FC2ブログ
(旧 「防水屋台村」建設中)
RNY 431 「施工と管理」銅屋根クロニクル-61 出雲大社(島根県)
「ちゃん塗り」が復活した巨大神殿




800表紙の言葉

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
日本金属屋根協会が毎月発行する機関誌「施工と管理」に「銅屋根クロニクル」を連載させていただいています。この企画は日本の重要な近代建築や寺社建築とその銅屋根を紹介し、板金職人の技と心意気を伝えようというものです。物件と紹介と銅屋根施工のポイントを紹介してゆきます。
バックナンバーはこちら>>http://www.kinzoku-yane.or.jp/chronicle/index.html

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
6448 1

「施工と管理」銅屋根クロニクル-61 出雲大社(島根県)
(一社)日本金属屋根協会機関誌「施工と管理」№366 、2019 年1月号より

61-1

61-2_20190130210125332.jpg

61-3.jpg

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


↓ ほぼ週刊ウェブマガジン「ルーフネット」最新号 はこちらへ。
ホムペはこちら


防水の歴史を探る*「ルーフネット」は日本の世界の防水に関する記録の初見を求めて日本書紀や聖書などを調べています。「日本の防水歴史研究会」
2019年の近江神宮燃水祭は7月5日。 黒川燃水祭は7月1日です
RNY430  「銅屋根クロニクル」バックナンバー 1~60

「銅屋根クロニクル」バックナンバー
第1回2013.2奈良・正倉院正倉から、第60回2018.11 千葉県・鹿島神宮まで


やじろべえ

一般社団法人日本金属屋根協会が毎月発行する機関誌「施工と管理」の2013年2月号から「銅屋根クロニクル」の連載が始まりました。この企画は日本の重要な近代建築や寺社建築のとその銅屋根を紹介し、板金職人の技と心意気を伝えようというものです。
パッチ
写真は正倉院。提供JWHA 日本防水の歴史研究会。



ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
バックナンバーは以下の通り。
「施工と管理」銅屋根クロニクル 1  2013.2 奈良・正倉院正倉
「施工と管理」銅屋根クロニクル 2  2013.4 大阪・大阪城
「施工と管理」銅屋根クロニクル 3  2013.5 東京・築地本願寺
「施工と管理」銅屋根クロニクル 4  2013.6 大阪・中之島公会堂
「施工と管理」銅屋根クロニクル 5  2013.7/8 東京・ニコライ堂(日本聖ハリストス正教会教団復活大聖堂)
「施工と管理」銅屋根クロニクル 6  2013.9 神奈川・横浜市開港記念会館 
「施工と管理」銅屋根クロニクル 7  2013.10 東京・湯島聖堂(前編:屋根)
「施工と管理」銅屋根クロニクル 8  2013.11 東京・湯島聖堂(後編:樋)
「施工と管理」銅屋根クロニクル 9  2013.12 京都・北野天満宮
     銅屋根クロニクル番外編  2014.1 「缶詰屋根は茅葺き屋根のタイムカプセル?」
「施工と管理」銅屋根クロニクル 10 2014.2 東京・迎賓館赤坂離宮
「施工と管理」銅屋根クロニクル 11 2014.3 栃木・日光東照宮-
「施工と管理」銅屋根クロニクル 12 2014.4 東京・京都・奈良国立博物館
「施工と管理」銅屋根クロニクル 13 2014.5 東京・国立博物館表慶館
「施工と管理」銅屋根クロニクル 14 2014.6 愛知・名古屋城
「施工と管理」銅屋根クロニクル 15 2014.7/8 栃木・日光旧田母沢御用邸
「施工と管理」銅屋根クロニクル 16 2014.9 静岡・静岡浅間神社
「施工と管理」銅屋根クロニクル 17 2014.10 京都・ 西本願寺伝道院
「施工と管理」銅屋根クロニクル 18 2014.11 静岡・三嶋大社
「施工と管理」銅屋根クロニクル 19 2014.12 愛知・熱田神宮
      銅屋根クロニクル番外編 2015.1 京都・祇園祭り大船鉾 の銅板屋根
「施工と管理」銅屋根クロニクル 20 2015.2 宮城・大崎八幡宮
「施工と管理」銅屋根クロニクル 21 2015.3  北海道・ あかれんが庁舎
「施工と管理」銅屋根クロニクル 22 2015.4  東京・小石川あかがね御殿
「施工と管理」銅屋根クロニクル 23 2015.5 大阪・中之島図書館
「施工と管理」銅屋根クロニクル 24 2015.6 大阪・天満宮
「施工と管理」銅屋根クロニクル 25 2015.7・8 福岡・赤煉瓦文化館
「施工と管理」銅屋根クロニクル 26 2015.9 金沢・金沢城
「施工と管理」銅屋根クロニクル 27 2015.10 富山・瑞龍寺
「施工と管理」銅屋根クロニクル 28 2015.11 京都・稲荷神社
「施工と管理」銅屋根クロニクル 29 2015.12 岩手・中尊寺
「施工と管理」銅屋根クロニクル 30 2016.2 京都・京都府庁旧本館
「施工と管理」銅屋根クロニクル 31 2016.3 茨城・筑波山神社
「施工と管理」銅屋根クロニクル 32 2016.4 福岡・櫛田神社
「施工と管理」銅屋根クロニクル 33 2016.5 京都・白山神社
「施工と管理」銅屋根クロニクル 34 2016.6 茨城・筑波山神社 長崎・諏訪神社
「施工と管理」銅屋根クロニクル 35 2016.7・8 福岡・櫛田神社
「施工と管理」銅屋根クロニクル 36 2016.9 神奈川・総持寺
「施工と管理」銅屋根クロニクル 37 2016.10 京都・京都市美術館

施工と管理」銅屋根クロニクル 38 2016.11 茨城・鹿島神宮
「施工と管理」銅屋根クロニクル 39 2016.12 東京・妙福寺
「施工と管理」銅屋根クロニクル 40 2017.1 茨城・旧水戸城薬医門
「施工と管理」銅屋根クロニクル 41 2017.2 兵庫・春日神社
「施工と管理」銅屋根クロニクル 42 2017.3 東京・妙福寺
「施工と管理」銅屋根クロニクル 43 2017.4 茨城・旧水戸城薬医門
「施工と管理」銅屋根クロニクル 44 2017.5 兵庫・春日神社
「施工と管理」番外・今月の話題   2017.6 東京・中銀カプセルタワービル
「施工と管理」銅屋根クロニクル 45 2017.7・8 新潟・県政記念館
「施工と管理」銅屋根クロニクル 47 2017.10  長崎・大浦天主堂
「施工と管理」銅屋根クロニクル 48 2017.11 東京・三鷹八幡宮
「施工と管理」銅屋根クロニクル 49 2017.12 京都・大石神社
「施工と管理」銅屋根クロニクル 50 2018.1 茨城・笠間稲荷
「施工と管理」銅屋根クロニクル 51 2018.2 長崎・ 浦上天主堂
「施工と管理」銅屋根クロニクル 52 2018.3 東京・虎ノ門金比羅宮
「施工と管理」銅屋根クロニクル 53 2018.4 神奈川・江島神社
「施工と管理」銅屋根クロニクル 54 2018..5 京都・京都文化博物館 
「施工と管理」銅屋根クロニクル 55 2018.6 京都・岡崎神社
「施工と管理」番外・今月の話題 56 2018.7・8 鳥取・大山神社
「施工と管理」銅屋根クロニクル 57 2018..9 滋賀・近江神宮}(1)
「施工と管理」銅屋根クロニクル 58 2018.10 滋賀・近江神宮}(1)
「施工と管理」銅屋根クロニクル 59 2018.11 京都・祇園閣
「施工と管理」銅屋根クロニクル 60 2018.12 千葉・香取神宮

「施工と管理」銅屋根クロニクル 61 2019.1 島根・出雲大社
「施工と管理」銅屋根クロニクル 62 2019.2 (予定)池上本門寺・今宮神社・川崎大師・
「施工と管理」銅屋根クロニクル 63 2019.3 (予定)愛知・旧名古屋控訴院
「施工と管理」銅屋根クロニクル 64 2019.4 (予定)東京・増上寺
「施工と管理」銅屋根クロニクル 65 2019.5 (予定)京都・平等院・京都迎賓館
「施工と管理」銅屋根クロニクル 66 2019.6 (予定)滋賀・竹生島神社
「施工と管理」銅屋根クロニクル 67 2019.7/8 (予定)京都・八坂神社
「施工と管理」銅屋根クロニクル 68 2019.9 (予定) 大阪・住吉大社
「施工と管理」銅屋根クロニクル 65 2019.10 (予定) 福島・さざえ堂
「施工と管理」銅屋根クロニクル 66 201911 (予定)東京・日銀本店
「施工と管理」銅屋根クロニクル 67 2019.12 (予定)岩手県・毛越寺
「施工と管理」銅屋根クロニクル 68 2020.1 (予定)滋賀・多賀大社
靖国神社・皇居宮殿・

WEB版クロニクル41まで PG9P8473
同協会は現在機関誌「施工と管理で連載中の写真ルポ「銅屋根クロニクル」のうち、第40,41の2回分に関してホームページ上にウェブ版を掲載した。
機関誌「施工と管理」最新号では、銅屋根クロニクルはNo61 島根・島根出雲大社 を掲載。これまで掲載した61編を順次デジタル化しており、今回の掲載で41回までを閲覧できるようになった。
http://www.kinzoku-yane.or.jp/chronicle/index.html

↓ ほぼ週刊ウェブマガジン「ルーフネット」最新号 はこちらへ。
ホムペはこちら


防水の歴史を探る*「ルーフネット」は日本の世界の防水に関する記録の初見を求めて日本書紀や聖書などを調べています。「日本の防水歴史研究会」
2019年の近江神宮燃水祭は7月5日。 黒川燃水祭は7月1日です


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
RNY245 「施工と管理」銅屋根クロニクル-60 -香取神宮 (千葉県)

繊細にして荘厳
戦いの神を祀る華麗な本殿


香取2

千葉県北東部、香取市香取に鎮座する下総国一宮(しもふさのくにいちのみや)・香取神宮。
茨城県鹿嶋市の鹿島神宮(銅屋根クロニクル35で紹介。祭神はタケミカヅチ)と、千葉県香取市の香取神宮(祭神はフツヌシ)は、利根川を挟んで比較的近くにあり、日本神話の中でも深いかかわりのある神様が祀られる神社である。東京方面から行く際には、この2社をセットでお参りすることが多い。
香取1P2200807

香取3

古事記によればイザナギとイザナミは、夫婦神で、天つ神から、まず島を作ることを命じられ、日本列島となる島々を生み、島を生み終えると、夫妻は神様を生み始めた。全部で35人の神様が生まれたが、最後に生まれたカグツチ(火の神様)に陰部を焼かれたのがもとで、イザナミは亡くなってしまう。イザナギは怒って、カグツチを切り殺した。その刀についた血が飛び散り、その血からまた、タケミカヅチノミコト、フツヌシノオオカミほか何にもの神様が生まれ。そのひとりが、フッツヌシに関しては、古事記には記述はなく、日本書紀にだけ登場する。いずれもアマテラスよりも先に生まれた神様である。刀から飛び散った血から生まれたということで、タケミナカタもフツヌシも、勇ましい武運の神とされる。
創建は、紀元前643年と伝えられ、古くから国家鎮護の神として皇室からの御崇敬が篤く、『神宮』という称号で呼ばれたのは、明治以前には伊勢神宮、香取神宮、鹿島神宮の3つだけであった

60


日本金属屋根協会が毎月発行する機関誌「施工と管理」に「銅屋根クロニクル」を連載させていただいています。この企画は日本の重要な近代建築や寺社建築とその銅屋根を紹介し、板金職人の技と心意気を伝えようというものです。物件と紹介と銅屋根施工のポイントを紹介してゆきます。
バックナンバーはこちら>>http://www.kinzoku-yane.or.jp/chronicle/index.html

「施工と管理」銅屋根クロニクル-60-香取神宮 (千葉県)

(一社)日本金属屋根協会機関誌「施工と管理」№365、2018年112月号より
60-1.jpg
60-2.jpg



↓ ほぼ週刊ウェブマガジン「ルーフネット」最新号 はこちらへ。



防水の歴史を探る*「ルーフネット」は日本の世界の防水に関する記録の初見を求めて日本書紀や聖書などを調べています。「日本の防水歴史研究会」
2019年の近江神宮燃水祭は7月5日。 黒川燃水祭は7月1日です



RNY 421 「施工と管理」銅屋根クロニクル-59-
金閣・銀閣・祇園閣。銅閣造営を目指した大倉・伊東ペアの結論。
大雲院・祇園閣(京都府

RN3実はやはり蛙PG9P1631

京都・祇園、丸山公園音楽堂の西、高台寺の北隣にある祇園閣は、1928年(昭和3年)に建築された鉄筋コンクリート造三階建。高さ百二十尺(36m)、鉾先には金鶴が輝く。大倉財閥の設立者である大倉喜八郎が建てた別邸の一部である。屋根は銅板葺きで、これは大倉が金閣、銀閣に次ぐ銅閣として作ったため、と言われている。祇園祭の鉾を模したもので、設計は伊東忠太。入口や内部のあちこちにに忠太の霊獣が据えられている。

Rn0門と鉾 PG9P1639

RN2振り返る PG9P1605

日本金属屋根協会が毎月発行する機関誌「施工と管理」に「銅屋根クロニクル」を連載させていただいています。この企画は日本の重要な近代建築や寺社建築とその銅屋根を紹介し、板金職人の技と心意気を伝えようというものです。物件と紹介と銅屋根施工のポイントを紹介してゆきます。
バックナンバーはこちら>>http://www.kinzoku-yane.or.jp/chronicle/index.html

↓ ほぼ週刊ウェブマガジン「ルーフネット」最新号 はこちらへ。
ホムペはこちら


防水の歴史を探る*「ルーフネット」は日本の世界の防水に関する記録の初見を求めて日本書紀や聖書などを調べています。「日本の防水歴史研究会」
2019年の近江神宮燃水祭は7月5日。 黒川燃水祭は7月1日です




「施工と管理」銅屋根クロニクル-59-祇園閣 (京都府)

(一社)日本金属屋根協会機関誌「施工と管理」№364、2018年11月号より

59-1
59-2.jpg
59-3.jpg

RNY 「施工と管理」銅屋根クロニクル58  近江神宮(2)

なぜルーファーにとって特別な神社なのか
近江神宮その2(滋賀県)

日本金属屋根協会が毎月発行する機関誌「施工と管理」に「銅屋根クロニクル」を連載させていただいています。>>つづきを読む
BRN3C2AF425D8EC_000573.jpg
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
今回は表紙も近江神宮の葺き替え工事です。ー(表紙説明より)

日本金属屋根協会が毎月発行する機関誌「施工と管理」に「銅屋根クロニクル」を連載させていただいています。この企画は日本の重要な近代建築や寺社建築とその銅屋根を紹介し、板金職人の技と心意気を伝えようというものです。物件と紹介と銅屋根施工のポイントを紹介してゆきます。
バックナンバーはこちら>>http://www.kinzoku-yane.or.jp/chronicle/index.html

58 DSC05627


「施工と管理」銅屋根クロニクル-58- 近江神宮(滋賀県)
(一社)日本金属屋根協会機関誌「施工と管理」№363、2018年⒑月号より


800-22-BRN3C2AF425D8EC_000572.jpg



↓ ほぼ週刊ウェブマガジン「ルーフネット」最新号 はこちらへ。
ホムペはこちら


防水の歴史を探る*「ルーフネット」は日本の世界の防水に関する記録の初見を求めて日本書紀や聖書などを調べています。「日本の防水歴史研究会」
2019年の近江神宮燃水祭は7月5日。 黒川燃水祭は7月1日です
RNY416  「施工と管理」 銅屋根クロニクル57 近江神宮(1)
昭和の勅祭社は「かるたの聖地」
近江神宮(滋賀県)

toppu


P8300206.jpg


日本金属屋根協会が毎月発行する機関誌「施工と管理」に「銅屋根クロニクル」を連載させていただいています。この企画は日本の重要な近代建築や寺社建築とその銅屋根を紹介し、板金職人の技と心意気を伝えようというものです。物件と紹介と銅屋根施工のポイントを紹介してゆきます。
バックナンバーはこちら>>http://www.kinzoku-yane.or.jp/chronicle/index.html

57 DSC07379


「施工と管理」銅屋根クロニクル-57 -近江神宮(滋賀県)
(一社)日本金属屋根協会機関誌「施工と管理」№362、2018年9月号より

Y800 57-2 (2)

Y800 57-2 (1)





RNY405RNY 施工と管理 銅屋根クロニクル56 大山寺
三千人の僧兵を擁した天台の大寺
大山寺(鳥取県)

PG9P0102.jpg

天台宗別格本山角磐山大山寺は712年奈良時代金連(きんれん)上人によって創建された神仏習合の大寺院であった。行者達の荒修行の場として崇拝され、平安時代平安末期、室町時代には、天台宗山岳仏教の修験場として寺勢を誇り、高野山金剛峯寺や比叡山延暦寺と並ぶ大寺となり、「大山僧兵3000人」と言われるほどの勢力を持つにいたる。鎌倉時代には隠岐から脱出しした後醍醐天皇を援けるために挙兵したと伝えられる。
寺の由緒書きによると、平安時代、村上天皇より大山権現(地蔵権現)を大智明菩薩とする詔が下り、本尊を本殿権現者社(現在の大神山神社奥宮)に祀り、大智明権現と呼ばれるようになった。

PG9P0110.jpg



日本金属屋根協会が毎月発行する機関誌「施工と管理」に「銅屋根クロニクル」を連載させていただいています。この企画は日本の重要な近代建築や寺社建築とその銅屋根を紹介し、板金職人の技と心意気を伝えようというものです。物件と紹介と銅屋根施工のポイントを紹介してゆきます。
バックナンバーはこちら>>http://www.kinzoku-yane.or.jp/chronicle/index.html

56表紙



「施工と管理」 銅屋根クロニクル56 大山寺 7/8


(一社)日本金属屋根協会機関誌「施工と管理」№361、2018年7/8月号より
(画像をクリックすると拡大します。)

700 56-1 大山寺 
700大山寺



↓ ほぼ週刊ウェブマガジン「ルーフネット」最新号 はこちらへ。
ホムペはこちら


防水の歴史を探る*「ルーフネット」は日本の世界の防水に関する記録の初見を求めて日本書紀や聖書などを調べています。「日本の防水歴史研究会」
2019年の近江神宮燃水祭は7月5日。 黒川燃水祭は7月1日です。