FC2ブログ
(旧 「防水屋台村」建設中)
屋根工事業のドローン活用
屋根経済新聞が実態調査
点検で受注成約は6割

ドローンかっと
写真はイメージです。



災害時のドローン活用が目立っている。一方ドローンを使って屋根点検を行う工事業者も増えている。屋根工事におけるドローン点検の結果、その後どの程度受注に結びついているのか。屋日本屋根済新聞が今年初め、屋根工事業者を対象に「ドローンの活用」についてアンケート調査を実施、有効回答数174件の結果を発表した。 (2019年9月18日・第1619号)。

主な結果は次の通り

ドローンに興味があるか?
ある  64.1%
ない  31.2%
その他 4.7%

ドローンを導入したか?
した 26.1%
検討中 25.4%
しない 48.5%

ドローンでの点検結果
受注した 64.7%
受注なし 14.7%
その他 20.6%




・「興味がある」が年商規模3億円以上では9割近くが興味あり、1億円以下でも6割に達する。
・現在のドローンに対する満足度では、ほぼ満足(65%)、満足(13%)を合わせると8割近くが満足している。
・ドローン講習会の受講経験については、ありが15%、受講せずは70%。

このアンケートで、同紙は、「ドローンを受注活動に活用している工事業者が多い。屋根のリフォームに際し、施主向けの新しい提案方法として注目されており、今後有力な点検・販促ツールとし定着しそうな気配だ」としている。

詳細は同紙へ。
http://www.yanet.co.jp/book/paper.html




↓ ほぼ週刊ウェブマガジン「ルーフネット」最新号 はこちらへ。
ホムペはこちら


防水の歴史を探る「JWHA日本の防水歴史研究会」
*「ルーフネット」は日本の世界の防水に関する記録の初見を求めて日本書紀や聖書などを調べています。2020年の近江神宮燃水祭は7月7日。 黒川燃水祭は7月1日です
ドローンを活用した降灰量調査
降灰マーカーとドローンを活用した降灰量調査
火口周辺の降灰の量を素早く判断

600マーカー

 国土交通省は、11月5日、霧島連山で降灰量把握の試験開始した。
国交省が火山灰による土石流対策の一環として行うもので、「降灰マーカー」といわれるプレートとドローンを用いた試み。

火山噴火時の降灰により土石流が発生する危険性が高まった場合、土砂災害防止法に基づく緊急調査を実施し、市町村が適切に避難指示の判断を行えるよう、土砂災害による被害の想定される区域・時期の情報(土砂災害緊急情報)が提供される。 緊急調査では、火山灰の堆積状況の把握が必要だが、噴火警戒レベルの引上げ等による立入規制で特に火口周辺の降灰量調査が困難となる場合がある。
このため、立入規制区域内での降灰量調査手法の検討を行い、この度、降灰マーカー等を用いた降灰量調査を阿蘇山と霧島山で試行的に実施した。。

将来的には適切に降灰マーカー等を設置しておくことで、遠隔地からの無人航空機(UAV)による安全かつ迅速な調査を行うことができ、市町村への土砂災害緊急情報の迅速な提供が可能となる。

霧島市の山中に設置されたプレートは50センチ角、1センチから3センチまでの色や形が違う複数の突起が付いている。
プレートの上に積もった火山灰の状況を、突起の埋もれ具合から判断し、30メートル上空からドローンを使って降った火山灰の量を確認するというもの。
プレートとドローンを併用することで、噴火の影響で立ち入りができない場所でも、詳細なデータを得ることが可能になる。遠隔地から安全、迅速に降灰量を把握できるため、土石流発生の危険地域では市町村が避難指示を出す際の判断材料となる。

この取り組みは試験的なもので、国土交通省は今後、本格的に進める方針。
山間部に降り積もった火山灰は、土石流につながるおそれがあるため、国土交通省は3年ほどかけてプレートの耐久性を検証したうえで、今後得られるデータを活用するなどして、住民の避難対策に生かしたいとしている。


↓ ほぼ週刊ウェブマガジン「ルーフネット」最新号 はこちらへ。
ホムペはこちら


防水の歴史を探る「JWHA日本の防水歴史研究会」
*「ルーフネット」は日本の世界の防水に関する記録の初見を求めて日本書紀や聖書などを調べています。2020年の近江神宮燃水祭は7月7日。 黒川燃水祭は7月1日です
建築ドローン標準業務仕様書(案)初版
JADA(一社日本建築ドローン協会)が点検・調査で仕様書作成

JADA_2019101315521182b.png


日本建築ドローン協会(本橋健司会長)は、実際にドローンを建築物の点検や調査に利用する際の標準的な方法を定めた「建築ドローン標準業務仕様書(案)~点検・調査編~」を制定、2019年10月2日、同協会ホームページ https://jada2017.org/ 上で公開した。
同仕様書は、建築物に関わるドローンを利用した点検・調査業務の発注の際に用いることを念頭に置いて作られており、発注者がドローンを使用する受注者に対して指示する事項を定めている。
その運用に関して、同協会では、次のように述べている。


一般社団法人日本建築ドローン協会(JADA)は、2018年9月に「建築物へのドローン活用のための安全マニュアル」を作成し、「建築ドローン安全教育講習会」のテキストとして利用することで、ドローンを活用される方々に建築物の施工管理や点検調査における安全運用について教育・普及活動をしてきました。

一方で、最近では安全マニュアルから一歩踏み込んだ業務の内容まで含めたマニュアルを求める声も聞こえてきました。これより、建築の各種業務においてドローンを利用するための標準となる業務仕様を提示しておくことが必要となりました。
そこで、JADAは、その第一歩として、2019年9月に「建築ドローン標準業務仕様書(案)【点検・調査編】」を制定しました。本仕様書(案)は、実際にドローンを建築物の点検や調査に利用する際の標準的な方法を定めたものであり、建築物に関わるドローンを利用した点検・調査業務の発注に用いることを念頭に、発注者がドローンを使用する受注者に対して指示する事項を定めております。また、本仕様書(案)はドローンを安全に利用するための基礎的事項を定めたものであり、関係するすべての方々の参考となると考えおります。



建築ドローン標準業務仕様書(案)初版 目次ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
目次 2
-------

仕様書の一部。第1章5項の」「ドローン点検・調査の実施組織」の、①ドローン点検・調査の実施組織の構築、②建築ドローン飛行管理責任者の能力と職務追行責任、③建築ドローン飛行管理責任者の権限と制限、野部分を紹介する。----------
naiyou1
naiyou2 ---------------------------------


建築ドローン標準業務仕様書(案)初版作成委員会のメンバーは以下。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
委員名簿 2-----------------------------------------------------



↓ ほぼ週刊ウェブマガジン「ルーフネット」最新号 はこちらへ。
ホムペはこちら


防水の歴史を探る「JWHA日本の防水歴史研究会」
*「ルーフネット」は日本の世界の防水に関する記録の初見を求めて日本書紀や聖書などを調べています。2020年の近江神宮燃水祭は7月7日。 黒川燃水祭は7月1日です
JADA 第 4 回建築ドローン技術セミナ
JADA
第 4 回建築ドローン技術セミナ-開催

JADA.jpg



○ 開催日時:2019年9月25日(水曜日)
○ 開催場所:エッサム神田ホール2号館 6階 2-601中会議室(東京都千代田区内神田3-24-5)
○ 次 第
 13:00 受付開始
 13:30 主催者挨拶
 13:40 講演
        「デジタル技術を活用した外壁調査等の効率化」
          国土交通省 国土技術政策総合研究所 住宅研究部
          住宅ストック高度化研究室 主任研究官  三島 直生 氏
        「ドローンデジタルプラットフォームの現在と未来」
          東北大学大学院 工学研究科 都市・建築学専攻
          都市・建築デザイン学講座 助教  藤山 真美子 氏
        「南極観測隊でのドローンの活用事例」
          株式会社四門 UASオペレーションリーダー 齊藤 晃紀 氏



【第 4 回建築ドローン技術セミナー】
講演者と 発表概要 (敬称略)

①講演: デジタル技術を活用した外壁調査等の効率化
三島 直生 (国土交通省 国土技術政策総合研究所 住宅研究部 住宅ストック高度化研究室 主任研究官)

近年のデジタル技術の進歩は目覚ましく、これまでは不可能であると思われていた高度な処理が速く、安く、容易に実現できるようになってきている。一方で、これらの最新技術の現場への適用がなかなか進まない状況も散見され、その原因の 1 つとして、IT
技術者と各分野の実務者のコミュニケーション不足が挙げられる。本講演では、昨年度実施された開発研究を中心に、AI による画像診断、デジタル画像相関法、AR、リアルタイム流動解析、の各テーマに関する開発技術の概要と開発に至った経緯を紹介。

②講演: ドローンデジタルプラットフォームの現在と未来
藤山 真美子 (東北大学大学院 工学研究科 都市・建築学専攻 都市・建築デザイン学講座 助教)

近年、建設現場の生産性の低迷や建設労働力の不足といった課題を背景として iConstruction の推進が注目されています。自動化や IoT(Internet of Things)による建設分野の生産性向上は、少子高齢化が進む日本における喫緊の課題であり、ドローンも同
フィールドを支える新技術として、今後の活躍が期待される。講演では、ドローンによるモニタリングによって建築分野における物理情報とデジタル情報の統合化を促進するためのデジタルプラットフォームの現在と未来について紹介。

③講演: 南極観測隊でのドローンの活用事例
齊藤 晃紀 (株式会社四門 UAS オペレーションリーダー)

南極の観測においても撮影、測量などでドローンの活用が期待されています。南極における実際のドローンの利活用とその利用する様々な環境について説明。また、今後の観測隊での期待されている分野と 60 次隊でまだ一般公開していない撮影映像、そして、テレビなどで時々紹介される昭和基地の建物や生活などについてもあまり知られていない部分に焦点を当てて紹介した。


 第5回 建築ドローン安全教育講習会
JADAがさいたま市で9月26日

7StoP8020006.jpg





一般社団法人 日本建築ドローン協会(JADA)は、2019年9月26日、建築分野におけるドローン活用の高まりに対応すべく、第5回建築ドローン安全教育講習会をさいたま市のスクエアJSで実施する

 ドローンが建築物の施工管理・点検調査等への活用の期待から実際の業務として使用され始めています。日本建築ドローン協会(JADA)は、建築物を対象にドローンを活用する上で必須となる、国土交通省航空局が定める飛行ルールに加えて、ドローンの活用に関わる基礎知識や、建築物の施工管理・点検調査におけるドローンの安全活用を解説した「建築物へのドローン活用のための安全マニュアル」を作成し、昨年9月より安全教育講習会を実施し、これまで143人が講習会を受講し、「建築ドローン安全教育講習修了証」が交付されている。

建築物の施工管理や点検調査においてドローン技術の適用・運用に直接的に携わる技術者のみならず、広く建築ドローンに関わる人たちを対象としている。

:::::::::::::::::::::::::
第5回 建築ドローン安全教育講習会
【主  催】一般社団法人 日本建築ドローン協会
【後  援】(一社)日本建築学会、日本建築仕上学会、(一社)住宅瑕疵担保責任保険協会、
      (一社)住宅生産団体連合会、(一社)日本建設業連合会、(公社)ロングライフビル推進協会、
      (一社)日本UAS産業振興協議会、(一社)日本ドローンコンソーシアム、(一社)日本ドローン無線協会
【講習形式】座学による講習
【日  時】2019年9月26日(木) 9:30~17:00(受付9:00~)
【開催場所】スクエアJS 
      〒338-0837 埼玉県さいたま市桜区田島7-2-3(JR武蔵野線 西浦和駅徒歩3分)
【対 象 者】建築物の施工管理、点検調査等におけるドローンの活用と安全管理に携わる者
      (年齢20歳以上、資格・経験は不問。)
【C P D】建築CPD情報提供制度認定プログラム【4点】
【講習内容】ドローンの概論、法律、ドローン技術と安全運用、
      ドローンを活用した建築物の施工管理、点検調査等における安全対策
【受 講 料】日本建築ドローン協会会員2万円(税込)/1名、 非会員4万円(税込)/1名
      (教材:講習日配布の「建築物へのドローン活用のための安全マニュアル」を含む)
【定  員】30名
【申込〆切】2019年9月13日(金)





↓ ほぼ週刊ウェブマガジン「ルーフネット」最新号 はこちらへ。
ホムペはこちら


防水の歴史を探る「JWHA日本の防水歴史研究会」
*「ルーフネット」は日本の世界の防水に関する記録の初見を求めて日本書紀や聖書などを調べています。2020年の近江神宮燃水祭は7月7日。 黒川燃水祭は7月1日です


JADA 第 4 回建築ドローン技術セミナー
 ドローンデジタル、南極観測 などテーマに

448JADA gijyutsu セミナー

講演者 と発表の概要(JADAのHPより)

①講演: デジタル技術を活用した外壁調査等の効率化

三島 直生 氏 (国土交通省 国土技術政策総合研究所 住宅研究部
住宅ストック高度化研究室 主任研究官)

近年のデジタル技術の進歩は目覚ましく、これまでは不可能であると思われていた高
度な処理が速く、安く、容易に実現できるようになってきています。一方で、これらの最
新技術の現場への適用がなかなか進まない状況も散見され、その原因の 1 つとして、IT
技術者と各分野の実務者のコミュニケーション不足が挙げられます。本講演では、昨年度
実施された開発研究を中心に、AI による画像診断、デジタル画像相関法、AR、リアルタ
イム流動解析、の各テーマに関する開発技術の概要と開発に至った経緯をご紹介いたし
ます。


②講演: ドローンデジタルプラットフォームの現在と未来

藤山 真美子 氏 (東北大学大学院 工学研究科 都市・建築学専攻
都市・建築デザイン学講座 助教)

近年、建設現場の生産性の低迷や建設労働力の不足といった課題を背景として i-
Construction の推進が注目されています。自動化や IoT(Internet of Things)による建

設分野の生産性向上は、少子高齢化が進む日本における喫緊の課題であり、ドローンも同
フィールドを支える新技術として、今後の活躍が期待されています。本講演では、ドロー
ンによるモニタリングによって建築分野における物理情報とデジタル情報の統合化を促
進するためのデジタルプラットフォームの現在と未来について紹介します。


③講演: 南極観測隊でのドローンの活用事例
齊藤 晃紀 氏 (株式会社四門 UAS オペレーションリーダー)

南極の観測においても撮影、測量などでドローンの活用が期待されています。南極にお
ける実際のドローンの利活用とその利用する様々な環境についてご説明いたします。ま
た、今後の観測隊での期待されている分野と 60 次隊でまだ一般公開していない撮影映像
を紹介します。そして、テレビなどで時々紹介される昭和基地の建物や生活などについて
もあまり知られていない部分に焦点を当ててご紹介したいと思っております。



↓ ほぼ週刊ウェブマガジン「ルーフネット」最新号 はこちらへ。
ホムペはこちら


防水の歴史を探る「JWHA日本の防水歴史研究会」
*「ルーフネット」は日本の世界の防水に関する記録の初見を求めて日本書紀や聖書などを調べています。2020年の近江神宮燃水祭は7月7日。 黒川燃水祭は7月1日です
第4回 建築ドローン安全教育講習会
受講者に「建築ドローン安全教育受講修了証」
第4回 建築ドローン安全教育講習会

JADA_2019071600385958f.png



【主  催】一般社団法人 日本建築ドローン協会
【講習形式】座学による講習
【日  時】2019年7月25日(木) 9:30~17:00(受付9:00~)
【開催場所】日本教育会館 7階 703会議室
      〒101-0003 東京都千代田区一ツ橋2-6-2
【対 象 者】建築物の施工管理、点検調査等におけるドローンの活用と安全管理に携わる者
      (年齢20歳以上、資格・経験は不問。)
【C P D】建築CPD情報提供制度認定プログラム【4点】
【講習内容】ドローンの概論、法律、ドローン技術と安全運用、
      ドローンを活用した建築物の施工管理、点検調査等における安全対策
【受 講 料】日本建築ドローン協会会員2万円(税込)/1名、 非会員4万円(税込)/1名
      (教材:講習日配布の「建築物へのドローン活用のための安全マニュアル」を含む)

以下JADAによる「建築ドローン安全教育講習会」の位置付け

ドローンが建築物の施工管理・点検調査等への活用の期待から実際の業務として使用され始めています。そこで当協会では、建築物を対象にドローンを活用する上で必須となる、国土交通省航空局が定める飛行ルールに加えて、ドローンの活用に関わる基礎知識や、建築物の施工管理・点検調査におけるドローンの安全活用を解説した「建築物へのドローン活用のための安全マニュアル」を作成し、昨年9月より安全教育講習会を実施して参りました。
 これまで本講習会では多数の方々が受講され、受講を修了された方から業務で本マニュアルを活用されているとの報告を受けております。このように建築分野におけるドローン活用の高まりに対応すべく、本年度も第4回建築ドローン安全教育講習会を実施いたします。
 建築ドローン安全教育講習会を修了された受講者に対しては、「建築ドローン安全教育受講修了証」を発行致します。建築物の施工管理や点検調査においてドローン技術の適用・運用に直接的に携わる方のみならず、建築ドローンに関わる幅広い皆様を対象としています。



【今後の開催スケジュール】
2019年
 7/25(木)終日 : 第4回 建築ドローン安全教育講習会(東京開催)
 9/25(水)PM : 第4回 建築ドローン技術セミナー(東京開催)
 9/26(木)終日 : 第5回 建築ドローン安全教育講習会(東京近郊開催)
 9/27(金)終日 : 第1回 建築ドローン安全教育講習レベルアップ研修会(東京近郊開催)
 10/17(木)PM : 第4回 建築ドローン技術セミナー(名古屋開催)
 10/18(金)終日 : 第6回 建築ドローン安全教育講習会(名古屋開催)
 11/21(木)終日 : 第7回 建築ドローン安全教育講習会(東京近郊開催)
 11/22(金)終日 : 第2回 建築ドローン安全教育講習レベルアップ研修会(東京近郊開催)
2020年
 2/14(金)終日 : 第8回 建築ドローン安全教育講習会(東京開催)



↓ ほぼ週刊ウェブマガジン「ルーフネット」最新号 はこちらへ。
ホムペはこちら


防水の歴史を探る「JWHA日本の防水歴史研究会」
*「ルーフネット」は日本の世界の防水に関する記録の初見を求めて日本書紀や聖書などを調べています。2020年の近江神宮燃水祭は7月7日。 黒川燃水祭は7月1日です