FC2ブログ
(旧 「防水屋台村」建設中)
建築学会教育賞を受けたシミズオープンアカデミー
今年度2回目の講演テーマは「木造社寺建築を探る」。
~なぜ長持ちするのか~雨仕舞と耐震性の工夫~ -


shimizu shochou
アカデミー副学長の技術研究所石川所長がセミナーの前に挨拶。

清水建設は、「ものづくりの楽しさや建設の面白さ、奥深さを多くの人に伝えたい」という想いから、2008年9月、「シミズオープンアカデミー」を開設した。多彩なセミナーや体験講座を通して、各分野の専門家が分かりやすく解説してゆく。開設以来の受講者総数は15,000人を越え、この活動に対して、今春の建築学会総会の席で日本建築学会教育賞を受賞した。

アカデミーは毎年4回のセミナーと、テクニカルツアーが組み合わされる。
主として高校生、大学生、一般が対象で、所要時間180分(講義90分+関連施設見学90分)
定員50名。

8月4日に行われた、セミナーのテーマは「木造建築を探る」 。講義の後は、技研内のテクニカルツアーと、東京木工場の見学会が行われた。それぞれの内容は、後ほど紹介。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


ホムペはこちら




防水の歴史を探る*「ルーフネット」は日本の世界の防水に関する記録の初見を求めて日本書紀や聖書などを調べています。「日本防水の歴史研究会