FC2ブログ
(旧 「防水屋台村」建設中)
2019年 雨水アイデアコンテスト表彰&シンポジウム
「あなたのくらしに雨水を」

NPO雨水まちづくりサポートは、気候変動が身近な脅威となってきた今、個々の家で実践している雨水活用の取り組みや、将来に向けた施設(敷地を含む)やまちづくりのアイデアなど、考えられる雨との賢いくらし方の提案を募集した。その結果、全国9都府県から36作品の応募があり、審査結果と受賞作品を公表した。また、12月22日(日)、東京・日比谷の日比谷図書文化館 大ホール(東京都千代田区日比谷公園1-4)で、2019年 雨水アイデアコンテスト表彰&シンポジウムを開催する。
https://amemachi.org/blog/2019/12/15/

雨樋アート (1)
雨樋アート (2)


テーマA. 雨となかよくくらすために「家でできること」 (応募11件)

最優秀賞
012「生き物と暮らすわが家での雨水タンクの利用」
友井真人、友井まりあ(10歳)、友井真之(6歳)・東京都町田市
テーマB. 雨となかよくくらすために「建物・敷地でできること」 (応募19件)
最優秀賞
010「Eat Rein」
河原デザイン・アート専門学校A(玉城萌、中村拓海、近藤悠斗、片山奈奈枝、深川貴教、古川華子、上野駿、徳永真、宮内俊介、出口那生、渡邉千俊)・愛媛県松山市
優秀賞
028「雨の流れを楽しく魅せる『雨樋アート』」
阿野晃秀、鍛冶寛太郎、後藤美森、伊庭榛菜、鈴木彩、野田和弥、橋本亜希、三宅勇輝、尾西良太、福田洋次郎、武山祐輝・京都府亀岡市
テーマC. 雨となかよくくらすために「まちでできること」 (応募6件)
最優秀賞
029「Rain Hammock(レインハンモック)−屋上を利用した簡易型 集雨、貯水システムの提案」
梶川伸二・京都府京都市
特別賞
水への思いを形にしているで賞 002 テーマA 光川 淳・兵庫県西宮市
雨水で人生が輝いているで賞 004 テーマA 藤井浩一、あまみず社会研究会、水と緑の楽校・福岡県福岡市
狭くてもたまるで賞 021 テーマB 株式会社基住・兵庫県尼崎市
雨水で避難生活を明るくしま賞 011 テーマC 河原デザイン・アート専門学校B(藤岡俊樹、玉城萌、小澤功雅、山内みなみ、中村龍哉、堺文哉、壷内望、東大樹)・愛媛県松山市





「あなたのくらしに雨水を」アイデアコンテスト表彰シンポジウム
日時:12月22日(日)13:00~16:00 
会場:日比谷図書文化館 大ホール (東京都千代田区日比谷公園1-4)
定員:200名(申し込み不要。直接会場に)
参加費:1,000円

主催:特定非営利活動法人雨水まちづくりサポート
後援: 国土交通省(予定)、日本建築学会あまみず普及小委員会、NPO法人雨水市民の会、公益社団法人雨水貯留浸透技術協会、下水道広報プラットホーム
【プログラム(予定)】
12:30 開場
13:00 挨拶:国土交通省水資源部
13:10 パンフレット「あなたのくらしに雨水を」解説およびコンテスト趣旨説明
13:20 コンテスト結果発表と表彰
13:35 受賞者プレゼンテーション
14:30 休憩
14:45 審査員コメント&ディスカッション「あなたのくらしに雨水を〜コンテスト講評と今後に向けて」
コーディネーター:神谷博(雨水まちづくりサポート理事長)
コメンテーター(敬称略):井上洋司、屋井裕幸、栗原秀人、冨田学、鳥越けい子、山本耕平
15:45 閉会挨拶
16:00 終了





↓ ほぼ週刊ウェブマガジン「ルーフネット」最新号 はこちらへ。
ホムペはこちら


防水の歴史を探る「JWHA日本の防水歴史研究会」
*「ルーフネット」は日本の世界の防水に関する記録の初見を求めて日本書紀や聖書などを調べています。2020年の近江神宮燃水祭は7月7日。 黒川燃水祭は7月1日です
「あなたのくらしに雨水(あまみず)を」アイデアコンテスト
募集期間:2019年11月1日〜11月30日


モノトーンのチューリップA7R00762



豪雨による災害が多くなる中、一人一人にできることは何?
2014年に「雨水の利用の推進に関する法律」が施行され、雨を活かし、賢く向き合うくらし方がますます重要になってきた。

国土交通省水資源部が発行したパンフレット「あなたのくらしに雨水をー雨水活用のススメ」に示された視点に注目し、NPO法人雨水まちづくりサポートが、これに対するアイデアコンテストを企画した。
パンフレットは→http://www.mlit.go.jp/mizukokudo/mizsei/mizukokudo_mizsei_tk1_000053.html


家、建物・施設、まち、それぞれの規模でできる取り組みを考え、アイデアを求めている。

対象:
1)ジュニア部門(中学生以上)
2)一般部門(18歳以上)


募集期間:2019年11月1日〜11月30日
対象:1)ジュニア部門(中学生以上)2)一般部門(18歳以上)
形式:自由表現(文章、フリーハンドスケッチ、図面、彩色イラスト等)
結果発表:12月中旬にウェブサイトにて結果発表後、12/22に開催のシンポジウムにて優秀者のプレゼンテーションと表彰を行う主催:NPO法人雨水まちづくりサポート(https://amemachi.org/)
後援:国土交通省(予定)、雨水ネットワーク、日本建築学会あまみず普及小委員会、NPO法人雨水市民の会、公益社団法人雨水貯留浸透技術協会、下水道広報プラットホーム






↓ ほぼ週刊ウェブマガジン「ルーフネット」最新号 はこちらへ。
ホムペはこちら


防水の歴史を探る「JWHA日本の防水歴史研究会」
*「ルーフネット」は日本の世界の防水に関する記録の初見を求めて日本書紀や聖書などを調べています。2020年の近江神宮燃水祭は7月7日。 黒川燃水祭は7月1日です
水の学校
雨とニオイと下水道 ~写真家が肌で感じた世界~
2019. 9.21(土) に武蔵野市で 特別講座

448水の学校 


以下パンフより

わたしたちの誰もが深く関わり、恩恵を受けている「水」は、どこから来てどこへ行くのでしょうか。 「水の学校」は、くらしの中の身近な水循環、下水道の役割、 水に親しみ水を楽しむ知恵、そして世界規模の水課題、 地球全体の水循環まで、水をとりまくさまざまなテーマをとりあげ、 楽しみながら考えを深め、行動へつなげる講座です。 もっと水を知ることで、地域や地球の新しい姿をいっしょに見つけましょう!
講 師:白汚 零 氏 下水道、水道管や鍾乳洞等を撮影し続ける写真家。高知県生まれ。東京写真専門学校卒業後、スクール・オブ・ビジュアルアーツ(ニュー ヨーク)に全額費奨学生として入学。芸術学士号(BFA)取得。ヘリオギャラリー(ニューヨーク)主催国際写真コンペティション最優 秀賞受賞。帰国後フリーランスカメラマンとなる。富士フォトサロン新人賞受賞。上野彦馬賞日本写真芸術学会奨励賞受賞。写真集に「地 下水道」「胎内都市」がある。

時間 13:30~16:00(開場13:00) 会場 武蔵野クリーンセンター 管理棟 見学者ホール (武蔵野市緑町3-1-5、市役所北隣) 定員 90名(当日先着順)

下水道写真家 白汚零氏の作品撮影エピソードを通し、 普段目にする機会がない下水道の世界を紹介します。市 からは地域と共に取り組んでいるまちなかの臭気対策の お話をします。

【問合せ】武蔵野市環境部下水道課水循環推進係「水の学校」担当
℡0422-60-1867 fax0422-51-9197
Email SEC-GESUIDOU@city.musashino.lg.j



↓ ほぼ週刊ウェブマガジン「ルーフネット」最新号 はこちらへ。
ホムペはこちら


防水の歴史を探る「JWHA日本の防水歴史研究会」
*「ルーフネット」は日本の世界の防水に関する記録の初見を求めて日本書紀や聖書などを調べています。2020年の近江神宮燃水祭は7月7日。 黒川燃水祭は7月1日です
雨水活用建築の実践・活用めざし講習会

「日本建築学会環境基準 雨水活用建築ガイドライン (AIJES-W0002-2019)」 改定講習会

neji A7R08080


東 京 2019年 3月 1日 (金) 東京・田町 建築会館ホール
主催 日本建築学会 環境工学委員会
http://www.aij.or.jp/jpn/symposium/2019/190301aijes.pdf


700プログラム

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
2014年、“雨水(あまみず)”の利用を推進することで、水資源の 有効な利用を図り、あわせて下水道、河川等への雨水の集中的な流出 の抑制に寄与することを目的として「雨水の利用の推進に関する法律」 が施行された。
2015年には、国土形成計画、第4次社会資本整備重点計画におい て、「国土の適切な管理」「安全・安心で持続可能な国土」などの課 題への対応のひとつとして、自然の力を賢く活かす“グリーンインフ ラ”を推進していくことが盛り込まれた。
2016年には、“雨水を蓄える”「蓄雨(ちくう)」という新たな概 念を掲げ、建築用途別での実践すべき雨水活用の内容やその評価方法 などについて数値基準を示した「日本建築学会環境基準 雨水活用技 術規準(AIJES-W0003-2016 )」が発行された。

ここ数年、気象状況も変化しており、“平成29年7月九州北 部豪雨”、“平成30年7月豪雨”など、これまでに経験したことのな い局所的集中豪雨や地震災害が多発し、防災・減災の観点でも、雨水 活用が注目されている。 このように、“雨水活用”を取り巻く社会環境や自然環境が急速に 変化している。このような変化に対応し、より多くの雨水活用建築 が実践され、普及していくために、この度、本ガイドラインの改定を 行った。

当講習会は、改めて本ガイドラインの目的や概要の説明ならびに、 設計・製品・施工・運用各章での改定ポイントやその背景等を解説す ることで、本ガイドラインの理解を深め、より多くの雨水活用建 築が実践されることを目的として開催する。 (主催者・日本建築学会 環境工学委員会 による開催趣旨より)
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

↓ ほぼ週刊ウェブマガジン「ルーフネット」最新号 はこちらへ。
ホムペはこちら


防水の歴史を探る*「ルーフネット」は日本の世界の防水に関する記録の初見を求めて日本書紀や聖書などを調べています。「日本の防水歴史研究会」
2019年の近江神宮燃水祭は7月5日。 黒川燃水祭は7月1日です
第2回 雨水検定    
8月6日に初級検定実施

雨水検定P7150157
2011年に雨水活用建築ガイドラインが発刊されて後、「雨水の利用の推進に関する法律」、「水循環基本法」の施行や「雨水の利用の推進に関する基本方針」の制定、さらには自然の力を賢く活かす“グリーンインフラストラクチャー”という考え方が国策に取り入れられる等、“雨水”を取り巻く社会環境が急速に変化している。
日本建築学会環境工学委員会水環境運営委員会と協力してと協力して「雨水活用建築ガイドライン」の制定、雨水勝利活用などの活度を続けている、NPO雨水まちづくりサポートが、8月1日「水の日」 の第2回雨水検定など、雨水利活用の関する様々なイベントを計画している。

市民の会20180317-3[1] (2)
「日常生活の中で水のめぐり、水とのつながりを意識する機会を増やしていければと思っています。」というNPO雨水まちづくりサポートの笹川みちる氏。(写真は昨年3月の建築学会・雨水活用シンポジウムで撮影)
----------------------
【1】8/6(月)申込受付中!:第2回「雨水検定(初級)」
【2】8/14(火)15(水):キッズジャンボリー2018でのワークショップ開催
【3】8/25(土)シンポジウム&ブース展示:雨水ネットワーク全国大会「雨を活かす 人へ 未来へ」
【4】9/12(水)雨タスサロン『雨+絵本』(話し手:南昌子さん(雨水市民の会理事・雨の絵本ひろば担当)
-------------------------------------------

  

↓ ほぼ週刊ウェブマガジン「ルーフネット」最新号 はこちらへ。
ホムペはこちら


防水の歴史を探る*「ルーフネット」は日本の世界の防水に関する記録の初見を求めて日本書紀や聖書などを調べています。「日本の防水歴史研究会」
2019年の近江神宮燃水祭は7月5日。 黒川燃水祭は7月1日です。