FC2ブログ
(旧 「防水屋台村」建設中)
* いけいけ`マテリアル㈱ 物流部  「部長 公平 進 」の奮闘記
daikonn.jpg
この写真は記事とは関係ありません

shinnjyuku.jpg
この写真も以下の記事とは関係ありません。

築地本願寺
もちろんこの写真も関係ありません。


防水材を中心とする建築資材卸商社の最大手・化研マテリアル㈱の物流部 (坂本尚也部長)は2008年4月より、ニュースレター」明日に向かって走れ」を発刊している。3周年となる昨年4月には」ドライバー40の物語』を、そしてこのほど4周年記念小冊子」進め!物流部 -公平部長の奮闘記」(A5 11ページ) を発刊した。

進め物流部


即日納品を標榜する建材卸商社にとって、物流は事業の要。その中で誤出荷をいかに減らすかは最大のテーマである。
「誤出荷はコスト3倍 手間10倍 信用損失無限大」 の標語を掲げ、イケイケマテリアルは全国の配送センターで誤出荷防止に取り組んだ。そして2008年神戸物流に次いで、扱い量の多い関東地区でも、多摩物流が2010年、始めて正出荷率100%を達成した。これは2月~6月の間、推定ピッキング数23万7、465回に対して、間違いが1度もなかった事になる。

「進め!物流部」はイケイケマテリアル物流部 部長・公平 進の奮闘記である。

RN編集長の勝手な内容紹介
*バックアップ材整理の魔術師「妖怪ベラ」。*桜吹雪のドライバー。*心をこめて犬の糞を掃除する所長。*「男が真剣に仕事をすれば半分は味方で半分は敵に回る」と嘯く運転手。*立ち小便のクレームで窮地に立ったドライバーをかつての「うんこたれ」の告白で救った部長。*その話を聞いてひと肌脱いだ長老ネットワークのキーマン。*鼻水涙で抱き合う姿を見られてホモ疑惑。などなど汗臭い、暑苦しいお話満載です。

最後に公平部長のエッヘンな締めくくり。
現場改善10箇条。

1.等しく全員の名前を覚え、全員の意見を1対1で聴く。
2。明確な未来のあるべき姿、夢のある姿をイメージする。
3。年長者の意見を尊重し大切にする。
4。やると決めたらブレない。時間がかかってもやる。継続は力 と信じる。
5。よい情報は共有する。
6。ファン作りの思想を持つ。
7。最前線のドライバーに優しいまなざしで接する。
8。答えは現場にある。現場への想像力を忘れない。
9。反応感度とスピード感を重視する。
10。すべての出来事は自分自身の心の分身と捉える。すなわち自己成長する以外に前進なしと心得る。

多分「欲しい」といえば、すぐもらえます。↓
sakamoto@kaken-material.co.jp

ホムペはこちら




防水の歴史を探る*「ルーフネット」は日本の世界の防水に関する記録の初見を求めて日本書紀や聖書などを調べています。「日本の防水歴史研究会