FC2ブログ
(旧 「防水屋台村」建設中)
*「塚田秀鏡」はなぜ「燃土燃水献上図」を彫金作品に写したのだろう
清水三年坂美術館村田館長に聞いてみました
塚田秀鏡燃土燃水献上図
泉屋博古館と三年坂美術館の」許可をいただいて撮影した「塚田秀鏡作・燃土燃水献上花容器」の一部(燃土=アスファルト)を担いでいるところ
原画は小堀鞆音の「燃土燃水献上図」。同じ部分を拡大した図と比較すれば、写しであることがよくわかる。
小堀鞆音燃土燃水献上図拡大



日本書紀の天智7年(668年)に、越の国(今の新潟県)から燃える土(瀝青)と燃える水(原油)が献上された、と記載されている。明治・大正期の歴史画家小堀鞆音(ともと)は、日本石油から同社創立30周年事業の一環として依頼され、創立30周年の3年前、大正3年に開催された、東京大正博覧会開催に合わせて、完成している。塚田秀鏡の最晩年のこの作品は小堀の画を極めて忠実に写している。石油業界は日本書紀の記述を自らの業界の起源とし、日本石油は創立30周年記念にこの画を小堀鞆音画伯に依頼し、大協石油(現コスモ石油)はやはり創立 30周年記念として前田青邨に同じテーマの画を依頼した(紹介すみ)。「燃土燃水献上図」は古代から接着、防水などに使用されていた燃土=瀝青=天然アスファルトを出発点とする日本の防水業界にとっても、業界の起源と考えられる。
三年坂美術館パンフ

塚田秀鏡の燃土燃水献上図花容器は、京都の」清水三年坂美術館の所蔵。現在佐野美術館で展示されている。
三年坂美術館の館長で幕末明治の工芸の世界的なコレクターである村田理如さんにお聞きしたところ「塚田秀鏡の燃土燃水献上図花容器が、作られた経緯はわからないが、小堀鞆音のその絵は当時話題になっていたのではないか。金工・七宝作品で、著名な絵画を写すことは珍しいことではなかった」とのことでした。



ホムペはこちら




防水の歴史を探る*「ルーフネット」は日本の世界の防水に関する記録の初見を求めて日本書紀や聖書などを調べています。「日本防水の歴史研究会