FC2ブログ
(旧 「防水屋台村」建設中)
アスファルト及びその応用 (完) 
社団法人 アスファルト同業会とは

昭和24年(社)アスファルト同業会結成。構成メンバーは、アスファルトデイーラー及び工事やの集合体だったがアスファルトデイーラーは、日本石油はじめ大協石油(現在のコスモアス)丸善石油等の石油メーカーの代理店でアスファルト関連材料の販売やガソリンスタンドの経営などを主とした業務としていた。その構成メンバーの中に数社のアスファルトルーフイングのメーカーがいたが中でも田島応用化工(現、田島ルーフィング)と日新工業が双璧であった。

結成以来毎年、数回の座談会、防水材料の専門家による講演会などを開催した。昭和28年にはそれまでの成果をまとめ、冊子「アスファルト及びアスファルト防水を発行し、好評を得た。
その後、会員は増加、アスファルト工事の需要は急増した。昭和30年会員内から、最新資料を織り込んだ本格的な防水をはじめとするアスファルト応用工事に関する書籍の発行を望む声が高まった。
以下は初版本の序文の一部である。

選ばれた編集委員は、いずれも日本の防水業界発展の基礎を築いた人達ですね。


趣旨


「アスファルト及びその応用」初版序文より