FC2ブログ
(旧 「防水屋台村」建設中)
{防水歴史図書館}資料第壱号(ー1)
アスファルト及びその応用

アス及び応用


資料第壱号
アスファルト及びその応用(改訂増補版)
その1
昭和30年初版発行(右写真一番上)。同34年の改訂版(同3番目)を経て、  同40年改訂増補版(同2冊目)発行。 

発行:(社)アスファルト同業会

担当キュレーター:丸山 功 



「防水工事に携わる技術者にとって、バイブルでした」
チーフキュレータ: 丸山 功 

アスファルトとの出会い
 私が防水稼業に身を投じたのは、昭和30年代の初頭である。
 勿論、防水のイロハから覚えなければならない。
建設現場というのは、一般社会からかけ離れた雰囲気があり、何もかもが今までに体験したことのない場であって覚えることも慣れることも容易ではない。
今でこそ近代化が進み、ずいぶん一般社会と隔てがなくなってきたが当時は別世界の感があった。どうやら建設現場には慣れては来たものの、防水工事は専門業であり、施工の技術が必要である。実際に施工を行うのは職人さんたちだから、監督社員には必要なしと言いたい所だがそうは行かない。監督である以上施工する職人さん以上に知らなければ監督は務まらないことが追々分かってきた。それに社員は見積書を作る仕事がある。それには積算技術が必要だ。
先輩に訊けば、技術は人に教わるものではない。自分で覚えるもの、盗むものだという。何だか解らないが毎日現場へ行って職人のやることを見ているとどうやら建物への雨水の浸入から守るということが、おぼろげながら分かって来た。しかし頭で分かっても実際の感触が分からない。つまりそのためには材料ノアスファルトの性状や製造過程が分からなければならないがカタログやパンフレットのようなものは、一切ない。今の人には信じられないだろうが本当のことである。そんな時、偶然出会ったのが社団法人アスファルト同業会発刊の「アスファルト及びその応用」という資料であった。内容は、きわめて学術性が高い内容で、最初のうちはさっぱり分からなかったが読んでいるうちに段々理解できるようになってきた。初版は、昭和30年発刊版だがこれは防水より道路関係の内容の比重が高い。表題のとおり、アスファルト及びその応用となれば、道路と防水では、ダントツに道路が需要の主役である。内容が道路に偏るのは当然である。さらに(社)アスファルト同業会の構成メンバーは、アスファルトデイーラー及び工事やの集合体だったがアスファルトデイーラーは、日本石油はじめ大協石油(現在のコスモアス)丸善石油等の石油メーカーの代理店でアスファルト関連材料の販売やガソリンスタンドの経営などを主とした業務としていた。その構成メンバーの中に数社のアスファルトルーフイングのメーカーがいたが中でも田島応用化工(現、田島ルーフィング)と日新工業が双璧であった。


13.23K丸山
 *(写真は2009年10.月6日、上野・東京文化会館のレストランで取材中の丸山さん。

3つの序と目次