FC2ブログ
(旧 「防水屋台村」建設中)
クリーン作戦で日本橋はピカピカ。ところでひび割れ対策は?
きれいになった(きれい過ぎ?)日本橋。掃除はメンテの第一歩:日本橋クリーン作戦でひび割れ欠損もくっきり

日本橋ひび割れ:2
ドイツのクリーニング機械メーカーのボランティアですっかりきれいになった日本橋。おかげでクラックや欠損部もよく見えます。路面の防水工事もすでに終わりました。防水は珍しい写真で紹介していますから、見逃した方は下のバックナンバーを見てください。
http://www.roof-net.jp/index.php?%E6%97%A5%E6%9C%AC%E6%A9%8B%E3%81%AE%E9%98%B2%E6%B0%B4%E5%B7%A5%E4%BA%8B
側面のひび割れ注入はいつだろうと思っているうちに、足場も消えて、工事の気配もない。調べてみましょう。


撮るために走る東京マラソン
BMB自転車救急隊の写真を撮る東京マラソンランナー

定点観測地点の日本橋に向かう途中、東京マラソンに遭遇。日本橋を走るなら撮らねば、とランナーと並走しましたが、コースは手前の日本橋交差点から中央通りを左折、残念ながらそのショットは撮れませんでした。代わりにこれ。折り返し地点6キロ手前で「すでに先頭集団は新宿を過ぎてるぞ」の声。水を配る係も少しだれ気味、カメラが向いた時はなぜか急に声が大きくなる。時々「バナナありますよー」という声も混じる(残っても困るだろうなあ)。ほどなく往路上を「審判」のゼッケンをつけた車が通り、往路側は打ち切りに。復路側もこの時間は仮装行列と勘違いする瞬間も。中には、BMWの救急自転車隊を見つけ、ポケットからカメラを取り出して撮影する、おっさんランナーまでいる。週刊誌の編集部にたのまれた臨時カメラマンか!ランナー側からなら、いいアングルで撮れるだろうけど、そりゃあ反則だろう。


ホムペはこちら




防水の歴史を探る*「ルーフネット」は日本の世界の防水に関する記録の初見を求めて日本書紀や聖書などを調べています。「日本防水の歴史研究会