FC2ブログ
(旧 「防水屋台村」建設中)
*水コンペ 入賞作品に 審査委員からのコメントとアドバイス
賞状授与
1等賞状を受け取る佐々木さん

審査委員長六鹿正治日本設計社長の総評
今回のテーマは「落水荘」。建築に関わる人間ならライトのカウフマン邸、自然の中で水が落ちている景色を思い浮かべ、それと空間をどう絡めるかという展開が正攻法と考えられる。今回は、それに対して正面からでなく側面、裏側から取り組んだ人が多かった。 それは皆さんの世代が日常生活で自然の中で、野山の落水を実体験する機会が少ないからだろう。そのせいか、落水というテーマから「雨」を引っ張りだした人が多かった。

佐々木1等作品
 1位作品 佐々木俊一郎氏(東京理科大学大学院)
「山の持つ水の循環システムを建築で作り出せないかと考えた。ただ水の流れ自体には手を加えたく無かった。」


パーティー
入賞作品が並んだパーティー会場

1等作品に対する六鹿委員長の講評
水の循環の大きなサイクルをとらえ、都会の巨大な積み上げ・集合体に降り注いだ雨のがさまざまに形を変えながら、落水となり最後に河となる 壮大なストーリーにメタファーさせてしてゆく、今回のテーマを最も包括的に表現していた。ただ具体的な落水と空間の絡まりについては主張がない。若干の議論は有ったが最終的にはスケール感が評価された。



ホムペはこちら



疏水絵日記紅葉編ー3
初々しい紅葉
疏水絵日記
CX3