FC2ブログ
(旧 「防水屋台村」建設中)
作業服のまま池の中に入って、「みっともない」と思わないの?
この間、スーパーゼネコンから専門工事会社まで、
日本中で安全大会が開かれる。


kanntourejinn
タイトルの言葉は、防水・改修の専門工事店である、関東レジン工業の野村透一社長(写真右)が安全大会で語ったもの。

毎年7月1日から7日までは全国安全週間。 その前の一月間、専門工事店の社長は忙しい。取引のあるすべてのゼネコンの安全大会に出席し、自社でも実施しなければならない。下請・職長全員集めて、安全・事故防止対策を徹底する。この日はめったに全員そろうことのない仲間が集まる懇親・情報交換の場でもある。

関東レジン工業は6月28日、東京・中野のサンプラザで安全大会を開催した。事故事例報告、安全表彰、安全宣言のあと野村社長は「一見安全とは関係ないように見えるが」と言いながら。現場パトロールで見かけたレストランの改修工事現場での出来事を紹介した。

レストランの庭に面した外壁改修で、すぐそばには池がある。作業上どうしてもその池の中に入らなければならない。深さを測ったら、腰のあたりまである。事前にゴム長を用意するよう伝えておいた。ところが、当日は作業服のまま池に入っている。お客はいないが、レストランの従業員はそれを見て笑っている。これは作業に対する心構えの問題です。みっともないかっこう、汚いかっこうは、みっともない仕事・汚い仕事に通じる。作業にふさわしい服装というのは、とても大切です。危険・安全という観点とは違うように見えますが「これじゃまずいかな?」という感覚が大事。こうした感覚は安全意識と同じ根っこです。

ROOF-NET ON LINE MAGAZINE
↑↑Roof-Net ルーフネットホームページはこちらから ↑↑

安全大会とは


7月2日(金)=旧暦 皐月さつき(五月)二十一日  半夏生(はんげしょう)
禅寺丸柿

kaki
紫陽花に気を取られているうちに、柿はこっそり実をつけ、大きくなっている。
柿の学名は「ディオスピロス・カキ(Diospyros Kaki)」、柿は日本原産の果物といわれ、16世紀頃にポルトガル人によってヨーロッパに渡り、その後アメリカ大陸に広まったそうで、今や「KAKI」の名で世界中に通用する。
ルーフネット鶴川村オフィス近くの川崎市麻生区は、日本最古の甘柿の品種と言われている禅師丸の原産地。(禅師丸つづく)
半夏生(はんげしょう):
夏至から11日目。梅雨も後半に入り、旧暦時代は、農家もこの時期までには田植えを終えていた節目。一息つける日。

ROOF-NET ON LINE MAGAZINE
↑↑Roof-Net ルーフネットホームページはこちらから ↑↑