FC2ブログ
(旧 「防水屋台村」建設中)
「屋根をしらべる2009」はとてもユーザーフレンドリー
凶暴化する台風で屋根が飛ばないように

yane を調べる
 

地球温暖化のせいか、台風が、もちろんハリケーンやサイクロンも年々凶暴化しています。
建物ごと飛んでしまうような時は、もう神様に祈るしかありませんが、でも屋根が飛んだり、壊れたりとしないために、瓦、金属屋根や防水の業界団体がそれぞれ、設計者や施工会社向けに、対策・施工マニュアル・ガイドラインなどを作っています。このうち、もっとも先行しているのが(社)日本金属屋根協会でしょう。http://www.kinzoku-yane.or.jp

同協会はこれまで「風と金属屋根」、「金属屋根の性能」を編集発行してきた。同時に各種の計算様式を提案し、金属屋根業者が自らが屋根の安全性や性能の確認などを行える体制を整えてきた。この中で風圧力の算定については建築基準法の改正により計算が複雑したしたことに対応して、2002年に「風圧力計算ソフト」を作成した。これに対して「他の計算計算様式についてもソフト化してほしい」という要望が多く寄せられたため、2004年の「屋根を調べる」の作成につながった。
CDROM「屋根を調べる」は発行以来、毎年改定を行ってきたが、この2009年版は「建築基準法の風力関連規定」の解説や「屋根ふき材の構造計算関係の資料」を追加したほか、全体の操作性を大きく向上させており、「とても使いやすくなった」と好評だそうだ。
CDの内容は次の通り
風圧力関連規定、風圧力算定ソフト、積雪荷重算定ソフト、屋根性能計算ソフト、屋根ふき材の構造計算、金属屋根の性能確認、工事管理報告者作成ソフト。

台風に強い瓦屋根の工法

平成12年建設省(当時)は全国の自治体ごとに「基準風速」を定め、大型台風下の強風でも瓦が飛ばされない工事を実施実施するよう指示した。この「基準風速」に従って安全な瓦屋根づくりの標準工法を示したのが「ガイドライン工法」である。ガイドライン工法については、http://www.yane.or.jp/gl/gl1.shtml  で見ることができる。また「瓦屋根標準設計・施工ガイドライン」は上のサイトでダウンロードできる。


2010 年2月 1日  月曜日
旧暦:12.18  大安 

寅とミニ寅38K
  



寅とミニトラ
5DMK2: エルマリート35・F2.8