FC2ブログ
(旧 「防水屋台村」建設中)
「小柴昌俊科学教育賞」と「子どもしぜん科学大賞」のとても深い関係について
「第7回子どもしぜん科学大賞」報告書 間もなく発行します
小柴賞


 
子どもたちの理科離れ、自然離れを何とかしようという思いで始めたのが「子どもたちと夢を創る会」。そして東京都夢の島熱帯植物館の協力を得て2004年から開始した「子どもしぜん科学大賞」も今回で7回目となります。今年も力作が集まり、夢の島熱帯植物館の会議室で、発表会を行いました。イモリやドジョウや気象に関するユニークな研した。今年は「いもりの不思議な力」、イモリの天気予報能力、帰巣能力、再生能力の研究が最優秀賞と、プレゼン賞の両方を獲得しました。2010年11月22日の記事参照
子どもしぜん科学大賞の審査委員長は東京農業大学牧恒雄教授です。
審査基準は
1)自然科学に強く興味を持ち、体験的に実験していること。
2)興味を持ったきっかけや調べる内容がはっきりしていること
3)観察や実験の方法、考えた内容が分かりやすいこと
4)多くの人に知ってもらう努力をしていること
5)それぞれの学年レベルにあった内容であること

発表会野当日、すべての応募作品が牧委員長の講評とともに、会場に展示されます。
そして受賞研究作品は毎回、講評や授賞式の様子と共に、A4、100ページ程度の報告書としてまとめられ、都内の公共施設のほか東京都の小中学校校長あてに送付されます。


小柴昌俊科学教育賞を受賞

今年はとても嬉しいことがありました。「子どもしぜん科学大賞」の主催団体である「子ども達と夢を創る会」の設立発起人代表で、世話役の玉木恭介さん(東京都夢の島熱帯植物館館長)が第6回小柴昌俊科学教育賞を受賞しました。(前列右端)
玉木さんの今回の小柴賞受賞は、「子ども達と夢を創る会」の主な事業である「こどもしぜん科学大賞」(写真)に対する貢献も大きなポイントになっています。

小柴昌俊科学教育賞は基礎科学、純粋科学に光をあて、基礎科学のおもしろさがわかる教育の普及、意欲と夢をもった若者を育てることを目標として、小・中・高校レベルの理科や算数・数学教育に功績のあった個人や団体に、財団法人平成基礎科学財団が贈る賞。同財団はノーベル物理学賞を受賞した東京大学名誉教授・小柴昌俊がその賞金全額を投じて2003年に設立しました。

小柴賞選考のポイントは

(1)生徒の科学的思考を深め、生徒の創意や主体性を促進し、生徒の創造性や独創性を高めるための指導を行っている。

(2)効果的な教材・教具などを開発し、それらを利用して楽しく、かつ、奥深い授業を実践している。

(3)授業内容や観察・実験の準備や実施方法などで、教える事柄をくふうしている。

(4)自然科学に対する興味と関心を高め、科学的な能力・態度の育成に重点を置いた良好な学習環境を整備しているの4点。
選考委員は筑波大学名誉教授でノーベル化学賞受賞者の白川英樹や、東海大学教育開発研究所次長の秋山仁ら5人の科学者です。

小柴賞・こどもしぜん科学大賞報告書
ちなみにこの報告者は毎年都内の小中学校の校長会で配布され、一昨年あたりからは「まだ出ないのか~い」という声も聞かれるようになりました。
制作費の大部分は子ども達と夢を創る会会員が負担してまいますが、これまでに以下の防水材料メーカーや防水工事会社などからも制作費の支援をいただきました。ダイフレックス、田島ルーフィング、日本アスファルト防水工業協同組合、ロンシール工業、早川ゴム工業、中村瀝青工業、全アロン防水組合。
現在編集作業を終え、間もなく印刷開始です。
ルーフネットが、こうした活動と、防水業界の橋渡しを今年もできたら嬉しいです。


ホムペはこちら




防水の歴史を探る*「ルーフネット」は日本の世界の防水に関する記録の初見を求めて日本書紀や聖書などを調べています。「日本防水の歴史研究会