FC2ブログ
(旧 「防水屋台村」建設中)
建築物の長寿命化と建築仕上げの役割
本橋健司芝浦工業大学教授
「建築物の長寿命化と建築仕上げの役割」テーマに講演会
本橋アロン講演
本日、私が話すテーマは、建築物の長寿命化と建築仕上げの役割。近年、超寿命化と言われているが、その背景を理解していただき、今後のトレンドを再確認し、これから何が必要になるか、考えたい。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
当日は講演に先立ち、東亞合成 谷川伸氏が本橋氏のプロフィールを次の様に紹介した。

1991年東大農学部で博士号取得。同年、建設省(当時)建築研究所入所。1994年有機材料研究室長。2004年 独立行政法人建築研究所 材料研究グループ長・建築生産研究グループ長。。 2009年より芝浦工業大学建築学科教授。「外装仕上げの耐久性の研究」で工学博士号取得。二つの博士号を持つ例は数少なく建築関係では、同じく建築研究所所長を務めた、上村克郎教授を数えるくらい。
昨年2010年建築用塗料と塗装処理の一連の研究で、建築学会論文賞を受賞。現在、建築学会材料施工本委員会委員長を務める。また、日本建築仕上学会会長を務める。DBMCの日本での実行委員2名のうちの一人。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
1講演会会場

講演会会場2

8月26日、全アロン防水組合の30周年総会が開催された大津プリンスホテルで、記念講演会が行われた。
本橋教授の講演に合わせて駆けつけたゼネコン関係者や研究者の聴講も目立った。

講演内容
IMG_2464.jpg



講演1録は、10月上旬、全アロン会報「あゆみ」に収録し、関係者に配布される予定。


ホムペはこちら




防水の歴史を探る*「ルーフネット」は日本の世界の防水に関する記録の初見を求めて日本書紀や聖書などを調べています。「日本防水の歴史研究会