FC2ブログ
(旧 「防水屋台村」建設中)
防水の歴史 61年前の今日
1951年の今日4月24日
桜木町事件。

桜木町事件


京浜東北線桜木町駅構内で工事を行っていた電気工事作業員が誤ってスパナを落とし、架線が垂れ下がってしまっていた。進入してきた電車の先頭車のパンタグラフが絡まりショート。激しい火花とともに屋根に着火し、車両は木製の天井から炎上を始めた。先頭車のモハ63756がたちまち全焼、2両目のサハ78144が半焼して焼死者106人、重軽傷者92人を出す大惨事となった。

この惨事の反省から多くの対策が施された。木製屋根の不燃化もその一つ。
昭和27年車両の難燃化を進める当時の国鉄は翌昭和27年、塩ビシートを車両屋根に初めて採用した。(ロンシール工業は昭和22年、日本で初めて塩ビの製造に成功していた。)
その後この技術を屋根防水用途に応用して昭和39年、旭川市役所で建物の屋根防水シートとして初めて採用された。加硫ゴムシート上市に先駆けること10年。建築用シート防水の出発点である。


桜木町事件に関しては
中尾政之(東京大学工学部附属総合試験所総合研究プロジェクト・連携工学プロジェクト)による「失敗百選」の資料が素晴らしい。
http://www.sozogaku.com/fkd/cf/CA0000603.html
ウィキペディアでは
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%A1%9C%E6%9C%A8%E7%94%BA%E4%BA%8B%E6%95%85

---------------------
月のフェイズに合わせて発行される、ほぼウィークリーウェブマガジン「ルーフネット」は本日2周年。第94号が最新号です。


ホムペはこちら




防水の歴史を探る*「ルーフネット」は日本の世界の防水に関する記録の初見を求めて日本書紀や聖書などを調べています。「日本の防水歴史研究会



おまけの!! 元大成建設技術研究所防水・仕上げ材料研究室長の鶴田 裕さんに聞いてみた。