FC2ブログ
(旧 「防水屋台村」建設中)
RNY  銅屋根クロニクル79 
最古の公立美術館の保存と活用
京セラ京都市美術館

改修前のふぃにある (2)

京都市京セラ美術館が2020年6月19日に京都府民限定を解除し、全ての人を対象に前日までの事前予約制の形でのオープンとなった。外観を維持した上での今回のリニューアルで、変わった最大のポイントは回遊と交流を生み出す広場・エントランスである。美術館前には、スロープ状の広場「京セラスクエア」が誕生。緩やかなスロープを降りると、リニューアル事業の一番のシンボルとも言える意匠の「ガラス・リボン」が正面に挿入されている。

改修前のふぃにある (1)
改修前のフィニアル
改修後
車寄せの上の巨大な擬宝珠(ぎぼし)状のフィニアル。

緑青の美しい銅板屋根に関して、報告書は、「老朽化が進み、全面的な改修が必要な状態となっていた。今回の改修では、既存屋根材を部分的に撤去保管したうえで、特徴であるリブ付き瓦棒葺きの外観形状は踏襲し、乾式工法による全面葺き替えとした。屋根上の装飾役物金物は、創建当初部材の上に銅板を被せて、現地保存を図った。なお、復原部の銅板については、人工的な緑青処理は施さず、経年による変化に委ねることにした」と、記している。



448表紙 DSC02200
今回は表紙も京美です。
縦448表紙説明

日本金属屋根協会が毎月発行する機関誌「施工と管理」に「銅屋根クロニクル」を連載させていただいています。この企画は日本の重要な近代建築や寺社建築とその銅屋根を紹介し、板金職人の技と心意気を伝えようというものです。物件と紹介と銅屋根施工のポイントを紹介してゆきます。
バックナンバーはこちら>>http://www.kinzoku-yane.or.jp/chronicle/index.htm


448 79京セラ

銅屋根クロニクルー79ー京セラ京都市美術館(京都府)
800 79京セラ (1)

800 79京セラ (2)

↓ ほぼ週刊ウェブマガジン「ルーフネット」最新号 はこちらへ。
ホムペはこちら


防水の歴史を探る「JWHA日本の防水歴史研究会」
*「ルーフネット」は日本の世界の防水に関する記録の初見を求めて日本書紀や聖書などを調べています。2020年の近江神宮燃水祭は7月7日、 黒川燃水祭は7月1日開催予定でしたが、黒川燃水祭は中止、近江神宮燃水祭は神職と世話人で開催。
rny 「施工と管理」銅屋根クロニクル-78- 八坂神社(京都府)
八坂神社(京都)
京都のややこしさを象徴する疫病除けのスーパースター

O7060189.jpg

祇園祭は、古くは、祇園御霊会(ごりょうえ)と呼ばれ、貞観11年(869)に京の都をはじめ日本各地に疫病が流行したとき、平安京の広大な庭園であった神泉苑に、当時の国の数66ヶ国にちなんで66本の鉾を立て、祇園の神を祀り、さらに神輿を送って、災厄の除去を祈ったことにはじまる。

モリタ2019年後祭大船鉾巡行P1070855
寺社の屋根と同じ方法で葺かれた大船鉾の銅板屋根

本殿から楼門O7060250
こちらが正門になる南門。


日本金属屋根協会が毎月発行する機関誌「施工と管理」に「銅屋根クロニクル」を連載させていただいています。この企画は日本の重要な近代建築や寺社建築とその銅屋根を紹介し、板金職人の技と心意気を伝えようというものです。物件と紹介と銅屋根施工のポイントを紹介してゆきます。
バックナンバーはこちら>>http://www.kinzoku-yane.or.jp/chronicle/index.htm


448 八坂


800 78 (1)

800 78 (2)
800 78 (3)




↓ ほぼ週刊ウェブマガジン「ルーフネット」最新号 はこちらへ。
ホムペはこちら


防水の歴史を探る「JWHA日本の防水歴史研究会」
*「ルーフネット」は日本の世界の防水に関する記録の初見を求めて日本書紀や聖書などを調べています。2020年の近江神宮燃水祭は7月7日、 黒川燃水祭は7月1日開催予定でしたが、黒川燃水祭は中止、近江神宮燃水祭は神職と世話人で開催。
RNY 夫婦の創造神を祀る延命長寿の古社
銅屋根クロニクル77 多賀大社(滋賀県)
P1030603.jpg
雪のお多賀の銅屋根巡り
P1030228.jpg
天下泰平・五穀豊穣を祈念して三番叟を踏む。  新型コロナウイルスの感染拡大防止を願い、全国各地で法要 や終息を祈る花火などのイベント、また魔除・厄除お札の配布 も盛んだ。  東京都は、6月11日新型コロナ第2波の到来を警戒しつつ、 おっかなびっくり東京アラートを解除し、また関東の梅雨入り も宣言された。
 滋賀県多賀大社で は毎年1月3日「翁始式・おきなはじめしき」が斎行される。 奉仕するのは京都を代表する大蔵流狂言師「茂山社中」・観世 流能楽師「片山社中」、使用する面は多賀大社所蔵の白色尉の 逸品である。ほかにも現在能面五十九、狂言面十三面が残され ており、この地が近江猿楽の発祥地であり、古くから神事に際 して能が奉納されていたことを示している。

日本金属屋根協会が毎月発行する機関誌「施工と管理」に「銅屋根クロニクル」を連載させていただいています。この企画は日本の重要な近代建築や寺社建築とその銅屋根を紹介し、板金職人の技と心意気を伝えようというものです。物件と紹介と銅屋根施工のポイントを紹介してゆきます。
バックナンバーはこちら>>http://www.kinzoku-yane.or.jp/chronicle/index.htm

77表紙
 表紙写真は一昨年の大雪の日の舞台。夏を控えて、また天下泰平・新型コロナ退散を祈念して6月号の表紙に掲載された。雪の積もっ た美しい銅板屋根の能舞台で発せられた黒色尉の叫びが届きま すように。



P3280337.jpg

銅屋根クロニクル-77-多賀大社(滋賀県)
施工と管理2020年6月号No.382より

kakeru 70 3077 (1)
kakeru 703077 (2)
×703077 (3)

RNY  銅屋根クロニクル76- 石川県金沢駅
もてなしドームの向拝は 銅屋根の鼓門

銅屋根クロニクル 76  金沢駅(石川県)
448鼓門口
北陸新幹線の金沢延伸を見越した駅周辺整備事業の進捗によって、平成17年(2005)3月、金沢駅兼六園口東口(当時の呼称)正面に巨大な総ガラス製ドーム「もてなしドーム」と木製の「鼓門」が完成した。
鼓門の2本の柱の内部には送水管が設置され、もてなしドームの屋根に降り注いだ雨は、この送水管を通して貯水槽に送られている。降雨量が多い金沢で、大きな傘であるドームの水が柱の下に流れ込んでいく

太鼓口448
門を支えるのは高さ13.7mの太い2本の柱。伝統芸能である能楽・加賀宝生(かがほうしょう)の鼓をイメージしたもの。

448鼓門模型
駅のロビーにはその模型が展示されている。
鼓やね模型
鼓門には、米松の構造材が使われており、らせん状に組み上げられた柱と、ゆるくカーブを描く面格子の屋根が繊細で美しい。

448どうばん
その複雑な曲面に、銅板が葺かれている。

日本金属屋根協会が毎月発行する機関誌「施工と管理」に「銅屋根クロニクル」を連載させていただいています。この企画は日本の重要な近代建築や寺社建築とその銅屋根を紹介し、板金職人の技と心意気を伝えようというものです。物件と紹介と銅屋根施工のポイントを紹介してゆきます。
バックナンバーはこちら>>http://www.kinzoku-yane.or.jp/chronicle/index.htm

76 kanazawaeki (1)
76 kanazawaeki (2)


RNY 「銅屋根クロニクル」バックナンバー 1~75
「銅屋根クロニクル」バックナンバー
第1回2013.2奈良・正倉院正倉から、第75 回2020 .4 福岡県・護国神社まで

P3160111.jpg


一般社団法人日本金属屋根協会が毎月発行する機関誌「施工と管理」の2013年2月号から「銅屋根クロニクル」の連載が始まりました。この企画は日本の重要な近代建築や寺社建築とその銅屋根を紹介し、板金職人の技と心意気を伝えようというものです。


バックナンバーは以下の通り。
「施工と管理」銅屋根クロニクル 1  2013.2   奈良・正倉院正倉
「施工と管理」銅屋根クロニクル 2  2013.4   大阪・大阪城
「施工と管理」銅屋根クロニクル 3  2013.5   東京・築地本願寺
「施工と管理」銅屋根クロニクル 4  2013.6   大阪・中之島公会堂
「施工と管理」銅屋根クロニクル 5  2013.7/8  東京・ニコライ堂(日本聖ハリストス正教会教団復活大聖堂)
「施工と管理」銅屋根クロニクル 6  2013.9   神奈川・横浜市開港記念会館 
「施工と管理」銅屋根クロニクル 7  2013.10  東京・湯島聖堂(前編:屋根)
「施工と管理」銅屋根クロニクル 8  2013.11  東京・湯島聖堂(後編:樋)
「施工と管理」銅屋根クロニクル 9  2013.12  京都・北野天満宮
※番外編(10)  2014.1 「缶詰屋根は茅葺き屋根のタイムカプセル?」
「施工と管理」銅屋根クロニクル 11  2014.2   東京・迎賓館赤坂離宮
「施工と管理」銅屋根クロニクル 12  2014.3   栃木・日光東照宮-
「施工と管理」銅屋根クロニクル 13  2014.4   東京・京都・奈良国立博物館
「施工と管理」銅屋根クロニクル 14  2014.5   東京・国立博物館表慶館
「施工と管理」銅屋根クロニクル 15  2014.6   愛知・名古屋城
「施工と管理」銅屋根クロニクル 16  2014.7/8  栃木・日光旧田母沢御用邸
「施工と管理」銅屋根クロニクル 17  2014.9   静岡・静岡浅間神社
「施工と管理」銅屋根クロニクル 18  2014.10   京都・ 西本願寺伝道院
「施工と管理」銅屋根クロニクル 19  2014.11   静岡・三嶋大社
「施工と管理」銅屋根クロニクル 20  2014.12   愛知・熱田神宮
※番外編(21) 2015.1 京都・祇園祭り大船鉾 の銅板屋根
「施工と管理」銅屋根クロニクル 22  2015.2    宮城・大崎八幡宮
「施工と管理」銅屋根クロニクル 23  2015.3    北海道・ あかれんが庁舎
「施工と管理」銅屋根クロニクル 24  2015.4   東京・小石川あかがね御殿
「施工と管理」銅屋根クロニクル 25  2015.5   大阪・中之島図書館
「施工と管理」銅屋根クロニクル 26  2015.6   大阪・天満宮
「施工と管理」銅屋根クロニクル 27  2015.7・8  福岡・赤煉瓦文化館
「施工と管理」銅屋根クロニクル 28  2015.9   金沢・金沢城
「施工と管理」銅屋根クロニクル 29  2015.10   富山・瑞龍寺
※特別編(30) 2016.1 奈良・西大寺「東大寺と並ぶ西大寺の大伽藍」
「施工と管理」銅屋根クロニクル 31  2016.2    京都・伏見稲荷大社
「施工と管理」銅屋根クロニクル 32  2016.3    岩手・中尊寺
「施工と管理」銅屋根クロニクル 33  2016.4    京都・京都府庁旧本館
「施工と管理」銅屋根クロニクル 34  2016.5    茨城・筑波山神社
「施工と管理」銅屋根クロニクル 35  2016.6    福岡・櫛田神社
「施工と管理」銅屋根クロニクル 36  2016.7・8  新潟・白山神社
「施工と管理」銅屋根クロニクル 37  2016.9   長崎・諏訪神社
「施工と管理」銅屋根クロニクル 38  2016.10   茨城・鹿島神宮
「施工と管理」銅屋根クロニクル 39  2016.11   神奈川・総持寺
「施工と管理」銅屋根クロニクル 40  2016.12   京都・京都市美術館
「施工と管理」銅屋根クロニクル 41  2017.2   奈良・樫原神宮 
「施工と管理」銅屋根クロニクル 42  2017.3   東京・妙福寺
「施工と管理」銅屋根クロニクル 43  2017.4   茨城・旧水戸城薬医門
「施工と管理」銅屋根クロニクル 44  2017.5   兵庫・春日神社
※番外・今月の話題   2017.6 東京・中銀カプセルタワービル

カプセル女の子DSC09425


「施工と管理」銅屋根クロニクル 45  2017.7・8  新潟・県政記念館
「施工と管理」銅屋根クロニクル 46  2017.9   広島・厳島神社
「施工と管理」銅屋根クロニクル 47  2017.10   長崎・大浦天主堂
「施工と管理」銅屋根クロニクル 48  2017.11   東京・三鷹八幡宮
「施工と管理」銅屋根クロニクル 49  2017.12   京都・大石神社
「施工と管理」銅屋根クロニクル 50  2018.1   茨城・笠間稲荷
「施工と管理」銅屋根クロニクル 51  2018.2   長崎・ 浦上天主堂
「施工と管理」銅屋根クロニクル 52  2018.3   東京・虎ノ門金比羅宮
「施工と管理」銅屋根クロニクル 53  2018.4   神奈川・江島神社
「施工と管理」銅屋根クロニクル 54  2018.5    京都・京都文化博物館 
「施工と管理」銅屋根クロニクル 55  2018.6    京都・岡崎神社
「施工と管理」銅屋根クロニクル 56  2018.7・8   鳥取・大山神社
「施工と管理」銅屋根クロニクル 57  2018.9    滋賀・近江神宮}(1)
「施工と管理」銅屋根クロニクル 58  2018.10  滋賀・近江神宮}(1)
「施工と管理」銅屋根クロニクル 59  2018.11  京都・祇園閣
「施工と管理」銅屋根クロニクル 60  2018.12  千葉・香取神宮
「施工と管理」銅屋根クロニクル 61  2019.1    島根・出雲大社
「施工と管理」銅屋根クロニクル 62  2019.2   滋賀・延暦寺
「施工と管理」銅屋根クロニクル 63  2019.3   愛知・旧名古屋控訴院
「施工と管理」銅屋根クロニクル 64  2019.4   京都・長岡天満宮
「施工と管理」銅屋根クロニクル 65  2019.5   福島・さざえ堂
「施工と管理」銅屋根クロニクル 66  2019.6   京都・今宮神社
「施工と管理」銅屋根クロニクル 67  2019.7/8   東京・増上寺
「施工と管理」銅屋根クロニクル 68  2019.9   石川・尾山神社
「施工と管理」銅屋根クロニクル 69  2019.10  新潟・新潟市歴史博物館
「施工と管理」銅屋根クロニクル 70 201911   茨城・みずほのそば屋
「施工と管理」銅屋根クロニクル 71  2019.12  京都・聖護院
「施工と管理」銅屋根クロニクル 72  2020.1  滋賀・多賀大社
「施工と管理」銅屋根クロニクル 73  2020.2  兵庫・生田神社
「施工と管理」銅屋根クロニクル 74 2020.3 大阪・住吉大社   
「施工と管理」銅屋根クロニクル 75 2020.4  福岡・護国神社
※バックナンバーの号数の乱れを修正しました。

金毘羅銅鳥居の四獣 PG9P0918

機関誌「施工と管理」最新号では、銅屋根クロニクルはNo75 福岡県・護国神社 を掲載。これまで掲載した75編を順次デジタル化しており、今回の掲載で第1回から47回(茨城県・笠間神社)までを閲覧できるようになった。
 ↓
http://www.kinzoku-yane.or.jp/chronicle/index.html
WEBクロニクルサンプル








祇園閣 (1)
写真は祇園閣。提供JWHA 日本防水の歴史研究会。

祇園閣 (2)



今後の掲載予定

(予定)
滋賀・竹生島神社・多賀大社、 
京都・八坂神社、京都・平等院・鳳凰・金閣・銀閣・迎賓館、
新潟・護国神社、 香取神社、 篠山住吉神社、 日銀, 金沢駅江の島駅
国技館、神社庁、
鎌倉建長寺、伊勢神宮、石清水八幡、上加茂・下鴨、飛雲閣、横浜皇大神宮と隣家の樋。




↓ ほぼ週刊ウェブマガジン「ルーフネット」最新号 はこちらへ。
ホムペはこちら


防水の歴史を探る「JWHA日本の防水歴史研究会」
*「ルーフネット」は日本の世界の防水に関する記録の初見を求めて日本書紀や聖書などを調べています。2020年の近江神宮燃水祭は7月7日。 黒川燃水祭は7月1日です

RNY  銅屋根クロニクル75- 福岡県護国神社
鎮守の森に佇む招魂の社


若い神職P2140234 (2) (1)

 護国神社とは国事や戦争殉難者の霊を祀(まつ)った神社。
 幕末から明治維新前後の時期、各藩は、国事や戦争殉難者のために、それぞれ招魂場を設けて慰霊した。その場が
招魂社( しょうこんしゃ)。1939 年(昭和14)、護国神社と改称された1868 年(明治1)には京都東山に霊祠( れいし() 現在の京都霊山(りょうぜん)護国神社)が設けられ、各地の殉難者の霊が合祀( ごうし) された。翌年には東京招魂社(現在の靖国( やすくに) 神社)が創立された。これらの招魂社は全国に100 余社となり、75 年にはすべての招魂社の祭神が東京招魂社に合祀された。1939 年(昭和14)、招魂社の制度の不備を改めて護国神社と改称。第二次世界大戦前は内務省の管轄で、府県社、村社に準じて
扱われたが、戦後は独立の宗教法人としてほとんどが神社本庁に所属する。

 
福岡市の都心部に位置する鎮守の杜に幾何学的に佇む護国神社。古来の神々を祀る神社とは空気か感が違う。本殿・拝殿の屋根は銅板の一文字。創建時に県民延べ15 万人の勤労奉仕と3000 本の献木で造成されたたという人口の杜森を背景に両翼を広げて、参拝者を迎える。 祀る祭神の柱数は護国神社では沖縄県護国神社に次ぐ。



日本金属屋根協会が毎月発行する機関誌「施工と管理」に「銅屋根クロニクル」を連載させていただいています。この企画は日本の重要な近代建築や寺社建築とその銅屋根を紹介し、板金職人の技と心意気を伝えようというものです。物件と紹介と銅屋根施工のポイントを紹介してゆきます。
バックナンバーはこちら>>http://www.kinzoku-yane.or.jp/chronicle/index.htm

施工と管理2020年4月号No.380 より

700 75-1
700 75-2
RNY「施工と管理」銅屋根クロニクル-74 -
街中パワフル神社の不思議な縦並び社殿
住吉大社(大阪府)

住吉新年P1030280


住吉大社 P1030151


住吉



日本金属屋根協会が毎月発行する機関誌「施工と管理」に「銅屋根クロニクル」を連載させていただいています。この企画は日本の重要な近代建築や寺社建築とその銅屋根を紹介し、板金職人の技と心意気を伝えようというものです。物件と紹介と銅屋根施工のポイントを紹介してゆきます。
バックナンバーはこちら>>http://www.kinzoku-yane.or.jp/chronicle/index.html

「施工と管理」2020年3月号 No.379 より。
74-1.jpg
74-2.jpg