(旧 「防水屋台村」建設中)
*美術館の館長は、元、橋梁防水の専門家
アスファルトで儲けてピカソを集めた美術館
「日本アスファルト物語」ものがたり序章


池田



屋上防水からは撤退したが、ニチレキはいまでも橋梁用の防水材を製造販売している。20世紀池田美術館館長の川添さんは5年前まで、ニチレキで橋梁防水の営業を担当し、シート防水の「ふくれ」をめぐって国土交通省と折衝していたという。橋梁の場合、床版コンクリート打設の後すぐに防水工事を行うが、その上の舗装工事まではかなり時間がかかる。防水施工後半年ということも珍しくないそうだ。防水層の下からはコンクリートの水分が上がり、上からは太陽熱で暖められる。それが半年も放置されれば膨れない方がおかしいと思うが、それが問題になる

逸見

創設者池田英一さんを知る人にやっと会えた。?
池田美丸山

この受付の女性は、20年前から美術館に勤めている。池田さんが亡くなったのは1981年だから、直接には知らない。でも前任者から、池田さんは尊敬できるすばらしい方と聞いているという。こんなことがあったそうです。 ーーー 35年前、館がオープンした当初、監視人がいない、柵のない美術館はまだ少なかった。「作品の前に柵がないと、いたずらされませんか」と心配する来館者に池田さんは「人の気持ちを信じましょ」と答えた。

ホムペはこちら

*「ピカソ美術館をつくった防水メーカー」 あるいは 瀝青事業で美術館をつくった池田英一
「日本アスファルト物語」の著者 池田英一は
アスファルトで財をなし、ピカソの美術館をつくった。


晩年の大作「近衛兵と鳩」
ピカソ晩年の大作「近衛兵と鳩」


防水デジタルアーカイブ:防水書籍紹介その2・「日本アスファルト物語」開始にあたって、「日本の防水の歴史研究会」がこれより、著者池田英一氏の防水とのかかわり、業界への貢献、なぜピカソなの?などの謎解きのため20世紀池田美術館に出発します。2010.9.28 08:00新宿発。

同館のホームページによると
1975年5月伊豆の一碧湖けやき通りに、わが国初の20世紀美術館ができた。この美術館の土地、建物と約1300点の所蔵作品の大半は、現在のニチレキ(株)の創立者池田英一氏が寄付したもの。

建物は、
彫刻家井上武吉氏の設計で、展示館外壁は日本ではじめてのステンレススチール張り。入口から出口まで有機的に連なるユニークな空間造形となっている。

所蔵作品は
20世紀に制作された絵画・彫刻で《人間》をテーマとするものを中心に約1300点を収蔵。ルノワール、ボナール、ピカソ、マチス、レジェ、シャガール、ココシュカ、ミロ、ダリ、デ・クーニング等、外国巨匠の大作、秀作や、日本の異色作家の作品。常設展示は約100点、3ヶ月に1回特別企画展を行っている。

予め連絡をすれば、館長又は館員の解説が聞ける。


シュール前のダリ:ヴィーナスと水兵」
ダリ:「ヴィーナスと水兵」"シュールリアリズム前の珍しい作品で、海外美術館からの貸し出し要請が多い。

ミロ「女」
ミロ「女」




道路舗装材料メーカーであるニチレキは昭和18年の日本瀝青化学工業所として池田英一が創業。かつては田島ルーフィング、日新工業など大手防水専業メーカーと、東京の防水工事受注を巡って激しく受注を競ったルーフィングメーカーでもあった。
現在のニチレキは、アスファルト乳剤、改質アスファルトをはじめとする各種舗装材料・工法の開発および販売・施工をおこなっているルーフィングなどの建築防水材料は製造していないが、橋梁用床版防水材を製造している。


「ボーナスもらうたびに1枚づつ絵を買った」と池田英一さんが言っていた、と古い防水関係者は言うが、はたしてアスファルト乳剤はどのくらい儲かったのか。

質問(勉強)予定項目
1.日本瀝青化学の防水業界でのランキング:田島ルーフィング、日新工業の2大メーカーとどう戦ったのか
2.著名製品・工法:業界での評価
3.創業者と会社が業界・社会で果たした役割
4.のれん分け、日瀝出身の防水関係者は?
5.現在のニチレキは池田氏と無関係?現社是「種まき精神]は創業者のものだが
6.「日本アスファルト物語」の価値
7.なぜ美術館
8.20世紀池田美術館の美術館としての社会的評価。防水関係者として威張っていいものか。
9.その他


*改修工事と防水保険④ [保険で工事受注のアドバンテージをとる]とは?
工事保険で差別化を図る


改修工事営業で、工事保険が競合ライバルとの差別化に利用できると聞きました。 具体的にどんなこと?

どんな仕事にも専門家がいます。電気、水道、ガス、大工、左官、---。 もちろん防水にも。これは工事だけではありません。弁護士や医者に専門があるように保険も同じです。このコーナーは工事受注、途中、完成後にわたってどんな保険があり、専門工事店としてそれをどう活用すれば、工事発注者にもメリットを与え、ひいては改修工事受注の際の武器となりうるか。単に経営上にリスクヘッジという観点だけでなく、攻めの営業としての保険を考えます。防水専門保険として25年の実績と経験を持つ東京損害補償センター、浅倉 研 所長
http://www.e-tacc.com/index.html
に聞いてみましょう。

higannbana haka


まず改修工事で管理組合が心配するのは


(1)「もしも、工事中に事故が起きてしまったら?・・・」ですね。

こんなことが理由となって「やっぱり大手のゼネコンに頼んだほうが安心できるのでは」という意見が役員会などの席で出てきます。何か起こったっ時、組合員から、「だから大手に頼めば良かったのに」と突き上げられるのは、避けたいというのは当然の気持ちです。
でも、中小の改修工事業者が大手よりも安全と補償には真剣に取り組んでいることが理解されていませんね。
そこで当社では、発注者が安心できるよう「加入証明書」を作成提供しています。

 ① 工事件名、工事現場住所、予定工期
 ② 施工店名、保険により補償される金額
 ③ 保険会社の捺印による加入証明

工事着工から竣工後まで一貫した補償があることを証明書で提示することにより、安心と補償が一体に
なっていることを自治会の役員さんに理解してもらいましょう。




(2)マンション管理組合が求める改修工事における専門性の高さ

競争入札による安値ばかりが勝負を決する時代は終わりました。
かつて世間を騒がせた耐震強度偽装事件等の手抜き工事事件は他のマンション管理組合にも対岸の火事とは言えない衝撃となったものです。
施工店には施工店の良識的な原価というものがあります。この原価を下回る工事を受注するならば、必然的にどこかで手抜きをせざるを得ないというのは簡単な足し算引き算です。

さて、そこで今後の管理組合が求めるもの、それは施工店の「信頼性と専門性」にかかってきます。
某マンション管理組合の理事の方が仰った一言があります。
「工事単価も大切だけど、やはり我々の窓口となる人を見ますよ、その人が信頼できなければダメです」

工事業者である以上、工事に精通しているのは当然です。
しかし、発注する側からすると、マンションの抱える諸問題にも精通している人の話というのは聞いていて
大きな安心感があるのです。
適正単価を下回る安値受注の時代は終わりました。
他社より一歩抜きん出るためにチャレンジしてみませんか?
「私は単なる工事屋じゃありません、マンションリフォームの専門家ですから安心してください」
この一言を自信を持って言うことができれば、改修工事受注に向けて、スタート時点で同業他社に一歩先行できます。





施工管理士による施工だけでは、他社との差別化が出来ない時代になっています。
改修工事は5年、10年ごとに繰り返されるものですから、将来的な展望も含めて長期営業計画の一環として
工事施工に「付加価値」を加え、マンション改修工事の受注に向けて、他社との差別化をはかりませんか?


ホムペはこちら

日記
今日は旧暦葉月八月重9日。 十九夜=寝待ちの月。
rikorisu
やっと秋本番 CX3
絵日記

前展望車窓の夕焼け
車窓の夕焼け
CX3
* 昨年の屋上緑化面積はサッカーコート約40面分
全国屋上・壁面緑化施工実績

okujyou ryokuka

平成20年までに続き、平成21年における全国の屋上・壁面緑化の施工実績等について,国土交通省が施工業者へのアンケート調査を行いました。
調査結果は、すべての屋上緑化を捕捉したものではありませんが、概ねの傾向をとらえる上で、極めて重要な資料です。
日本では都市におけるヒートアイランド現象の緩和、美しく潤いのある都市空間の形成等の観点から、屋上緑化や壁面緑化が注目されていますが、ヨーロッパでは、むしろ屋上緑化は、雨水の一時滞留効果に期待を寄せている点で、かなりスタンスが違います。
調査項目は多岐にわたっています。一部紹介しましょう。
kokkousyou 1
屋上緑化施工面積 平成21年

【調査結果の概要】
○ 屋上緑化 : 平成21年中に少なくとも約27.9ヘクタールの屋上緑化が新たに整備されました。 
(サッカーコート約39面分)

○ 壁面緑化 : 平成21年中に少なくとも約6.4ヘクタールの屋上緑化が新たに整備されました。
  (サッカーコート約9面分)

○ 累計施工面積 : 平成12年から平成21年の10年間で、少なくとも屋上緑化は約272.7ヘクタールに、
壁面緑化は約31.7ヘクタールが整備されました。

■調査方法 : 郵送によるアンケート調査
(インターネット利用による回答も可能)

■調査対象企業 : 全国の造園建設会社や総合建設会社、
屋上・壁面緑化関連資材メーカーなど計430社

■回答回収状況 : 回収219社
(調査対象430社に対し、回収率50.9%)

屋上緑化施工面積 建物新築既設別割合の経年変化
屋上緑化施工面積 建物新築既設別割合の経年変化

建物用途別屋緑化施工面積平成21年
物用途別屋緑化施工面積平成21年

発表された項目は以下の通り
1.各年別 全国屋上緑化 施工面積
2.各年別 全国壁面緑化 施工面積
3.都道府県別 年別 屋上緑化 施工面積・件数
4.都道府県別 年別 壁面緑化 施工面積・件数
5.都道府県別 年別 屋上緑化・壁面緑化 施工面積(平成12年―21年合計)
6.主な植栽別 屋上緑化・壁面緑化 施工面積(平成12年―21年合計)
7.建物用途別 屋上緑化・壁面緑化 施工面積(平成12年―21年合計)
8.建物の新築既設別 屋上緑化・壁面緑化 施工面積 建物新築既設別割合の経年変化


ホムペはこちら


鶴川絵日記 ・
 放火消失. 再建された神社と ヒガンバナ

のうがや神社と彼岸花
mobile

「今年は全国的に、ヒガンバナの開花が遅れている~とラジオで言ったましたよ」
というメッセージを頂きました。
*建物外壁のガラス窓でも太陽光発電
経済効果、環境対策として太陽光発電が話題になることが多い。タイセイ総合研究所杉本賢司氏が、建材試験センターの機関誌「建材試験情報」9月号に、「太陽光発電の技術展望」を寄稿し、同技術に関するさまざまな視点を示し、防水上の問題点も指摘している。

散歩とまと
鶴川散歩:tomato

日本では屋根面へのソーラーパネルの設置は進んでいるが、壁面への適用はほとんどない。それは緯度の問題。
北欧例えば英国では緯度が55度。窓や壁面にそのまま発電セルを設置するが、30度の東京では適正角度の65%程度しか発電しないからだ。
そこで窓の開閉に連動して、セルの角度を変えるサッシの開発が始まっている。さらに。外壁ガラス窓に取り付ける発電セルの研究成果が10月20日、21日東京大学山上会館で開催する日本建築仕上げ学会で発表されるとの事。


東京都によると首都圏に大地震発生が発生と7日間停電する。屋根の上の太陽光発電や小型風力発電で(壊れていなければ)、ある程度のライフラインは確保できる。(危機管理の一環としてのマーケットは別財布。これは営業マンには魅力的なフレーズだ。)

杉本氏は太陽光発電の課題と解決方法として11の課題と対策をリストアップしている。そのうち防水に関しては次の様に紹介している。
太陽光発電と漏水
マンション屋上スラブ上に太陽光発電セルを設置する際、防水層を破る事から漏水事故が多発している。電気メーカーが保証するのは発電効率のみ。漏水は工事店の責任と成る。風を受けて振動するセルの力がアンカーに伝わり、ボルトの緩み、スラブのひび割れにつながるケースが多い。
ここからの漏水が天井や内装のクロスを損傷すると補償金額も大きくなる。朝日新聞でも太陽光発電と漏水の問題を大きく取り上げている。一戸建て住宅やマンション管理組合で裁判につながるケースが増大している。


ホムペはこちら



古代アッシリアの叙事詩に登場するアスファルト防水と溶解釜
「1万ℓのアスファルトを溶かし、方舟に塗れ」
世界最古の叙事詩「ギルガメッシュ」に、旧約聖書のノアの洪水の原型が見られる

girugame sekibann

リルケが「人に衝撃を与える最高傑作」であると絶賛したギルガメッシュ叙事詩を刻んだ粘土板

私は3シャル(1シャルは3,600ℓ)の瀝青を溶炉に注ぎ、
3シャルのアスファルトで方舟の内部を張り巡らした。




1872年、古代アッシリア遺跡から発見された遺物の一つで、ジョージ・スミスが解読を進め、1872年に『聖書』と対比される大洪水の部分を見つけ有名になった。楔形文字によりアッカド語で書かれた現存する世界最古の壮大な英雄伝説。

話の概要はウィキでもご覧ください。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AE%E3%83%AB%E3%82%AC%E3%83%A1%E3%82%B7%E3%83%A5%E5%8F%99%E4%BA%8B%E8%A9%A9#.E7.B5.B5.E6.9C.AC
ほんの少しだけ紹介します。

ウルクの王ギルガメシュは、ウルク王ルガルバンダと女神リマト・ニンスンの間に生まれ、3分の2が神で3分の1が人間だった。ギルガメシュは暴君であったため、神はその競争相手として粘土から野人のエンキドを造った(写本そのものが粘土板から作られていることにも注意)。

ギルガメシュがエンキドに売春婦(シャムハト w:Shamhat、女神イシュタルに仕える女神官兼神殿娼婦という版もあり、彼女の役割に付随するニュアンスが少々異なる)を遣わせると、エンキドはこの女と6夜7日を一緒に過ごし、力が弱くなったかわりに思慮を身につける。その後、ギルガメシュとエンキドは力比べをするが決着がつかず、やがて二人は友人となり、さまざまな冒険を繰り広げることとなる。

二人はメソポタミアにはない杉を求めて旅に出る。杉はフンババ(フワワ)という怪物により守られていたが、二人は神に背いてこれを殺し杉をウルクに持ち帰った。このギルガメシュの姿を見た美の女神イシュタルは求婚したが、ギルガメシュはそれを断った。怒った女神は「天の雄牛」をウルクに送り、この牛は大暴れし、人を殺した。ギルガメシュとエンキドは協力して天の雄牛を倒すが、怪物を殺したこととイシュタルへの侮辱に神は怒り、エンキドは神に作られた存在ゆえに神の意向に逆らえず死んでしまった。

ギルガメシュは大いに悲しむが、自分と同等の力を持つエンキドすら死んだことから自分もまた死すべき存在であることを悟り、死の恐怖に怯えるようになる。そこでギルガメシュは永遠の命を求める旅に出て、さまざまな冒険を繰り広げる。多くの冒険の最後に、神が起こした大洪水から箱舟を作って逃げることで永遠の命を手に入れたウトナピシュティムに会う。大洪水に関する長い説話ののちに、ウトナピシュティムから不死の薬草のありかを聞きだし、手に入れるが、蛇に食べられてしまう(これにより蛇は脱皮を繰り返すことによる永遠の命を得た)。ギルガメシュは失意のままウルクに戻った。

考古学者や文献学者の中には『旧約聖書』にこの物語の影響があると考える人が多い。特にノアの方舟の部分は、ウトナピシュティムの洪水の神話が元になっているとしている。

2005年に日本聖書協会が「日本における聖書普及活動130年目にあたって編纂発行した「パノラマバイブル」によると、洪水伝説は、この叙事詩以外にも「シュメル語の洪水物語」「アトラム・ハシース」など古代中近東に広く見出されるという。このほか旧約聖書の物語、ギリシャ神話にも、ギルガメッシュが原型と考えられているものがある。
和訳書 としては● 矢島文夫訳 『ギルガメシュ叙事詩』 山本書店、1965年。● 月本昭男訳 『ギルガメシュ叙事詩』 岩波書店、1996年 ● 矢島文夫訳 『ギルガメシュ叙事詩』 筑摩書房〈ちくま学芸文庫〉、1998年、 山本書店1965年刊の増補がある。
関連部分を、岩波本の月本氏の訳で紹介する。

ギルガメッシュ


3シャルの瀝青を溶炉で溶かし、方舟に塗った。

「・・・シュルッパクの人々、ウバル・トウトウの息子よ。家を壊ち、方舟を造れ。…命あるもののあらゆる種を方舟に導き入れよ。…方舟は、その長さと幅とが等しいように。アプスーのようにそれを屋根で覆え」

富者はアスファルトを運んだ。五日目に私は方舟を設計した。その面積は1イクー(1イクーは3,600㎡)、側面の高さは10ニンダ(1ニンダは6m)、上面の縁も等しく10ニンダであった。・・・
(編集長注:1辺60メートルの立方体に屋根を設けた
私は全体を7つの階に分け、その内部を9つに分けた。・・・
私は3シャル(1シャルは3,600ℓ)の瀝青を溶炉に注ぎ、3シャルのアスファルトで方舟の内部を張り巡らした。

・・・私は鳩を放した。
・・・




「 * ギルガメシュ叙事詩 - ニネヴェ出土のアッシリア語版に準拠した話が読める。」
ウィキが 外部リンク として紹介している http://www.aurora.dti.ne.jp/~eggs/gil.htm
が面白い。

ホムペはこちら
天智天皇への燃土燃水献上図の刺繍作品発見!
小堀鞆音画、「燃土燃水献上図」の
刺繍作品を都内の防水工事店で発見



燃土献上刺繍

縦30センチ、横45センチ。もと図は明らかに、小堀鞆音(こぼりともと)の燃土燃水献上図。
さてこれは何だ。




*南禅寺菊水さんで浴衣会。 私(左千夫)も3曲
稀音家三穂一一門のゆかた会

寿会

朝から稀音家三穂一一門のゆかた会が南禅寺の菊水さんでありました。
私の出し物は、小鍛冶、都鳥、時宗の3曲。上七軒でお店を出させてもろてる以上、三味線くらい弾けんといかん、とおもって、4年前から始めました。毎週1回お稽古に通ってます。
なんとか自分の出番が済み、[へあー全然弾けない]常日頃のさぼっているから仕方ない。

左千夫会
今度は府立文化芸術会館へ。
うちのお店に来て頂く藤本流の喜代珠先生の会を拝見させていただきました。
ちゃっきり節や五島さのさなどを聞かして頂きました。
かわいい子供の生徒さんが沢山おられるんですが、びっくりするほど三味線が上手
完敗、[俺がんばろう]。そんな事を考えてまたまた菊水さんへ 戻って乾杯。

kikusui
南禅寺菊水さんのお料理です。

さちょ

それから、今日は上七軒歌舞練場ビアガーデンの千秋楽へ。
早速勝喜代さんに挨拶。
-----
*RN編集長注:勝喜代さんは20年来、上七軒の芸妓組合会長を務めている。かつ現役の芸妓。上七軒の生き字引
-----
その勝喜代姉さん、なんと9時やのにあまり酔っぱらってない
それもそのはず、みんなから「姉さん、今日は酔ったらあきまへん」の嵐。
小きみさんのお母さんや、知ってるお客様が沢山お見えになって、姉さんも楽しそう。
良かったです。
ビアガーデン、沢山ご来店頂き有難うございました。

(RN編集長注:上七軒の年中行事として、古いものは1952年から始まった北野をどり、梅花祭、寿会。 花街での夏のビアガーデンは1957年伏見の宝酒造によるタカラビール発売をきっかけに始まった。上七軒は63年開始。祇園甲部、先斗町でも開催していたが、現在は上七軒のみ。舞妓がゆかた姿でビールをついでくれ、各テーブルを回ってお話しに来てくれる。場所はお初から徒歩3分、歌舞練場の庭。蚊取り線香と団扇が欠かせない。)

今年は雨も少なかったし、大盛況。
また来年もよろしくお願いします。(お初・左千夫)


ーーーーーーーーーーーーーーー
上七軒の有職菓子御用達所「老松」主人大田進さん、京都市交響楽団ゼネラルマネジャー平竹耕三さんらが、昨年発刊した「京の花街(かがい)~ひと・わざ・まち」の中で、吉岡久美子さんは、勝喜代さんを取材して、こう紹介している。
勝喜代さんは上七軒を代表する三味線、踊りの名手、お座敷芸にも通暁する芸達者として、他の花街にも名が
とどろく。また水上勉の小説「上七軒」に勝千代として登場するなど、多くの文人との交流を持つ名妓です。
またインタビューの最後に勝喜代ねえさんはこう言ったそうだ。

「上七軒の文化を守って伝えていくためには、お客さんにも踊りを習ってもろて、お茶屋さんでしか、できひん遊びをもっと楽しんでほしい。 京都ならではお茶屋さんの雰囲気を味わってもらうことが、花街の継いでいくには大事どす」

そう。遊ばせてもらうだけではつまらない。もっと遊びたければ努力しなくちゃ。



ホムペはこちら

*日本の防水の原点「日本書紀~燃土燃水献上図」を見に行こう!
10月16日~12月12日 東京六本木泉屋博古館で
天智天皇・燃土燃水献上花盛器(彫金)展示



かき アップ
左が燃水(臭水くそうず=石油)を入れた甕、真中が燃土=天然瀝青。新潟県黒川で採掘し、これから大津の近江宮の天智天皇に献上する。ご存知小堀鞆音(ともと)の「燃土燃水献上図」の図柄を模している。

塚田 かき全体
塚田秀鏡: 銀地赤銅朧銀素銅象嵌片切彫
直径42.8センチ。高さ39.3センチ。清水三年坂美術館所蔵


防水の歴史研究会から、お知らせがきました。
六本木一丁目駅徒歩2分にある、泉屋博古館で、防水関係者必見の展示会とのこと。

彫金作品で歴史的事実をモチーフにしたものは珍しいそうですよ。
日本防水の歴史研究会によると、この花盛器の絵柄の基になった小堀鞆音の日本画は、日本石油創立30周年を記念して依頼されたことになっている。日本石油は「1917年(大正6年)5月5日に東京両国国技館で創立30周年記念式典挙行」という記録がある。したがって秀鏡がその画を見て制作したとなれば、「燃土燃水献上花盛器」は塚田秀鏡最晩年の作品ということになる。

かいせつ
2009.919-11.23 横浜開港150周年記念・横浜美術館開館20周年「大・開港展」図録より

ホムペはこちら

ヘブライ語 で 「瀝青」は「ヘマル」
ヘブライ語訳聖書 で聖書3部作(ノア、バベル、モーセ)をチェック

瀝青(ヘブライ語) (2)

ヘブライ語は右から読みます。「瀝青(アスファルト)」=「へマル」

これで「手ぬぐい」や「Tシャツ」をつくって見ませんか?  「防水4000年の歴史」をPRできますよ。



例えばこんな感じです


WATER PROOFING
瀝青(ヘブライ語) (2)

SINCE BC.2000


デザイン:roof-net 。お問い合わせは ルーフネットスタジオまで



旧約聖書に登場する、防水に関する記載は3か所。各国語に訳された聖書は世界最大のベストセラー。英語ではビチュメンだったり、タールだったり、ピッチだったり。日本語訳でも、時代や版によってさまざま。瀝青・泥炭・樹脂・ヤニ・タール・ピッチ・・・。「瀝青」」という訳語に「ヤニ」というルビがふってあったり、「ピッチ」とふってあったり。でも旧約聖書だからヘブライ語版にあたりました。

やっと見つけたのは、(株)ミルトス 1990年8月10日初版発行。ミルトス・ヘブライ文化研究所編の ヘブライ語対訳聖書 です。防水と聖書が気になる3つの場面は、順に紹介してゆきます。

ホムペはこちら

ひび割れ問題(1)の解答 はヴァッサーの2000年カウントダウン時計
百水(フンデルト=百 ヴァッサー=水)は この時計に何を込めた?
東京で唯一見られる フンデルトヴァッサー作品

カウントダウ時計横

カウントダウン時計縦

vassa-解説
水と緑は地球環境の象徴。柱と柱の空間は大小の生き物と人間の世代になぞらえている。この時計は現世の暗喩である。~そうだ。このひび割れをヴァッサーは予測していたか?想定していたならこれは何を表わす?

ウィーンで最も有名な屋上緑化事例は 7月 13日のOH日記のヴァッサーハウスだろう。屋上どころか、廊下や踊り場、部屋の中から巨大な幹が伸びて、今では建物を覆っている。でも環境ブームに乗って「屋上緑化」をPRするメーカーがイメージキャラクターとして、日本人好みのウィーン風色彩にひかれて、ヴァッサーを選んだとしたら大変だ。彼の考える建物と植物の共生状態はこうだ。屋上緑化なんて生やさしいものではない。
tree tenant
さらに、この下の画には一番驚いた。 屋上に木を植えるのではない。レストランの屋上を八ヶ岳の森にした俳優はいたが、そんなレベルを超越している。ヴァッサーの家は森にぶら下がるのだ。

森にぶら下がる家
森の下にぶら下がっている家。1972年。シルクスクリーン19色、箔押し3色。50×67


出題時(9月5日のOH日記)に言った様に「tooヘビー」でしょう?

この項続く
1.カウントダウン時計は漏刻と深いつながりがあるに違いない。
2.ヴァッサーは「雨」に執着
3.「屋上緑化」という軽いノリでは見逃してしまうものを、ヴァッサーは教えてくれる
4.美術・建築のヴァッサーと音楽のフリードリッヒ・グルダは双子ではないか?
5.愛する百水作品集:その1は「屋根の上の川」
などです。

カウントダウン時計の秘密
秘密1.7段の水槽に植えられているのは、パピルスで、これはヴァッサーの指示。したがって作品の一部である。初夏に花が咲く。だだし今は増えすぎて、管理に困り、ポット植えにした。
秘密2.このモニュメントは当初TBSの緑山スタジオにあったが、ミレニアムのカウントダウン終了後、現在の赤坂本社前に移された。
秘密3.池の水はポンプで循環している。午後4時から5時の間はストップする。
秘密4.最後の7段目から注ぐ池には金魚がたくさん泳いでいる。これはヴァッサーの指示ではない。近所のおばさんが夜店ですくったものを放したのである。鯉も数匹いるが、これを放したのは誰か解っているが言えない。
秘密5.モニュメントの場所は赤坂TBS入口のすぐそばだが、受付のきれいなお姉さんに「フンデルト・ヴァッサーのカウントダウン時計はどこですか?」と尋ねても知らない。が、すぐに総務に聞いてくれて、数分後には親切に教えてくれる。


ホムペはこちら

*建物を大事に長く使うことは、環境の時代のマナー
身体と同じ。 自分の建物は自分で診断
これならできる屋上防水セルフチェック!


JWMA本表紙

このマニュアルを作ったのは、日本の防水材料メーカーの元締め、日本防水材料連合会(JWMA)です。
マニュアル制作者を代表して田中享二さんは、こう言っています。東京工業大学田中教授は日本の防水研究の第一人者です。

普通の人がこれを持って屋上に上がり、防水調査ができます

建物を大事に長く使うことは、環境時代のマナーです。そして建物を長持ちさせることに、防水が大いに役立っています。建物内部に水が入ると、われわれの生活に不便をもたらすだけでなく、建物を急速に劣化させるからです。それに対して防水層が建物最前線で、頑張ってくれています。
 ただ残念なことに、防水層は無限の寿命を持つ材料ではありません。維持管理が必要です。そのためには防水層に不具合がないかを、時々見てあげる必要があります。お医者さんの言葉で言うと診断です。本格的な診断は専門家の仕事ですが、簡単なことは、自分の建物ですので、やはりじぶんでチェックすることが望ましいのです。自分の体と同じです。ただ今までは、そのための手引書がありませんでした。ほとんどは専門家相手の難しいものばかりでした。このマニュアルは普通の人を対象に作られています。ですからあなた自身で診断できます。是非、これを持って屋上に上がって見て下さい。


日本防水材料連合会(JWMA)は防水材料メーカー団体である「アスファルトルーフィング工業会」、「合成高分子ルーフィング工業会」、「日本ウレタン建材工業会」、「トーチ工法ルーフィング工業会」、「FRP防水材工業会」の5つの工業会の上部組織として平成18年4月1日に設立されました。http://www.jwma.net/first.html 

JWMA本中身
A4判、48ページ。調査時の服装、屋根各部の名前、チェックポイントなど、優しく書かれている。

ホムペはこちら


国会議事堂洗浄中
そろそろこんな季節に、と思いフと見上げれば
ginnnann

国会議事堂中央塔屋に厳重な養生が。

何してるんですか?と問い合わせてみると
「洗浄です。」
定期的に洗浄するんですか?
「いあ、初めての試みだと思います」
水ですか?
「特殊な洗浄液で、専門業者が作業しています」


gijidou
10月末には完了して、こんな風にきれいになり
議事堂てっぺん
このライトアップも再開だそうです。
ライトあっぷ


ホムペはこちら
音楽の仙人
三井寺の山に連なる歴史博物館に棲む音楽の仙人

圧縮音楽の専任

音楽の仙人 孫登(そんと)。鼓琴図
 

解説音楽仙人
この解説を読んでも、ようわかりません。

ただ、こんな一弦琴で、人を感動させるにはよほどの[才]が必要なことだけは間違いありません。

音楽の友社の音楽中辞典によると 一弦(絃)琴(いちげんきん)
日本の伝統的なチター属の弦楽器。長さ1メートル余りの細長い木製の胴の上に、絹製の絃1本を張ったもの。絃を押す勘所(感所)の目印に小さな玉が胴に12個はめ込まれている。左手中指に象牙又は竹製の管をはめて、それで絃の勘所を押さえながら、右手の食指にはめた義爪ではじいて弾く。
在原行平(ありわらの ゆきひら。手元の昭和63年版の同辞典では「業平」となっていますが間違いでしょうね)が須磨で作って弾いた、という伝説から一名「須磨琴(すまごと)」とも呼ばれる。
しかし今の形の一絃琴は江戸時代初期に中国からはいってきたもので、幕末から明治にかけて一時栄えたが、明治末期末以来急速に衰え、今や絶滅寸前である。 となっている。

NAXOS版の音楽中辞典では、伝説として在原行平や能阿弥の制作というが、寛文年間(1661-73)に伝来、18世紀半ばの覚峰律師、幕末の真鍋豊平らによって普及。明治以降は高知、東京、京都を中心に]伝承。--とある。

在原行平
1100年前(平安初期)、中納言在原行平卿が、須磨に流されたとき、渚で拾った板切れに冠の緒を張って琴を作り、岸辺の葦の茎を爪にして、その琴を弾じて都を偲び、自らの寂寥を慰めたのが始まりと伝えられているそうだ。

ホムペはこちら
*直径1メートルの高圧蒸気用シールは藁(ワラ)編み
大口径天然素材ガスケット
酒造用甑(こしき)用パッキン

パッキンyubitsuki
釜と甑(こしき=すなわちセイロ)の隙間から、高圧蒸気が漏れるのを防ぐ密封装置=シールがこの「パッキン」。一般に密封装置をパッキンと言うが、JISやISOによる用語の定義では回転・往復など相対運動している部分のシールはパッキン、 固定部分のシールはガスケット、と称される。だからこの藁(わら)を編んだいわゆる「パッキン」はJISによる表現では「わら編組ガスケット」となる。
水の輪
ホムペはこちら
*数珠を持った南禅寺サポーター
琵琶湖疏水余話2
お参りする時は、おせんこ(お線香)の煙で(身を)清めてからやで~
と一人一人に声をかける。 

南禅寺親父

南禅寺の三門(知恩院三門、東本願寺御影堂門とともに、京都三大門の一つ)をくぐり、その壮大さに圧倒され口をだらしなく開けたまま、一直線に法堂に吸い寄せられてゆく。と、突然うしろから声がかかる。

1、ちょっとちょっとあんた!お参りする前に、ちゃんと煙で身を清めてから拝まんとあかん。
そうや。いやいや、別にお線香代は出さんでも、エエのや。それがきまりなんや。


2、真ん中がお釈迦さん=釈迦如来。象の上に乗ったはるのが普賢菩薩、獅子に乗ったはるのが文殊菩薩。典型的な釈迦三尊ですわ。天井に龍がいますやろ。立派ですやろ。なき龍ていいます。この下の音は天井にうまいこと集まって、よう響いて龍がないたみたいやから、なき龍て言います。

「パン!」。龍の声とは言えないが確かに良く響く。

同志社のねき(近く)の相国寺にも立派なのが有りますけど、ここのはよろしで~

3、あっちへいくと永観堂から哲学の道。銀閣寺に出ますわ。 こっちが水路閣。すぐ先でっせ。

参拝者(観光客)10人中8人は煙で清めず、本尊の前に直行する。お行儀のいい2人には、話は工程2から始まる。

南禅寺 天井竜
南禅寺法堂(はっとう)の天井画。今尾景年作。

南禅寺法堂の雨漏り。
*現在の法堂は明治42年に再建されたもので、内部には中央に釈迦如来像、文殊菩薩、普賢菩薩の三体がまつられ、一面の敷瓦に巨大な欅の大円柱が林立し、荘厳そのものです。天井には今尾景年画伯畢生の大作と云われる幡竜が画かれています。 明治42年の創建以来80余年を経て、雨もりがするようになり、平成2年、開山大明国師700年大遠忌記念行事として、屋根茸替え工事及び敷瓦取り替え工事を行い、平成2年落慶法要が営まれました。(南禅寺HPより)

そうか。このおっさんも、歴史的建造物(水路閣も含めて)を守っとるんやなあ。 
「からだ大事にしてや。又くるわ」

ホムペはこちら

絵日記 震えるトランス
地震で驚震するかわいいトランス

震えるトランス
実は手ぶれ 夕方 CX3 
*「防水の目的は雨漏れ防止と躯体保護」意識着々と浸透。 日本学術振興会76委員会で防水材の躯体保護効果を報告

日本学術振興会が、防水材によるRC保護効果でシンポ




tanikawa

「鉄筋コンクリート造における保護塗膜の効果と耐用年数」を報告する谷川伸さん(東亜合成)。
76アロン報告書
A4,30ページの講演内容は、東亜合成のPR誌「あしば」116号に特集としてまとめられている


独立行政法人「日本学術振興協会(昭和7年創設)の建設材料第76委員会は、昭和19年、昭和天皇より、戦時下で鉄筋コンクリート造の建物が困窮する中、代用コンクリート、代用鉄筋の研究のために下賜された基金で設立された。現在61の委員会がある中で、唯一の建設関係の委員会である。
76委員会は76番目にできた委員会の意味で、これまで182できた委員会の中で、残っている二桁委員会は6つしかなく、由緒ある委員会として知られている。
詳細は以下の日本学術振興会へ
http://www.jsps.go.jp/renkei_suishin/index.html

さる5月18日、「鉄筋コンクリート造に塗布する高分子系材料の保護効果と劣化」をテーマに76委員会のシンポジウムが開催され、このほどその様子を谷川氏が報告した。当日は東京工業大学・田中享二教授、琉球大学・大城武名誉教授、JR東海・荒鹿忠義氏、東亜合成・谷川伸氏らが講演した。

ホムペはこちら


*新作!いや贋作? ちょっと驚いた「燃土・燃水献上の図」
「日本書紀と防水」余話
一見したところ小堀画伯の「燃土・燃水献上の図」

燃水祭かんばんあっしゅく
よく見ると細かい部分の描き方が明らかにちがう。 贋作? いやそれより、文字の書き込みがあるではないか!

これも近江神宮広報誌の平成3年7月の機関誌「滋賀」に掲載されていたもの。小堀筆とあるのに、何かアニメっぽい。よく聞けば、燃水祭のためにこの時、原図をもとに2メートルくらいの看板をつくったらしい。だから文字も書き加えられている。その看板はもうないそうだ。

追記:
9月1日の編集長の日記に、日本オルシード㈱岡田晴夫さんの「燃水祭と私」という記事を紹介しました。石油業界がどんな風に燃水祭とかかわってきたか、というものです。
オリジナル原稿の掲載媒体・日時に関してお問い合わせがありましたが、不明でした。本日近江神宮より「平成2年、近江神宮50祭記念誌にご寄稿いただいたものである」との回答をいただいたので、お知らせします。


n燃水祭らbんぷ
今年の燃水祭. 石油業界は燃水ランプに点灯し感謝した。防水ならどうする?


ホムペはこちら


*前田青邨も描いた「燃ゆる水献上の図」
近江神宮広報誌「滋賀」第240号。昭和63年7月1日発行」
の表紙で紹介された画。


前田セイソン燃水祭あっしく
天智天皇に燃える土[瀝青」と燃える水(石油)を献上したという、日本書紀の1シーン



手前左に甕に入った「燃水」を運ぶ2人。その後ろに「燃土」らしきものを担ぐ姿が見える。この描き方は小堀画伯による、あの有名な画と同じですね。

前田 青邨"(まえだ せいそん、 1885年1月27日 - 1977年10月27日).
岐阜県中津川市生まれ。日本画家。妻は荻江節の5代目荻江露友。 歴史画を得意とし、大和絵の伝統を軸に肖像画、花鳥画までいく作域を示した。特に武者絵における鎧兜の精密な描写は、有名。文化勲章受章。院展を代表する画家。 晩年には、法隆寺金堂壁画の再現模写や高松塚古墳壁画の模写等、文化財保護事業に携わる。その遺志は、弟子の平山郁夫に引き継がれた。


ホムペはこちら

*ひび割れマニアのためのクイズその1
さてどこのひび割れでしょう?
ヴぁしびわれ1
さて
vasひびわれ2
さて
ヴぁsひびわれ3
ヒント このそばです
vasひびわれhinnto
屋上緑化を考えるとき、忘れてはいけない人。でもこの人の「想い」はtooヘビー。答えは来週、「緑化とルーフプラン」で。
絵日記  :タイ焼きは真夏に限る
36度では誰も並ばない。
炎天下のタイ焼きや 携帯
常に15m以上の行列がある人形町の[高級」たい焼き屋。通常待ち時間は15~20分という。
mobile
絵日記
赤坂の秋 9月3日 

赤坂の秋
14:50 CX3



ホムペはこちら

日本初本格的RC橋の両橋台に大きなひび割れ。
橋台両側裏表に約1.5センチ幅のシーリング。
10号ひび割れ
sagann hibi


10gou zzenntai
「端っこに ぎょうさんおるのがブルーギルや。真ん中の深いとこはアユやで!」


見つけた10号橋。通称黒岩橋。 水道局には第2トンネル側の「山の谷橋」というと話が早い。
まず気がつくのが橋の両側裏表にきっちり入ったひび割れ。1センチ以上2センチ以下のかなり太い幅で、シーリングされている。5年以上たっているとは思えない。大事な明治37年の数字も消えてしまった。
なぜ亀裂が入ったか? いつ? この対策を決めたのは誰? 工事は誰が?シーリング材料は何系?下地処理は?注入は? 工事はいつ?
という当然の疑問が湧いてきて、まず疏水事務所に聞いた。

すると、この橋は疏水事務所でなく、建設局橋梁かかりが担当であると丁寧に教えてくれた。 そこで電話すると、担当が不在なので、後日連絡させるといわれた。
翌日建設局調整管理から「5年間分の資料を調べたが、記録がないから、大きな工事とは認識されていない」。と連絡があった。さらに東部土木事務所なら分かるかも知れないと、電話番号を教えてくれた。すぐに電話すると、台帳を見てくれて、やはり記録がないという。そこで少し食い下がってみた。

自分はコンクリート補修工事の関係者である。この橋が日本で最も古い本格的な鉄筋コンクリート橋だ、というので東京から、見に来た。写真を撮ったら太いひび割れで、大事な明治37年の文字も見えない。写真を見せながら、仲間に報告することになるが、こんな写真を見せたら、まず一番に「このひび割れは何?原因は?いつから?補修工事の内容は?」と質問されるにきまっている。「さ~。解らないそうです。と答えて納得すると思います??」と言ってみた。

親切な担当者は「古い人や、昔この係で、今別の課に行っている人にも聞いてみましょう」と言ってくれた。そして2日後電話をくれた。「やはり知らないそうです」。
「そうですか、ありがとうございました。 でも大した橋ではないとは言え、史跡になっている様な構造物の、付け根の全部にひびが入っていて、補修されている。でもそれがいつ、誰が、どんな判断のもとに、どんな方法で補修したか、全くわからない、記録がないというもの、不思議なものですねえ」

ホムペはこちら


*この項目もとりあえず一段落。
この後は、南禅寺の境内を横切った水路閣に激怒した福沢諭吉、疏水の逆サイホンとシール、疏水に点在する歴史的建造物の保存の話などを、少しずつ紹介し、他のルーフネットブックレット同様、バージョンアップしてゆきます。
鶴川絵日記
武蔵国無人販売所

mujinn hannbaisho
mobile
今日は何鍋? 
「アジサイ鍋」!

ajisainabe
花径最大25センチ。CX3 数馬

ホムペはこちら

* 天智天皇は防水の祖神でもある
石油業界はかくして燃水祭の主役となった。
 岡田晴夫さん談


毎年7月7日、天智天皇を祀る滋賀県大近江神宮で「燃水祭」が行われる。防水の歴史を語る時、必ず引き合いに出される「天智天皇に燃える土と燃える水を献上した」という故事に則り行われる祭典である。燃える土とは天然アスファルト。燃える水とは石油だ。
今年も「燃水祭」は盛大に執り行われ、石油業界から多くの人たちが参列、新潟県黒川から運んだ燃える水を奉献し、日本書紀の該当部分を奉唱した。石油業界にとって天智天皇は「石油の祖神」であり、「燃水祭」は業界人として「石油の祖神」に感謝の祈りを捧げ、業界の繁栄を祈願する重要な行事となっている。
近江神宮

しかし石油業界が「燃水祭」と深くかかわるようになったのは昭和53年からである。近江神宮がひっそりと斎行していた「燃水祭」がどんな経緯で盛大な「漏刻祭」と並ぶ程の祭典となったのか。
燃水

近江神宮のお許しを得て、先達となった岡田晴夫さんが近江神宮の記念誌に寄せた文章を紹介します。

「燃水祭と私」オルシード㈱岡田晴夫

ホムペはこちら