FC2ブログ
(旧 「防水屋台村」建設中)
今年の近江神宮「燃水祭」は7月5日
近江神宮「燃水祭」世話人で滋賀県石油組合理事長(左)
と滋賀県防水工事店の雄(右)

杉本・芝野 玄関

滋賀石油芝野桂太郎会長(左)と地元滋賀県大津の防水工事店メイコウの杉本憲央社長(右)。杉本さんは毎年正月には清水建設協力会の役員として近江神宮でお祓いを受けていたから縁は深い。
防水と石油の祖神である天智天皇を祀るのが近江神宮。日本書紀に書かれた「燃える土(アスファルト)と燃える水(石油)を献上した」に則り毎年7月に「燃水祭」が執り行われる。7月1日新潟県黒川村(現・胎内市)で古式にのっとりくみ取られた燃える水が、今年は7月5日近江神宮に奉納される。例年石油関係者が当時の装束で儀式に臨み、日本書紀を奏上する。昨年は防水関係者が初めて参加した。今年はいよいよ地元参加も加わりそうである。

杉本・芝野・

近くの佐川美術館で開催中のブライアン・ウィリアムズ展で購入した清水寺の絵で、ウィリアムズの曲面絵画を説明する杉本さん。


来日40年を迎えるブライアン・ウィリアムズ(1950-)は、山間の集落や比叡山から望む琵琶湖の大パノラマ、夕日にうすれゆく山並み、穏やかな波と水辺の植物が絡み合い一体化するといった、日本の自然美を描いた絵画作品を通して、人間が自然と調和して営みを続けていた頃の、「のぞましい」景観を取り戻すことを提案してきたという。
少年時代には南米チリの海に潜り、さまざまな貝殻を収集・分類するなど、研究者的な素養を持つブライアン氏は、創作的な思考だけではなく論理的な思考を併せ持ち、人間の眼球や「球体」の視野・脳科学に関する文献を通して、持論の検証作業も並行して行っているそうだ。


ホムペはこちら




防水の歴史を探る*「ルーフネット」は日本の世界の防水に関する記録の初見を求めて日本書紀や聖書などを調べています。「日本の防水歴史研究会