FC2ブログ
(旧 「防水屋台村」建設中)
*京都府庁旧本館がお花見公開~屋上緑化「京テラス」も特別公開
重文旧本館を舞台に桜とアートの祭典
屋上緑化施設・ソーラーシステムの休日特別公開も

恒例公開日
地元民の隠れお花見スポットのようだ。

二分咲き
例年なら満開の中庭の桜は今年は2分咲き。

北山を借景にした「京テラス」右端は比叡山
北山を借景にした「京テラス」右端は比叡山

この屋上は、アスファルト防水の上に排水マットを敷きつめ、土は保水性のある人口軽量土を用いている。
DSC00915.jpg


エリア
屋上緑化には様々な工法や技術があることから、芝生広場では企業協賛5社の基盤材を用いている。
A-共同カイテック。B-山崎産業。C-卯槌緑地科学研究所。D-平安建設工業。E-まちなか屋上緑化ビオトープ推進協議会。


ソーラーシステムも特別休日公開
このシステムは、全国初の本庁舎における「太陽光発電装置、屋上緑化、環境学習施設」の一体化整備で、定格出力40KW.総工費4,300万円。1/2が国庫補助金という。


中庭之桜2分咲き
中庭中央はしだれ桜。円山公園の初代しだれ桜の孫だそうです。

ホムペはこちら




防水の歴史を探る*「ルーフネット」は日本の世界の防水に関する記録の初見を求めて日本書紀や聖書などを調べています。「日本の防水歴史研究会