FC2ブログ
(旧 「防水屋台村」建設中)
「震災被害を受けた建物の修復をどうしたらよいか」
昨年1月27日,本ルーフネットで「誰も居眠りしない講習会」として紹介したプロジェクトアシアスによるセミナーが、6月16日に開催される。
鈴木前回
前回のセミナーの様子
 マンション改修工事では、工事着手前に、住民に対して工事の説明が行われる。その説明の内容は住民の立場に立ったものでなければならない。さもなければ質問が多くなり、また準備が不足していると答弁に困ることになる。説明が十分でないまま工事に入ると、後でトラブルになることもしばしば。この時の研修セミナーでは、これまでの経験から「好ましい工事説明会の運営から説明内容および説明資料の作り方」について、詳細かつ具体的なテキストに添って鈴木哲夫氏が説明した。


今回の研修テーマ:「震災被害を受けた建物の修復をどうしたらよいか」

日 時:平成23年6月16日(木)午後6時30分から午後8時30分
会 場:日本青年館ホテル 5階(504号 会議室)
所在地:東京都新宿区霞ヶ丘7-1(アクセス等案内図は別紙参照)
TEL:03-3401-0101
参加費:5000円/人
定 員:50名(定員になり次第締め切り)
主 催:プロジェクトアシアス
後 援:東京建物診断協同組合
講 師:有限会社 鈴木哲夫設計事務所 鈴木哲夫
持参するもの:筆記用具のほか、被害写真があれば適宜USB持参。

申し込みは、FAXまたはメール。

TEL 03-3204-1530 又は 03-3203-2505
FAX:03-3203-1503
メールアドレス: s-arc@tsaa.jp

 「プロジェクトアシアス」
 プロジェクトアシアスはマンション改修を得意とする鈴木哲夫設計事務所の鈴木氏を中心に設計者、管理会社の技術者8名が2年前に立ち上げたコンサル・研究組織。第1回目のセミナー以来、具体的で即仕事に役立つ内容をテーマに選んで開催し、30人程度の受講者があった。参加者の評判が良く同じ会社での複数参加が増え、会場が手狭になってきたため、前回からより大きな会場を使用するようになった。


ホムペはこちら




防水の歴史を探る*「ルーフネット」は日本の世界の防水に関する記録の初見を求めて日本書紀や聖書などを調べています。「日本防水の歴史研究会