FC2ブログ
(旧 「防水屋台村」建設中)
都美館長期改修後初の自主企画展は「生きるための家」コンペ
3.11を経て、「すまい」の捉え方は変わったのか?

[生きるための家」オープニングレクチャー
■審査委員(小嶋一浩・西沢立衛・平田晃久・藤本壮介)と最優秀賞・山田紗子さんによるオープニングレクチャー


生きるための家」ポスター
同時開催のフェルメールには長蛇の列。とはいっても、こちらの方も親子連れや若いカップルで、賑わっていた。

1等作品
一等作品、山田紗子さんの「家族の生きるための家ー大柱と屋根の作る、住むための濃度ー」

会期:2012年7月15日(日)~ 9月30日(日)
 東京都美術館リニューアル後の初の企画展が「生きるための家」。これからの住宅についての提案を公募し、建築界の次世代の担い手たちによる試みを通して、新しい価値観を持った近未来の「すまい」の在り方を提示しようとするもの。 応募の中から表彰された提案を模型で展示し、中でも最優秀賞受賞の山田提案は原寸大で展示されている。


ホムペはこちら




防水の歴史を探る*「ルーフネット」は日本の世界の防水に関する記録の初見を求めて日本書紀や聖書などを調べています。「日本の防水歴史研究会