FC2ブログ
(旧 「防水屋台村」建設中)
理科教育に燃え・楽しむ指導者を後押し。  
科学の面白さがわかる教育の普及~第6回小柴昌俊賞授賞式

小柴賞
前列は受賞者。中央小柴昌俊東京大学特別栄誉教授。                                             右端が「子どもたちと夢を創る会」代表で夢の島熱帯植物館玉木恭介館長。


3月21日東京大学で、第6回小柴昌俊科学教育賞の最終選考会と表彰式が行われた。
優秀賞は「身近な物質の姿を見つめ究める科学部の指導」-橋 義明氏(所属:秋田県・由利本庄市立出羽中学校)、奨励賞に「地域の小学校への自然環境学習支援活動」-玉木 恭介氏(所属:東京都 ・夢の島熱帯植物館)
ほか2点が選ばれた。

小柴昌俊科学教育賞は基礎科学、純粋科学に光をあて、基礎科学のおもしろさがわかる教育の普及、意欲と夢をもった若者を育てることを目標として、小・中・高校レベルの理科や算数・数学教育に功績のあった個人や団体に、財団法人平成基礎科学財団が贈る賞。同財団はノーベル物理学賞を受賞した東京大学名誉教授・小柴昌俊がその賞金全額を投じて2003年に設立した。選考のポイントは、(1)生徒の科学的思考を深め、生徒の創意や主体性を促進し、生徒の創造性や独創性を高めるための指導を行っている、(2)効果的な教材・教具などを開発し、それらを利用して楽しく、かつ、奥深い授業を実践している、(3)授業内容や観察・実験の準備や実施方法などで、教える事柄をくふうしている、(4)自然科学に対する興味と関心を高め、科学的な能力・態度の育成に重点を置いた良好な学習環境を整備している、の4点である。選考委員は筑波大学名誉教授でノーベル化学賞受賞者の白川英樹や、東海大学教育開発研究所次長の秋山仁ら5人の科学者。優秀賞に賞状と金メダル、副賞100万円が、奨励賞に賞状と銀メダル、副賞50万円が贈られる。

奨励賞を受賞した夢の島熱帯植物館玉木恭介館長は「子ども達と夢を創る会」の代表を務めており、玉木氏の今回の受賞は、「子ども達と夢を創る会」の主な事業である「こどもしぜん科学大賞」(写真)に対する貢献も小柴賞受賞のポイントとなった。


6kai  houkokusho

このほど完成した第6回報告書。小柴賞受賞のきっかけになった「ガードレールを食べる街路樹」の研究も掲載されている。これまでの報告書の作成に対して防水メーカーである、田島ルーフィング、日新工業、ダイフレックス、ロンシール工業、早川ゴム,全アロン防水組合などが協力している。


~~瀝青の鏡~~ 「アスファルトは安全です」と訴えることの効果について
銀色の魚は瀝青(れきせい)の水中をよぎる


rekisei no kagami

「アスファルトは安全である」と訴えるより「アスファルトを美しいと感じる人がいる」ことに注目したらどうだろう。

防水のプロの間では性能面で高く評価されたとしても、現場で200度近い高温が必要な「熱アスファルト防水工法」が、今の時代に相応しいかどうかという点では、マイナス点はいくつも列挙できる。その一つ一つに反論していくことがはたして、効果的なのだろうか?

そんなことを考えていたとき、現在の石油アスファルトではないにしても、瀝青・天然アスファルトという「モノ」や「言葉」の美しさにに対して好意を寄せる詩人や音楽家がいることに気づき、とても驚いた。そういえば「窯の中のアスファルトが青緑にキラキラ光って、きれいなんだよ」と話してくれた老職人もいたではないか!そうか。これは盲点だった。

「瀝青の鏡」は鉱石フェチの詩人、長野まゆみの「鉱石倶楽部」(文春文庫)におさめられている。