FC2ブログ
(旧 「防水屋台村」建設中)
で、銀座8丁目のカプセルタワーに行ってみました。
強調文確かにカプセルタワー。カプセルを交換すればメタボ建築であることは証明できますね。交換=新陳代謝(メタボリック)


カプセルタワー
1の目サイコロがたくさん積み重なっています。1階にあったはずのサンプルルームが見当たりません。たまたま1階に居た人に尋ねると「2~日前に、どこかに持っていったね。美術館らしいよ」と言っていました。
車好きの友人が「汚いままのっていい車と、きれいに乗らなきゃいけない車がある。それはルールじゃなくてマナーなんだ」。この言葉は建物にも当てはまりそうですね。

そんな話をルーフィングジャーナリストの佐藤孝一に話すと、こんな写真を見せながら、教えてくれました。
ーーーーーーーーーーーーー
1972年に建てられたカプセルタワービル。マンションの1室そのものがカプセル。
丸い窓が付いた床面積10平米の立方体のブロックの一つ一つが部屋になっていて、中にはテレビやオープンリールのオーディオセット、冷蔵庫)などの家具が作りつけになっている。
何しろ昭和47年だし、天井は低いし、カプセル外部はもちろん内部の設備も老朽化しており、住み心地がいいとはお世辞にも言えないんだが、住みたい」と言う人も多い。建築当時は最先端だったカプセルマンションも築40年近く経って、老朽化が激しく、雨漏りも止まらず、当初、可能とされていたもののカプセルの交換も結局1個もされずじまいだった。
設計者の黒川氏は「世界遺産にノミネートされている」と主張して保存を求めたが、その信義をめぐって週刊誌と裁判沙汰になったり。結局アスベストが使用されていることもわかって、2007年に管理組合の議決で解体が決定した。
ーーーーーーーーーーーーーーー

実際の住み心地については2008年ころの間借り人のブログ
http://blog.livedoor.jp/capsule_tower/archives/cat_1169970.html
で見ることができます。



kapuseruユニット劣化

続く。

ホムペはこちら




防水の歴史を探る*「ルーフネット」は日本の世界の防水に関する記録の初見を求めて日本書紀や聖書などを調べています。「日本防水の歴史研究会