FC2ブログ
(旧 「防水屋台村」建設中)
2011年日本建築学会賞
論文賞はヒートアイランド対策の要となる研究


社団法人日本建築学会Architectural Institute of Japan): http://www.aij.or.jp/ が設けている建築の賞。日本国内における建築・建設分野で功績をあげた個人・団体を称え授与される。建築業界ではもっとも権威のある賞。
5月30日に行われる、日本建築学会総会に合わせて表彰式が行われます。今回の受賞者は次の通り


ーーーーーーーーーーーーーー  
2011年各賞受賞者(敬称略)
は以下の建築学会のサイトで確認できます。http://www.aij.or.jp/jpn/design/2011/prize2011.htm

2011年日本建築学会大賞建築に関する学術・技術・芸術の発展向上に長年の業績を通じて,特に著しく貢献した本会個人会員。  

規模計画・安全計画・建築人間工学の確立と発展に関する一連の功績
岡田 光正 (大阪大学名誉教授)

鋼構造に関する塑性設計・耐震設計・限界状態設計の発展と実践に対する功績
高梨 晃一 (東京大学名誉教授)



2011年日本建築学会賞(論文)
近年中に完成し発表された研究論文であって,学術の進歩に寄与する優れた論文。

都市建築空間におけるヒートアイランド対策効果の定量化に関する一連の研究
足永 靖信 (国土交通省国土技術政策総合研究所室長)

小屋と倉-干す・仕舞う・守る 木組みのかたち-
安藤 邦廣 (筑波大学教授)

環境振動に関する感覚評価の特性の解明とその性能評価手法に関する一連の研究
石川 孝重 (日本女子大学教授)

木造住宅の地震応答解析モデルの提案と応用に関する一連の研究
五十田 博 (信州大学准教授)

脱施設化の流れにおける現代の施設計画に関する一連の研究
大原 一興 (横浜国立大学教授)

建築材料の電波特性に関する一連の研究
河辺 伸二 (名古屋工業大学教授)

鉄筋コンクリート柱梁接合部の耐震性に関する研究
塩原 等 (東京大学准教授)       

中国の都市・建築と日本-「主体的受容」の近代史
徐 蘇斌 (天津大学教授)

エネルギー吸収部材を有する空間鋼構造の耐震性能
竹内 徹 (東京工業大学教授)

表現者・堀口捨己-総合芸術の探求-
藤岡 洋保 (東京工業大学教授)     

ーーーーーーーーーー
都市建築空間におけるヒートアイランド対策効果の定量化に関する
一連の研究 [足永靖信氏]は、この夏の深刻な電力不足対策に向けて、注目され、活躍しそうですね。

  こんな内容です。(建築学会論文賞受賞理由)