FC2ブログ
(旧 「防水屋台村」建設中)
「今のしゃぶしゃぶコンクリートでも、やり方次第で百年持たせる事はできますよ」
穴沢 葬儀P1000503

通夜の後、酒をこよなく愛した故人を偲んで、杯を傾けながら、コンクリート打設や改修工法の技術論に花を咲かせる参列者たち。改修工事と樹脂注入施工会社の組織化に全力で取り組んだ人の通夜に相応しい、という気がしました。
 樹脂注入工事の施工者団体である、日本樹脂施工協同組合やATS協議会の理事を務め、エポキシ樹脂の低圧注入工法ミクロカプセル工法の普及と組織化に尽力した穴澤邦重氏(テクノポール)の通夜・告別式が1月21・22日東京・板橋区の戸田橋斎場で行われました。
 「穴澤氏は、面倒見のよい、周囲への気配りを忘れない人でした」。と参列者は一様に語ります。工事仲間、メーカー、ゼネコン、設計者はじめ、多くの人がお別れに集いました。
 斎場から浮間船渡の駅に付いた後、たまたま故人と親しかったS設計事務所の所長、コンクリート技術者のグループと同席しました。熱燗を頼んだ後故人の仕事ぶり、思い出を語り合った後、話した後はついつい今の建物の問題点に。

 80年前のコンクリート製の煙突の保存方法についての相談を発端に、コンクリート住宅を100年持たせる、いや200年だ。今のシャブシャブコンクリートでも、施工管理次第でそれは可能ーーーと、話題は展開。S氏は最近の現場で、でもそれを実施したそうだ。
 コンクリートの個人住宅で施主から100年以上持たせて欲しいと、求められた。で、どうしたかと言うと。

100年住宅実現のための施工管理

  
今日 は 1月22日(金曜)


旧暦 師走8日 先勝

MANX KITTEN(GF-1 zmaron 35 F3.5 )