FC2ブログ
(旧 「防水屋台村」建設中)
我々は専門家として、この老夫婦以上の事(津波対策)ができただろうか?
2012年新年交礼会開催
(叙勲者・褒章受章者・功労者祝賀会)

日本建築学会・日本建築家協会・東京建築士会

和田会長
年頭の祝辞を述べる和田 章 建築学会会長
「震災後何度か東北に行った。高台の上の病院の前である老女と話をした。あの津波はこの高台の駐車場の車まで流された程の勢いだった。女性は1960年のチリ地震の少し前に結婚して、ここに住んだそうだ。チリ津波は縁側まで押し寄せてきたが、なんとかそこで止まった。数年後同じ場所に家を建てその際、夫はチリ地震の時ほどの津波が来ても大丈夫なように、数メートル盛り土をしたそうだ。3年前夫は亡くなり、昨年の大津波で家は跡かたもなくなってしまった。我々は過去の調査研究によって、数千年の間に何度も大きな地震・津波があったことを知っている。それでも「専門家として、素人であるこの老夫婦がやったこと以上の事をしてきたか」と自問自答しドキっとした」(念頭挨拶より)






2012交礼会
会場の様子
鑑割
3会代表による鏡開き
ホムペはこちら




防水の歴史を探る*「ルーフネット」は日本の世界の防水に関する記録の初見を求めて日本書紀や聖書などを調べています。「日本の防水歴史研究会