FC2ブログ
(旧 「防水屋台村」建設中)
*20年目で1/3 のドレンチャーが目つまり
足利学校 方丈などの茅葺き屋根に一斉放水

R0010295.jpg
参加した近隣の幼稚園児達も、虹に歓声。
放水銃の水は直接屋根にあてると、茅を痛めるため、実際は池に向かって放水している。


平成24年1月26日午前9時。全国文化財防火デーに合わせ、足利学校自衛消防隊による消火訓練が行われた。茅葺き屋根の最大の脅威は火災。足利学校には方丈(ほうじょう=大教室)と庫裡(くり=食堂)の屋根が茅葺きだ。 この屋根に67個のドレンチャーヘッド(散水装置)が設置されている。
訓練では、このドレンチャー煮加えて、放水銃、消火栓等をフルに活用して放水する。
築20年になる建物の設備はあちこちで劣化が見られ、重要な消火設備であるドレンチャーの約三分の一程度が、目づまりを起こし、水が出ない状態だった。学校側では、来月に差し茅(さしがや=痛んだ茅葺きの一部交換)に合わせて消火設備も交換するそうだ。



P1263048.jpg
67個のドレンチャーから一斉に放水される量は毎分2、680リットル。
P1263061.jpg
(撮影は全て:防水の歴史研究会・森田喜晴)


P1263068.jpg

1つのドレンチャーヘッドからは、毎分40リットルの水が放水される。

P1263092.jpg
ドレンチャーが目づまりしているため、水が出ず、屋根の一部は乾いたままだ。


ーーーーーーーーーーーーーーーー
全国文化財防火デー:昭和24年1月26日に法隆寺金堂の壁画が焼失し、貴重な文化財を失った反省から、毎年この日を「文化財防火デー」と定め、全国各地で防火運動が展開されている。



ホムペはこちら




防水の歴史を探る*「ルーフネット」は日本の世界の防水に関する記録の初見を求めて日本書紀や聖書などを調べています。「日本の防水歴史研究会