FC2ブログ
(旧 「防水屋台村」建設中)
誰も居眠りしない講習会。
プロダクトアクシス5回アキ研修会35K 
鈴木哲夫講師の話に懸命にメモを取る60人の受講者。

「工事説明会の進め方、資料の上手な作り方」で2時間のホットなセミナー開催

改修工事技術者の底上げと、改修事業の健全な安定化の実現に向けて研究・支援活動を行っている「プロジェクトアシアス」が1月26日(火)18時30分から20時30分まで東京新宿区の日本青年館ホテルで第5会研究セミナーを開催した。

マンション改修工事では、工事着手前に、住民に対して工事の説明が行われる。その説明の内容は住民の立場に立ったものでなければならない。さもなければ質問が多くなり、また準備が不足していると答弁に困ることになる。説明が十分でないまま工事に入ると、後でトラブルになることもしばしば。
今回の研修セミナーでは、これまでの経験から「好ましい工事説明会の運営から説明内容および説明資料の作り方」について、詳細かつ具体的なテキストに添って鈴木哲夫氏が説明した。

プロジェクトアシアスはマンション改修を得意とする鈴木哲夫設計事務所の鈴木氏を中心に設計者、管理会社の技術者8名が2年前に立ち上げたコンサル・研究組織。第1回目のセミナー以来、具体的で即仕事に役立つ内容をテーマに選んで開催し、30人程度の受講者があった。参加者の評判が良く同じ会社での複数参加が増え、会場が手狭になってきたため、今回からより大きな会場を使用するようになった。

セミナーの概要は次のとおりだが、その前に
取材記者の驚き:2時間のセミナーで誰一人居眠りしていない。10分の休憩をはさんで前半60分、後半50分、誤差1分以内で話をまとめた。参加者全員がアンケートにキチンと記入した。居酒屋の反省会で乾杯の後、すぐアンケートを回覧し、次回の相談を始めた。


住民の立場に立った説明会とは
2010年 睦月January 1月27日(水曜日) 平成22年、S85年、T99年、M143年
旧暦:12月12日 大安  月齢10.8
チェコの300B 92.1K P1090217

チェコの300B 
GX200