FC2ブログ
(旧 「防水屋台村」建設中)
T’s スタイル 第1号は 「岩見沢複合駅舎」 特集
岩見沢駅舎建築コンペで最優秀賞を受賞し
設計に当たった西村浩さんへのインタビューです。


Tsスタイル第1号

北海道でも有数の豪雪地として知られる岩見沢。2000年12月長らく市民に親しまれてきた3代目岩見沢駅が焼失した。約8年後の2009年3月、4代目駅舎が完成した。

232本の古いレールを窓枠に使ったガラス張りの建物と赤れんがの壁。「鉄道の街」として発展してきた歴史や文化の記憶を「古レール」と「赤れんが」で表現した。
正面の137メートルにわたる赤レンガの外壁には、個人名を刻印したれんが4777個がはめ込まれている。これは参加費1個1500円で、市民のほかに45都道府県、海外7カ国から応募があったという。

総合防水メーカー最大手の田島ルーフィング http://www.tajima-roof.jp/ は、このほど創刊した「T's スタイル」(A4 カラー14ページ) 第1号で、岩見沢駅舎の設計にあたった建築家・西村浩さん(ワークヴィジョンズ)の詳細なインタビュー記事を掲載している。

同駅舎の屋上防水は「アスファルト防水砂付ルーフィング仕上げ・断熱仕様」

asahui岩見沢駅
2011.6.7朝日新聞夕刊に関連記事

ホムペはこちら




防水の歴史を探る*「ルーフネット」は日本の世界の防水に関する記録の初見を求めて日本書紀や聖書などを調べています。「日本防水の歴史研究会