FC2ブログ
(旧 「防水屋台村」建設中)
かやぶき屋根を守る足利消防隊
足利学校からいただきました。

足利消防隊
茅葺き屋根の建物は何よりも火災が怖いので、定期的に訓練を行っているそうです。これは1月の文化財防火デーの時の様子。消防署員と足利学校のスタッフが並んで放水しています。
足利学校のスタッフによる放水訓練は、毎月1回、実施しているとのこと。また、茅葺き屋根の大棟からもシャワーのように水を出して、屋根全体を濡らしています。

足利学校カマ
9月7日の記事で紹介した「大蛇」の舞台裏」。安全のため、トラックの上に積んだ窯で広葉樹の雑木薪(ナラの木など)を焚く。この煙を太いパイプで建物に導き中をいぶす。スーパーケムラーというそうです。

スーパーケムラー
>
中に入ると燻製になってしまう。

足利方丈・庫裡の葺厚は二尺五寸です。
「差しがや」作業中。毎年、冬から早春にかけて、痛んだ茅を取り除き、新しい茅を差して屋根の補修をする。

方丈の茅厚は2尺5寸
方丈・庫裡の葺厚は二尺五寸







防水の歴史を探る*「ルーフネット」は日本の世界の防水に関する記録の初見を求めて日本書紀や聖書などを調べています。「日本防水の歴史研究会