FC2ブログ
(旧 「防水屋台村」建設中)
ROOF-Iris イチハツの英語名は「ルーフアイリス」 
芝棟を守り彩るイチハツの英語名はルーフアイリス

芝屋根黄色紫2


ゴールデンウィークの頃,25棟ある日本民家園の茅葺屋根建物の中で、ひときわ注目を浴びるのが、「芝棟」を屋根に戴く旧清宮家住宅。 昭和40年9月、神奈川県登戸の清宮一男さんから寄贈された


芝棟(しばむね):萱葺き屋根では棟の部分が防水上のウイークポイントになる。両側から葺きあがってきた茅が合体する棟の部分に土を置き、それを固定するために乾燥に強い植物を植える。上に植える草は、アヤメ科のイチハツやアイリス、イワヒバ、ニラなど。フランスではイチハツだけだ。芝棟は九州から青森で見ることのできる民家で、縄文時代以来、約5000年にわたって建設されてきた。

芝屋根黄色と紫
撮影5月6日 佐藤孝一(上も)
ゴールデンウィークに入った4月28日ころ咲き始めた紫のイチハツも、盛りを過ぎ、今日5月6日は、黄色いジャーマンアイリスが主役だ。
菖蒲属で黄色い花は、黄菖蒲かジャーマンアイリス、又はダッジアイリス。黄菖蒲は湿地を好むから、ジャーマン又はダッジアイリス。幅広で平たんな葉の特徴からこれはジャーマンアイリスで間違いなさそうです。民家園に聞いてみたところ 
[ジャーマンアイリスらしい。芝棟のメンテは特に行なっていない。何時から芝棟になっていたのかは分らないが、公開されたのが昭和41年だから当初からの可能性が高い。何時から傷んだ茅は定期的に部分修理(差し茅)しますが・・・。]

とのこと。

ホムペはこちら




防水の歴史を探る*「ルーフネット」は日本の世界の防水に関する記録の初見を求めて日本書紀や聖書などを調べています。「日本の防水歴史研究会