(旧 「防水屋台村」建設中)
「ものづくり・匠の技の祭典2017」
東京国際フォーラムで3日間
「ものづくり・匠の技の祭典2017」


防水コーナーも大賑わいDSC00042
防水コーナーも大賑わい

衣食住あらゆる分野で日本を支える伝統的な匠の技と最先端のものづくり技術の魅力を発信する「ものづくり・匠の技の祭典2017」が、8月9日(水)~11日(金・祝)の3日間、東京国際フォーラムで開催された。主催は東京都。地下2階のメイン会場では、東京都等の技能士会連合会、職業能力開発協会に参画している団体がそれぞれ嗜好を凝らして出展した。ブースではさまざまな職種のものづくりを体験する親子の姿が多く見られた。 また実演や鑑賞、商品を購入することもでき、盛りだくさんの内容で、会場は賑わいを見せていた。

この祭典は、日本のものづくりを支え、伝統を継ぐ約80団体が、衣・食・住・工・伝統工芸・全国のゾーンに分かれ、匠の技術の実演や逸品の展示紹介するもの。建築関連では、防水、大工、左官、瓦、タイル、板金などの技術が紹介された。
夜のニュースDSC00083
kawara shounenn (1)


また期間中は、ステージ上にてさまざまなイベントが開催される。オープニングイベントでは国内外で活躍する左官職人の「挾土秀平」氏が、匠の技を披露、初日夜のTVニュースでも紹介されていた。

suzuki.jpg
kawakami.jpg
uchida.jpg
ウレタン防水材を使用した携帯ストラップ造りが人気

防水関係では、東京都の委託を受け昭和52年度より防水工事施工職種の技能検定実技試験を実施し、下部組織である「東京都塗膜防水技能士会」が講習会を行い優秀な防水施工技能士を育てている東京都塗膜防水技能検定協議会などが20名のスタッフの協力を得て参加した。
その他、主な建築仕上げ関係の参加は以下の通り。

左官 :東京都左官組合連合会 左官の最高級の上塗りに属する「大津磨き仕上げ壁」の構造体を展示。匠による現代大津磨きの実演、塗り壁体験、光る泥団子づくり体験。
板金: 東京都板金工業組合 東京都建築板金技能士会 金属の展性・延性を生かした板金技術による作品の実演、展示、販売。板金工具を使ったホイッスル、レリーフ製作。
かわらぶき :東京都かわらぶき技能推進協議会 『KAWARA』は1400年の歴史ある屋根材。かわらぶきマイスターが2級技能検定内容を実演。実際の瓦で施工体験。
塗装 : 東京都塗装工業協同組合 建物は塗装を施すことで保護されている。塗装職人の技と、機能性塗料・高意匠性塗料など多種多様な塗装を展示
タイルアート :東京都タイル技能士会 タイルは数千年前のエジプトピラミッドの装飾に遡る歴史的な建材・意匠材である。モザイクアート、世界で1つのマイ・タイルアートを体験。
内装 : 東京内装仕上技能士会 内装仕上げの技能は、建設現場で壁紙やプラスチック製床材、カーテン等を施工するときに使われる。プロの指導で体験工作。インテリア雑貨販売。



↓ ほぼ週刊ウェブマガジン「ルーフネット」最新号 はこちらへ。
ホムペはこちら




防水の歴史を探る*「ルーフネット」は日本の世界の防水に関する記録の初見を求めて日本書紀や聖書などを調べています。「日本の防水歴史研究会
第 17 回司法支援建築会議講演会 「躯体を巡る建築紛争の実態と対応」
「構造スリット」などを含めて広く 議論

akebiPA040066.jpg


日本建築学会司法支援建築会議は建築物を支える「躯体」に関して設計責任・施工者責任・監理者責任 の観点から、建築紛争の実態と紛争につながる不具合事象について「構造スリット」などを含めて広く 議論を行うため、講演会を開催する。

主 催:日本建築学会 司法支援建築会議運営委員会普及・交流部会
日 時:2016 年 11 月 28 日(月)13:30~17:30
会 場:建築会館ホール(東京都港区芝 5-26-20)
プログラム: (敬称略)
司 会 宮内 靖昌(普及・交流部会/大阪工業大学)

1.開会挨拶13:30~13:35 辻本 誠 (司法支援建築会議運営委員会委員長/東京理科大学)
2.主旨説明13:35~13:45 井上 勝夫 (司法支援建築会議 普及・交流部会長/日本大学)
3.基調講演「近年の建築紛争の実態」13:45~14:25 齋藤 大(東京地方裁判所民事 22 部判事/裁判官)
4.主題解説(躯体を巡る建築紛争の実態と対応)
4-1 構造に関する設計者・施工者・監理者の責任14:30~15:00 大森 文彦(東洋大学法学部教授/弁護士)
4-2 構造設計における建築紛争の要因15:00~15:30
金箱温春( かねばこ よしはる )(工学院大学教授/金箱構造設計事務所 代表取締役)
4-3 施工不良を巡る建築紛争の実態15:30~16:00
宮本 慶中 けいちゅう (構造企画KDM代表/一級建築士)
4-4 構造における工事監理者の責任16:00~16:30 柴田 亮子(司法支援建築会議 調査研究部会/弁護士)

(休憩)

5.総合討論16:40~17:25 進行:一瀬 賢一(普及・交流部会/大林組)
6.まとめ・閉会17:25~17:30 山本 康友(普及・交流部会/首都大学東京)

参加費:会員・会議会員 1,000 円、会員外 2,000 円、学生 500 円 定 員:200 名
問合せ:司法支援建築会議事務局 TEL:03-3456-2051 FAX:03-3456-2058 E-mail:shiho@aij.or.jp

↓ ほぼ週刊ウェブマガジン「ルーフネット」最新号 はこちらへ。
ホムペはこちら




防水の歴史を探る*「ルーフネット」は日本の世界の防水に関する記録の初見を求めて日本書紀や聖書などを調べています。「日本の防水歴史研究会


RNY285 アクリルゴム系塗膜防水材の歩み(4)
コンクリートの耐久性低下の問題に外壁防水材はどう対応してきたか ④

あしば117 DSC00203
「あしば」117号より 

我が国のコンクリートの品質は、東京オリンピック(昭和39年)を契機に大きく変動した。それは工期短縮を目指した生産性第一主義に起因する、材料・施工品質・耐久性低下の問題に集約される。具体的な現象としては、外壁のひび割れによる漏水が顕在化し、単なる化粧ではなく、高い防水機能を備えた外壁防水材の役割が認識されるようになってきた。
アクリルゴム系塗膜防水材を、我が国で初めて開発したのは東亜合成(株)で、1970年に「アロンコートSA」を上市している。
「日本の鉄筋コンクリートの耐久性に関する歴史的及び社会的問題に対して、アクリルゴム系塗膜防水材がどのような役割を果たし、貢献してきたかという歩みを時間軸で整理」した小冊子「あしば117号」を紹介する4回目で、最終回となる。発行者である(当時)谷川伸氏(工博)が上記の目的で、我が国の鉄筋コンクリートの耐久性に関する歴史をコンパクトにまとめた。その部分を紹介させていただく。


あしばP40 EPSON042

ashibaP42EPSON043.jpg

あしばp44 EPSON044


ashibaP46 EPSON045

ashibap48 EPSON049

あしばp50 EPSON047

ashibap51EPSON048 - コピー


RNY284 コンクリートの耐久性低下の問題に外壁防水材はどう対応してきたか
コンクリートの耐久性低下の問題に外壁防水材はどう対応してきたか
アクリルゴム系塗膜防水材の歩み(3)

あしば117号より 

我が国のコンクリートの品質は、東京オリンピック(昭和39年)を契機に大きく変動した。それは工期短縮を目指した生産性第一主義に起因する、材料・施工品質・耐久性低下の問題に集約される。具体的な現象としては、外壁のひび割れによる漏水が顕在化し、単なる化粧ではなく、高い防水機能を備えた外壁防水材の役割が認識されるようになってきた。
アクリルゴム系塗膜防水材を、我が国で初めて開発したのは東亜合成(株)で、1970年に「アロンコートSA」を上市している。
「日本の鉄筋コンクリートの耐久性に関する歴史的及び社会的問題に対して、アクリルゴム系塗膜防水材がどのような役割を果たし、貢献してきたかという歩みを時間軸で整理」した小冊子「あしば117号」を介する3回目。

RNY284 asjoba3kaime



アクリルゴム系塗膜防水材の歩み[あしば]117号(2011年8月)の年表の1995年以降。

あしばP28 15% EPSON035

あしばP30 15% EPSON036

あしばP32 15%EPSON037

あしば34 15 EPSON038

あしばP 36 15EPSON039

あしばP38 15% EPSON040

↓ ほぼ週刊ウェブマガジン「ルーフネット」最新号 はこちらへ。
ホムペはこちら




防水の歴史を探る*「ルーフネット」は日本の世界の防水に関する記録の初見を求めて日本書紀や聖書などを調べています。「日本の防水歴史研究会


RNY283 コンクリートの耐久性低下の問題に外壁防水材はどう対応してきたか
コンクリートの耐久性低下の問題に外壁防水材はどう対応してきたか
アクリルゴム系塗膜防水材の歩み(2)

あしば117 

我が国のコンクリートの品質は、東京オリンピック(昭和39年)を契機に大きく変動した。それは工期短縮を目指した生産性第一主義に起因する、材料・施工品質・耐久性低下の問題に集約される。具体的な現象としては、外壁のひび割れによる漏水が顕在化し、単なる化粧ではなく、高い防水機能を備えた外壁防水材の役割が認識されるようになってきた。
アクリルゴム系塗膜防水材を、我が国で初めて開発したのは東亜合成(株)で、1970年に「アロンコートSA」を上市している。
「日本の鉄筋コンクリートの耐久性に関する歴史的及び社会的問題に対して、アクリルゴム系塗膜防水材がどのような役割を果たし、貢献してきたかという歩みを時間軸で整理」した小冊子「あしば117号」を介する2回目。




アクリルゴム系塗膜防水材の歩み[あしば]117号(2011年8月)の年表の1985年以降。

P12 15 EPSON017

p14 15 EPSON020

p16 15EPSON022

p18 ashiba


p20 15EPSON026

P22 15EPSON028

p24 15 EPSON030

p26 15EPSON032


↓ ほぼ週刊ウェブマガジン「ルーフネット」最新号 はこちらへ。
ホムペはこちら




防水の歴史を探る*「ルーフネット」は日本の世界の防水に関する記録の初見を求めて日本書紀や聖書などを調べています。「日本の防水歴史研究会

RNY282 コンクリートの耐久性低下の問題に外壁防水材はどう対応してきたか
アクリルゴム系塗膜防水材の歩み
あしば117号(2011年8月),121号(2015年.9月) 東亜合成㈱  


あしば表紙P2160888

我が国のコンクリートの品質は、東京オリンピック(昭和39年)を契機に大きく変動した。それは工期短縮を目指した生産性第一主義に起因する、材料・施工品質・耐久性低下の問題に集約される。具体的な現象としては、外壁のひび割れによる漏水が顕在化し、単なる化粧ではなく、高い防水機能を備えた外壁防水材の役割が認識されるようになってきた。



あしば 中P2160889

アクリルゴム系塗膜防水材を、我が国で初めて開発したのは東亜合成(株)で、1970年に「アロンコートSA]を上市している。
この2冊の特集は、日本の鉄筋コンクリートの耐久性に関する歴史的及び社会的問題に対して、アクリルゴム系塗膜防水材がどのような役割を果たし、貢献してきたかという歩みを時間軸で整理し年表にしたもの。
その一部を紹介する。

ashiba4 15

ashiba6 15

ashiba8 15

例えばこの時代に対向する外壁防水材アロンの歩みとして挙げられているのが
ashiba 8 の対向EPSON013



ashiba10 15


↓ ほぼ週刊ウェブマガジン「ルーフネット」最新号 はこちらへ。
ホムペはこちら




防水の歴史を探る*「ルーフネット」は日本の世界の防水に関する記録の初見を求めて日本書紀や聖書などを調べています。「日本の防水歴史研究会


インフラ長寿命化計画に注目
ピングラウト協議会柿崎隆志会長が30周年で意欲
「多様な漏水形態に柔軟な対応可能な技術・体制は整っている」

白骨と朝霧草DSC08099 (2)
写真は記事とは関係がありません

石井啓一国土交通大臣は2015年12月1日(火) 10:32 ~ 10:52、国土交通省会見室で行われた記者会見で、「笹子トンネル事故から3年になるわけですが、道路行政に与えたインパクトを今どう思うか」という記者からの問に答えて、次のように述べている。

(石井大臣答)中央自動車道笹子トンネルの事故から明日で3年を迎えます。非常にショッキングな事故でした。改めて、社会資本全般に対する老朽化対策をしっかりやらなければいけないという大きな警鐘になったのではないかと受け止めております。省全体としては、平成25年をメンテナンス元年と位置付けまして、平成26年には、他の省に先駆けてインフラ長寿命化計画の行動計画を策定して、具体的な取組みを進めてまいりました。
特に道路の分野においては、平成25年に道路法を改正して、5年に一度の近接目視点検、近寄ってきちんと目で見て確認を行うことなど、道路管理者の義務を明確化しています。
更に平成26年に法改正をしまして、高速道路の老朽化対策として、大規模な更新事業、これは償還期間を延ばして、財源を確保して大規模な更新事業を新たに位置付け、着手してきたところです。このように老朽化対策はかなり進めてきておりますので、今後も着実に進めていきたいと考えております。


このほど創立30周年を迎えたピングラウト協議会柿崎会長は、こうした流れを大きなビジネスチャンスととらえ、機関誌「PGニュース」で受注増への意欲を次のように表明している。
kakizaki kaichou
(柿崎会長)この30年で、ビジネス環境は大きく変化した。とりわけ大きなものは、昨年国土交通省が発表した「インフラ長寿命化計画」だ。「道路橋」「トンネル」「河川管理施設」「下水道管きょ」「港湾岸壁」これら社会インフラを2030年ころまでに「老朽化に起因する重要インフラの重大事故ゼロ」を目標にしている。
これにより、センサーやロボットを駆使した点検・診断技術や変状・劣化の新しい補修方法などが開発されるだろう。
今までの建築・土木コンクリート構造物の漏水形態に加え、各インフラ毎の漏水形態が増える。
例えば、港湾施設の海中ひび割れや厚さ10mを超えるダム堤体の漏水、道路橋裏面の漏水など、これまであまり経験のない漏水形態が今後増えるだろう。
これはどのような形態の漏水にも柔軟に対応していく技術・体制をすでに持っている我々にとってチャンスである。


↓ ほぼ週刊ウェブマガジン「ルーフネット」最新号 はこちらへ。
ホムペはこちら




防水の歴史を探る*「ルーフネット」は日本の世界の防水に関する記録の初見を求めて日本書紀や聖書などを調べています。「日本の防水歴史研究会