FC2ブログ
(旧 「防水屋台村」建設中)
建築物の漏水対策が必要なとき、まず「なぜ漏るんだろう?」と考えてしまう人のために。  雨仕舞博士と武相荘の茅葺き屋根を見てきました。
今、防水の研究に関する第一人者は東京工業大学の田中享二教授。雨仕舞の分野の第一人者は東海大学の石川廣三名誉教授http://pubweb.cc.u-tokai.ac.jp/hirozo/index.htm。と言って誰からも異論は出ないでしょう。旧白州次郎・正子邸:武相荘の茅葺き屋根を石川廣三先生と見に行きました。幸い良い具合に雨が降っています。
茅葺き屋根から学ぶ雨仕舞の智恵は本ルーフネットの大事なテーマの一つです。その石川先生と一緒に見に行くように薦めてくれたのが、田中享二先生です。田中先生も防水の一環として葺き屋根を研究しておられます。英国の葺き屋根の技術や職人養成の調査報告も有り、「茅葺き屋根を見るのは雨の日に限る。私は調査に行くとき必ず天気予報を見て、雨の日に行きます。」と言っています。田中先生の英国の葺き屋根の楽しいフォトライブラリーは、防水専門雑誌「月刊防水ジャーナル」のバックナンバーで見る事ができます。

写真は武相荘の庇部分です。1本1本の茅を伝って、雨が落ちてくるのが見えます。石川先生の解説によると、どんなに激しい雨の時でも、浸透するのは表面からせいぜい5センチくらいだそうです。約30センチの厚みの内たった5センチが直接雨仕舞として機能している訳ですね。いつも雨が浸透している部分は黒く変色し、波状の筋が見えるのですが、武相荘の屋根は全面葺き替えからまだ1年経っていませんから、 はっきりした筋は見えません。歳がたつと茅がつぶれてフェルト状になり、雨仕舞の機能が無くなってしまいます。
次の雨の日に、この屋根の構造をオーナーに詳しく聞いてきます。ROOF-NET編集室の近辺にはまだ茅ぶき屋根の民家が現役で残っています。今後、両先生の指導を受けながら、取材して行きます。

この写真はH教授こと石川先生が愛車で伊豆を走ったときのもの。次のサイトで詳しくみられます。
http://members.jcom.home.ne.jp/biruge/index.htm

* おすすめ資料:石川・田中対談「これからの屋根のゆくえー勾配屋根と雨仕―」防水ジャーナル1992年4月号。