FC2ブログ
(旧 「防水屋台村」建設中)
2011年の住宅リフォーム市場規模」は、5.2~5.6兆円
「2011年の住宅リフォーム市場規模」は、5.2~5.6兆円
矢野経済研究所が予測

長径18ミリの小さな紅葉
長径18ミリの小さな紅葉

矢野経済研究所が、2011年第2四半期(4~6月)の住宅リフォーム市場調査を行い、その規模は1兆4,626億円、前年同期比で12.3%減。2011年上半期(1~6月)の市場規模は2兆5,143億円、前年同期比で12.6%減と発表した。
 同調査における住宅リフォーム市場とは、「10m2超の増改築工事」・「10 ㎡以下の増改築工事」・「設備修繕・維持関連」・「家具・インテリア等」の4分野をさす。
これは、2011年第2四半期/2011年上期ともに、2000年以降では最も低い数値。調査当時は東日本大震災から3ヶ月以上が経過していたが、被災地の復興が遅れてい たこと、加えて急激な円高や世界的な株安、景気後退を思わせるような指標の数々などが、短期的ではあるが厳しい状況にあったことなどが影響していると分析している。

矢野経済研究所は6月時点では、2011年の市場規模を、5.7~6.0兆円台と予測していた。しかし、上記の上半期の状況を踏まえて5.2~5.6兆円へ下方修正した。

 全体の傾向として、住宅に対する不安からか、リフォームに対する関心は高くなっているものの、原発事故を受けて、全国的に今年の夏は「節電」がひとつのキーワードとなり、消費トレンドとしても財布の紐が固く絞られていた。また 太陽光発電システムや一部には家庭用の蓄電システムなどを導入する動きや、HV/EVによるスマートハウスといったコンセプトもいよいよ現実化しつつある。とはいうものの、実需要には太陽光発電システム以外は今ひとつ。当初考えていた経済の 回復スピードよりも若干遅いため、住宅リフォームへの需要の回復が遅れている。今後も厳しい状況が続くものの、震災前までの企業の生産状況などが完全に回復するのが秋以降と見られることから、年末~来年にかけて本格的な回復に向かうものと予測している。


a href="http://roof-net.jp/index.php?FrontPage" target="_blank" title="ホムペ">ホムペはこちら




防水の歴史を探る*「ルーフネット」は日本の世界の防水に関する記録の初見を求めて日本書紀や聖書などを調べています。「日本防水の歴史研究会