FC2ブログ
(旧 「防水屋台村」建設中)
*日本書紀と瀝青 (2)
土瀝青を天智天皇に献上した故事を再現する「燃水祭」は「防水祭」?

7月1日「燃水・燃土」を新潟県黒川で採取。7月7日献上を模し滋賀県近江神宮に奉納。

献上
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
防水関係者から高い評価を受けた「アスファルト防水のルーツを探ねて」の扉にはこの「燃土・燃水献上」の絵(日本石油30周年記念)が納められている。




 新潟滋賀県人会の市井康三氏によると、http://www.n-shigaken.com/nensuisai.html
献上当時の天智天皇を祀る滋賀県の近江神宮では昭和58年時点で、毎年7月7日に「燃える水のお祭」が行われていました。 昭和58年、近江神宮から献上地の黒川村に燃水祭の招待がありました。当時の伊藤孝二郎村長は、油坪で採油の式を催し、採油した原油を油坪の研究者で地元の錦織昇平さんと中村鉄雄公民館長に託して派遣し献上したのが始まりです。 その後、毎年7月1日に黒川燃水祭を催し、7月7日に近江神宮の燃水祭に油を献上しています。
とのことです。

採集
乾燥させたカグマ(シダの一種)に付着させ臭水(くそうず)坪から採集
s.gyoretu10[1]
燃土を担って献上行列