FC2ブログ
(旧 「防水屋台村」建設中)
屋上緑化の簡易耐根試験
建材試験センターが簡便な耐根性評価試験方法を制定

耐根試験方法

従来屋上緑化は保護コンクリートの上に施工されることこが多かった。しかし近年ヒートアイランド対策として国や自治体が屋上緑化を支援するに至り、屋上では急速に露出防水上の緑化が増えている。
押さえコンクリートがない場合、根の先端が防水層のジョイントから貫通し、漏水することが多かった。そこにで日本建築学会ではJASS 8 T-401 屋根緑化用メンブレン防水層の耐根試験方法(案)を制定したがこの方法では、試験期間として2年間必要なため、より簡便な試験方法が求められていた。

建材試験センターでは2011年5月9日付で、JSTM G 7101 防水材料等の耐根性評価のための模擬針を用いた試験方法を制定、同センター材料グル―プ・清水市郎さんが建材試験情報9月号に試験方法の概要を発表した。 全文は1000円で購入できる。


IMG_8293.jpg

壁面緑化の躯体への影響も一部では心配されています。

ホムペはこちら




防水の歴史を探る*「ルーフネット」は日本の世界の防水に関する記録の初見を求めて日本書紀や聖書などを調べています。「日本防水の歴史研究会