FC2ブログ
(旧 「防水屋台村」建設中)
*「防水の目的は雨漏れ防止と躯体保護」意識着々と浸透。 日本学術振興会76委員会で防水材の躯体保護効果を報告

日本学術振興会が、防水材によるRC保護効果でシンポ




tanikawa

「鉄筋コンクリート造における保護塗膜の効果と耐用年数」を報告する谷川伸さん(東亜合成)。
76アロン報告書
A4,30ページの講演内容は、東亜合成のPR誌「あしば」116号に特集としてまとめられている


独立行政法人「日本学術振興協会(昭和7年創設)の建設材料第76委員会は、昭和19年、昭和天皇より、戦時下で鉄筋コンクリート造の建物が困窮する中、代用コンクリート、代用鉄筋の研究のために下賜された基金で設立された。現在61の委員会がある中で、唯一の建設関係の委員会である。
76委員会は76番目にできた委員会の意味で、これまで182できた委員会の中で、残っている二桁委員会は6つしかなく、由緒ある委員会として知られている。
詳細は以下の日本学術振興会へ
http://www.jsps.go.jp/renkei_suishin/index.html

さる5月18日、「鉄筋コンクリート造に塗布する高分子系材料の保護効果と劣化」をテーマに76委員会のシンポジウムが開催され、このほどその様子を谷川氏が報告した。当日は東京工業大学・田中享二教授、琉球大学・大城武名誉教授、JR東海・荒鹿忠義氏、東亜合成・谷川伸氏らが講演した。

ホムペはこちら


*新作!いや贋作? ちょっと驚いた「燃土・燃水献上の図」
「日本書紀と防水」余話
一見したところ小堀画伯の「燃土・燃水献上の図」

燃水祭かんばんあっしゅく
よく見ると細かい部分の描き方が明らかにちがう。 贋作? いやそれより、文字の書き込みがあるではないか!

これも近江神宮広報誌の平成3年7月の機関誌「滋賀」に掲載されていたもの。小堀筆とあるのに、何かアニメっぽい。よく聞けば、燃水祭のためにこの時、原図をもとに2メートルくらいの看板をつくったらしい。だから文字も書き加えられている。その看板はもうないそうだ。

追記:
9月1日の編集長の日記に、日本オルシード㈱岡田晴夫さんの「燃水祭と私」という記事を紹介しました。石油業界がどんな風に燃水祭とかかわってきたか、というものです。
オリジナル原稿の掲載媒体・日時に関してお問い合わせがありましたが、不明でした。本日近江神宮より「平成2年、近江神宮50祭記念誌にご寄稿いただいたものである」との回答をいただいたので、お知らせします。


n燃水祭らbんぷ
今年の燃水祭. 石油業界は燃水ランプに点灯し感謝した。防水ならどうする?


ホムペはこちら