FC2ブログ
(旧 「防水屋台村」建設中)
事例② 養生シートをはずし忘れ、住人は一酸化炭素中毒で救急搬送。
10分遅ければ工事管理者は過失致死罪?



これは神奈川県にある、約100世帯ある集合住宅、改修工事の話です。その日の夕方、外壁塗装
の工事が終わり、現場代理人は作業員に、養生シートの撤去を指示しました。でも一住戸だけ
はずし忘れていたのです。夜になってガス湯沸かし器が使われても、排気口は塞がれたまま。
酸欠、一酸化炭素中毒。偶然家族が気がつき、通報しましたが、もしあと後10分遅ければ助から
なかったといいます。

工事会社は第3者賠償保険に入っていたが、保険で算出された賠償金は約7万円。従って保険
会社から支払われるのは7万円ー免責金額。これで解決するでしょうか。


この事件では、工事会社が、まず見舞金として10万円持参。退院後損害賠償金として30万円
(保険金込み)を支払ったそうです。

ninngyouchou now
人形町散歩。(記事とは関係ありません)



[防水・改修工事と保険の話] はじまります。

工事店経営上、リスクヘッジのための保険は欠かせません。でもその保険が、適用されるはどんな時?
いざ事故が起こった時、あれやこれやの条件が絡みつき、出ると思っていても出なかったり、それを保険会社側もよくわかっていなかったりします。保険は万能ではないし、さらに見かけの掛け金の高い安いだけで、工事保険を選べないのは一般の医療保険と同じです。

ルーフネットは、防水工事に特化した保険代理店業務を35年前から行っている東京損害補償センター浅倉研所長から、さまざまな事例を聞き出し、報告してゆきます。


ROOF-NET ON LINE MAGAZINE
↑↑Roof-Net ルーフネットホームページはこちらから ↑↑