(旧 「防水屋台村」建設中)
日本の防水材の技術は世界のどのレベルに?

 
 日本の建築防水材料・技術のレベルは世界のトップレベルにあります。何しろ先進国の中で、これほど降雨条件の厳しいところは少ないし、職人は器用だし、客もうるさいですからね。
 かつて20~30年前まではアメリカや欧州への防水視察旅行が盛んに行われていました。「もう学ぶものは無い」というのが大方のがここ10年来の認識でした。
でもそれは防水を提供する側からだけの見方だったのでは無いでしょうか? 世界最高レベルの材料と世界最高の施工技術がわが国に存在することは間違い無いでしょう。でも実際に行われた工事の結果は世界最高でしょうか?

 工事作業者は誰の方を向いて仕事をしているのでしょう? 工事の工期は、工賃は、材料費は?「納得できる防水工事をしたいと思っている、それだけの技能を持った職人」が「世界のトップレベルの防水工事」を実現できる環境に今の日本はあるのでしょうか?

2008年6月27日に行われたJWMAの総会nのパーティーで、で日本一の防水研究者である東京工業大学田中享二教授はこんな話をしました。私のメモによるとこんな内容でした。

-----


日頃防水研究に、また建築学会の研究活動に人的・経済的援助を頂いていることにまずお礼を申しあげたい。今世界の中で日本の防水材料はどんな水準にあるかと言うと、間違いなくトップレベルにあります。でそのトップレベルの中でも上に行ってるかというと、 行ってません。そに理由は今までの皆さんのやり方が、 まず設計者がいてゼネコンがいて、そしてメーカがいて、という形だったから、 材料開発が常に後追いの形で、行なわれることが多かった。自ら先に行くという習慣が無かったからではないと思います。
国内だけを考えていい時代ならそれで、いいのだが、世界水準に到達した今、やはりもう一歩先へ行く必要があると思う。先般防水の国際会議があった。もう少し先を行ってる世界があったのでその話をさせていただきましょう。

まず環境1.LCC―O2の問題にしてももっと、きちっとやろうと言う動きがある。 日本の防水も一時やりかけたが、腰砕けになってしまった。今CASBIE などによって建物の性能を総合的に評価しようとしてるんですが、 防水の部分は何か分かりにくい数字が入っているのが現状。これを何とかきちっとしなくちゃならない.先進国ではこの防水をはじめ、要素技術をちゃんと抑えている。

2.環境関係。材料を植物起源の材料で作ろうという研究が一部で進んでいる。今のところ大豆が主流になっている。燃料分野との奪い合いになるかも知れない。

3.防水のライフは20年から30年が標準になりつつある。そういう意味で瑕疵担保10年は時代の趨勢に合わないが法律が絡むと責任が重いので、同じ期間にするのはは難しい。

4.北米では耐風性能についてしっかりした材料を作っていこうとする動きが強まっている。我々も今皆さんのサポートを得て、 宮古島で実験を続けている。

5.一般的な工法として緑化は世界的トレンドになっている。ただ日本は値段に汲々としているが、 世界の先端は緑化屋根のファイアレジスタンスとウィンドレジスタンスの研究にまでシフトしている。 これはすなわち緑化は当然とした上で、もう一歩先のことを考えていることの現われだ。

6.アメリカ中心ではあるが、リフレクティングルフいわゆるクールルーフも積極的。 ただしヨーロッパはそれほど積極的ではない。