ビオトープなど長年の研究成果踏まえシンポ
「自然循環型環境の設計・水と緑による地域の再生」

水環境小瀬博之委員長東洋大学教授
水環境小瀬博之委員長(東洋大学教授)の挨拶


日本建築学会環境工学委員会の「建築における自然循環系創出小委員会」は8月22日、東京都港区芝の建築会館で、シンポジウム「自然循環型環境の設計・水と緑による地域の再生」を開催した。

「水と緑による地域の再生をはじめとする自然循環型環境の構築」は、建築分野では特に重要な課題である。同小委員会では、長年にわたり建物およびその周辺に作られたビオトープや緑化・水景施設などの自然循環型環境の計画・設計・事例に関わる研究調査を行ってきた。このほどその成果を踏まえシンポジウムを行った。

大塚主査の経緯説明
大塚主査による経緯説明

水環境運営委員会
建築における自然循環系創出小委員会のこれまでの活動内容

〈プログラム〉は以下のとおり(敬称略)

趣旨説明 小瀬博之(東洋大学)

循環型システムと環境共生 田澤龍三(清水建設)

ビオトープの形態と役割 小瀬博之(前掲) 循環型社会における都市自然の再生 養父志乃夫(和歌山大学)

建築の外部空間におけるビオトープの設計 須藤哲(イー・フィールド)

事例紹介 水谷敦司(竹中工務店)

質疑応答

ホムペはこちら




防水の歴史を探る*「ルーフネット」は日本の世界の防水に関する記録の初見を求めて日本書紀や聖書などを調べています。「日本の防水歴史研究会