FC2ブログ
(旧 「防水屋台村」建設中)
美しく老いる外装材~エイジング建築の条件~
「エイジング」は長寿命建築のキーワード

タイルフィックス 橘高」先生エイジング
橘義典首都大学教授が「建築外装材料の美観維持」で講演

「エイジング」とは①物理・化学的作用を受けて、長時間のうちに本来の性能が低下する老化現象、ではあるものの、②年月の経過に伴い景観的な質が向上する働き、 をいう。

首都圏大学東京大学院都市環境科学研究科建築学域 橘義典教授は、3月18日に行われたタイルフィックス工業会の設立総会の記念講演で「エイジング、汚れ、壁面緑化,色彩」の面から建築外装材料の美観維持」について講演。この中で「エイジング建築の条件」として、1.素材が好ましく変化 2.耐久性・汚れにくい 3.デザインが良い 4.形状・ディテールが良い 5.視覚情報が多い 6.社会性 をあげて解説した。(レジュメ13頁配布)

kittaka kouenn
主なテーマは次の通り
*エイジングの観点での外壁素材の好ましさ(アンケート結果)
*シュミレーション画像を用いたエイジング評価例
*建築物のエイジングのパターン
*エイジング建築例
*汚れ発生機構図
*建築物外壁面劣化危険度判定手法
*劣化危険度マップによる要素壁面の劣化危険度評価
*ディテール・材料による劣化危険度評価
*建築物外壁面の劣化危険度判定例

ローマのコンクリートは2000年もつ。