FC2ブログ
(旧 「防水屋台村」建設中)
アスファルトはプラスチックスである
人類の石油利用はアスファルトをプラスチックス(可塑性物質)として利用

した原始社会にさかのぼる。・・・「日本石油 100年史」より


可塑性物質

「アスファルトは最古のプラスチックスである」という事。



日本の石油産業を展望し、歴史を踏まえて将来を展望しようとする際、最も重要な文献は日本石油、現JX日鉱日石エネルギーの5冊の社史「日本石油史」だろう。まず大正3年の東京大正博覧会にあわせて発刊された初版「日本石油史」、3年後の大正6年に創立30周年に合わせて発刊された「縮刷版日本石油史」、太平洋戦争開戦前年昭和15年、ひっそりと作られた百ページの50年史)。初版日本石油史の改訂増補版ともいうべき新版「日本石油史」は昭和33年創立70周年の記念事業の一つであった。そして堂々の千ページ越え、それらの総括ともいうべき昭和63年発刊の「日本石油百年史」。日本の石油産業の先駆者として発足した同社の経歴は、そのまま日本の石油産業の縮図だ。
これらの社史のうち、特に大正3年発行の「日本石油史」は貴重な資料としての評価も高く、同じく「日本石油史」のタイトルを持つ昭和33年発行の70年史も「単なる社史に代えて、我が国における石油産業の発展過程を跡付けることに、編集の眼目を置くことにした(まえがきより)」という方針で長誠次氏を実務上のリーダ-として発行された。
よってこれら5冊の日石社史は我が国石油産業を知る上でのバイブルともいえる。その石油史のバイブルのうち、集大成ともいえる「日本石油百年史」がアスファルトに関する記述から始まる。しかもこんなふうに。


日赤00年し


「人類の石油利用はアスファルトをプラスチックス(可塑性物質)として利用した原始社会にはじまる。旧約聖書にノアの方舟の製造方法と関連してアスファルトが登場する…」。
そして日本書紀、668年天智天皇の節で、「燃える土と燃える水献上」とつながり、他の5冊と同じく「燃える土は天然アスファルトの類であろう」としている。
また、当時アスファルトが日本でも旧約聖書に近い用途で用いられていたという考古学的知見が、紹介されている。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
日本書紀や聖書に登場する「アスファルト」を、「防水の起源」ではなく単に「アスファルト防水」の起源としか捉えない遠慮深い人へ:<strong>「人類の石油利用はアスファルトをプラスチックス(可塑性物質)として利用した原始社会にはじまる…」 この1節を読んで、まだそう思いますか?本当に?


ホムペはこちら




防水の歴史を探る*「ルーフネット」は日本の世界の防水に関する記録の初見を求めて日本書紀や聖書などを調べています。「日本防水の歴史研究会