FC2ブログ
(旧 「防水屋台村」建設中)
RNY「施工と管理」銅屋根クロニクル-73 -
歴史が凝縮された銅屋根づくし 
生田神社(兵庫県)
楼門 はいでんよりP1020014



現在の境内は狭いが、見どころは多い。銅板葺きの楼門、拝殿,本殿の他にも蛭子神社、松尾神社はじめ15の摂社・末脇社が連なる。箙の梅、梶原の井、敦盛の萩、弁慶の竹、八丁梅などの源平合戦などにちなんだ多くの史跡、さらに弁天池、「謡曲生田敦盛」の碑や包丁塚、境内北側にはパワースポットとされる鎮守の森「生田の森」が広がる。この森は地元では都会のオアシス。ヒーリングスポットとして親しまれ、春には曲水の宴が開催され、平安の歌遊びを再現した行事として楽しまれている。

左から P1020067

社殿は、1995年(平成7年)の阪神・淡路大震災以前にも、1938年(昭和13年)の神戸大水害・1945年(昭和20年)の神戸大空襲など 何度も被害にあうも、そのつど復興されてきたことから、「蘇る神」として敬われる。

P1020085.jpg
屋根飾りは「カササギ」は、七夕伝説における織姫と彦星の間をつなぐ掛け橋の役を担う鳥として、親しまれている。7日に雨が降って天の川が増水すると、対岸へ渡れない彦星と織姫が出会えるように、何羽ものカササギが連なり橋の代わりを努めるという話がある(鵲の橋)。奈良時代の歌人大伴家持は七夕伝説に取材した歌でカササギを歌っている。
鵲の 渡せる橋に おく霜の しろきを見れば 夜ぞ更けにける。(『新古今和歌集』・『小倉百人一首』)

見取り図P1020080

日本金属屋根協会が毎月発行する機関誌「施工と管理」に「銅屋根クロニクル」を連載させていただいています。この企画は日本の重要な近代建築や寺社建築とその銅屋根を紹介し、板金職人の技と心意気を伝えようというものです。物件と紹介と銅屋根施工のポイントを紹介してゆきます。
バックナンバーはこちら>>http://www.kinzoku-yane.or.jp/chronicle/index.html

ikurta 73

「施工と管理」銅屋根クロニクル-73- 
歴史が凝縮された銅屋根づくしの境内 鎮守の森は都会のオアシス
(一社)日本金属屋根協会機関誌「施工と管理」№378、2020年2月号より
(画像をクリックすると拡大します。)

800-2.jpg
800-2BRN3C2AF425D8EC_001156




RNY 銅屋根クロニクル 72  毛越寺 
平安の浄土庭園

448本堂左P9260057



岩手県南部,JR平泉駅から徒歩7分、平泉町にある天台宗の寺。山号は医王山。「もうつじ」。嘉祥3年(850)円仁の開基。藤原基衡,秀衡親子が堂舎を造営し,後鳥羽上皇の勅願寺となるなど,中尊寺と並んで藤原期の東北文化の中心地となった。その後,幾度か火災にあったが再建され,明治維新後は延暦寺の末寺となった。

毛越寺を目指して平泉を訪れる人はまれで、 ほとんどは中尊寺のついで参りというのが残念な実情だ。しかし、かつては中尊寺をしのぐ華麗な伽藍が林立した、というから、毛越寺は、本協会HPの「あの屋根この屋根・我が国最古の銅板屋根の記録~東大寺と並ぶ西大寺の大伽藍 ~http://www.kinzoku-yane.or.jp/feature/n_13.html
に記した東大寺に対する西大寺のような位置づけかもしれない。毛越寺境内附鎮守社跡は国の特別史跡。庭園(国の特別名勝)は,平安時代,浄土庭園の代表的遺構である。

448jyougyoiu 正面 紅葉P9260158 (2)


日本金属屋根協会が毎月発行する機関誌「施工と管理」に「銅屋根クロニクル」を連載させていただいています。この企画は日本の重要な近代建築や寺社建築とその銅屋根を紹介し、板金職人の技と心意気を伝えようというものです。物件と紹介と銅屋根施工のポイントを紹介してゆきます。
バックナンバーはこちら>>http://www.kinzoku-yane.or.jp/chronicle/index.htm
クロ72もう通日 DSC01321

「施工と管理」銅屋根クロニクル-72-毛越寺(岩手県)
(一社)日本金属屋根協会機関誌「施工と管理」№377、2020年1月号より

700 72毛越寺①

700 72 もう越寺2







↓ ほぼ週刊ウェブマガジン「ルーフネット」最新号 はこちらへ。
ホムペはこちら


防水の歴史を探る「JWHA日本の防水歴史研究会」
*「ルーフネット」は日本の世界の防水に関する記録の初見を求めて日本書紀や聖書などを調べています。2020年の近江神宮燃水祭は7月7日。 黒川燃水祭は7月1日です
RNY 「施工と管理」銅屋根クロニクル-71-
「施工と管理」銅屋根クロニクル-71 -
修験道総本山の屋根(京都・聖護院)

聖護院 PB070361


日本金属屋根協会が毎月発行する機関誌「施工と管理」に「銅屋根クロニクル」を連載させていただいています。この企画は日本の重要な近代建築や寺社建築とその銅屋根を紹介し、板金職人の技と心意気を伝えようというものです。物件と紹介と銅屋根施工のポイントを紹介してゆきます。
バックナンバーはこちら>>http://www.kinzoku-yane.or.jp/chronicle/index.html

71jpg (1)

「施工と管理」銅屋根クロニクル -71- 聖護院門跡(京都府)
(一社)日本金属屋根協会機関誌「施工と管理」№376、2019年12月号より
(画像をクリックすると拡大します。)



71jpg (3)
71jpg (2)
800 銅クロ71聖護院BRN3C2AF425D8EC_001090 (3)




↓ ほぼ週刊ウェブマガジン「ルーフネット」最新号 はこちらへ。
ホムペはこちら


防水の歴史を探る「JWHA日本の防水歴史研究会」
*「ルーフネット」は日本の世界の防水に関する記録の初見を求めて日本書紀や聖書などを調べています。2020年の近江神宮燃水祭は7月7日。 黒川燃水祭は7月1日です
RNY 銅屋根クロニクル 70 
こだわり蕎麦屋の こだわり屋根



hyoushisetsumei

日本金属屋根協会が毎月発行する機関誌「施工と管理」に「銅屋根クロニクル」を連載させていただいています。この企画は日本の重要な近代建築や寺社建築とその銅屋根を紹介し、板金職人の技と心意気を伝えようというものです。物件と紹介と銅屋根施工のポイントを紹介してゆきます。
バックナンバーはこちら>>http://www.kinzoku-yane.or.jp/chronicle/index.html

表紙

今回はJWHA日本防水の歴史研究会が表紙写真も提供しました。





「施工と管理」銅屋根クロニクル -70- 茨城県 みづほ の蕎舎(茨城県)
(一社)日本金属屋根協会機関誌「施工と管理」№375、2019年11月号より

800 70-1
800 70-2




↓ ほぼ週刊ウェブマガジン「ルーフネット」最新号 はこちらへ。
ホムペはこちら


防水の歴史を探る「JWHA日本の防水歴史研究会」
*「ルーフネット」は日本の世界の防水に関する記録の初見を求めて日本書紀や聖書などを調べています。2020年の近江神宮燃水祭は7月7日。 黒川燃水祭は7月1日です
RNY 銅屋根クロニクル69 新潟市歴博
「施工と管理」銅屋根クロニクル-69-
「みなとオアシス」の屋根は玄昌石と銅板葺き

P7010126.jpg

新潟駅から車で10分ほど。新潟市歴史博物館本館はSRC3階建て、延床面積約5500㎡。外装は木造モルタル仕上げの二代目市庁舎にならって、現代工法でのモルタル仕上げを施した。基壇部は中国花崗岩、屋根は玄昌石に銅板の段葺きえで施工され、風格ある仕上げだ。

d-無P7010098

日本金属屋根協会が毎月発行する機関誌「施工と管理」に「銅屋根クロニクル」を連載させていただいています。この企画は日本の重要な近代建築や寺社建築とその銅屋根を紹介し、板金職人の技と心意気を伝えようというものです。物件と紹介と銅屋根施工のポイントを紹介してゆきます。
バックナンバーはこちら>>http://www.kinzoku-yane.or.jp/chronicle/index.html
kuro69.jpg


「施工と管理」銅屋根クロニクル-69-新潟市歴史博物館(新潟県)
(一社)日本金属屋根協会機関誌「施工と管理」№374、2019年10月号より

800 69-1

800 69-2





↓ ほぼ週刊ウェブマガジン「ルーフネット」最新号 はこちらへ。
ホムペはこちら


防水の歴史を探る「JWHA日本の防水歴史研究会」
*「ルーフネット」は日本の世界の防水に関する記録の初見を求めて日本書紀や聖書などを調べています。2020年の近江神宮燃水祭は7月7日。 黒川燃水祭は7月1日です

RNY「施工と管理」銅屋根クロニクル-68-
ギヤマンと銅板で覆われた 和洋中ミックスの異色の門

68トップO9040229

2bannme O9040234



日本金属屋根協会が毎月発行する機関誌「施工と管理」に「銅屋根クロニクル」を連載させていただいています。この企画は日本の重要な近代建築や寺社建築とその銅屋根を紹介し、板金職人の技と心意気を伝えようというものです。物件と紹介と銅屋根施工のポイントを紹介してゆきます。
バックナンバーはこちら>>http://www.kinzoku-yane.or.jp/chronicle/index.html
68見開き


「施工と管理」銅屋根クロニクル-68-尾山神社(石川県)
(一社)日本金属屋根協会機関誌「施工と管理」№373、2019年9月号より

y800 クロ68の1

Y800 クロ68の2



↓ ほぼ週刊ウェブマガジン「ルーフネット」最新号 はこちらへ。
ホムペはこちら


防水の歴史を探る「JWHA日本の防水歴史研究会」
*「ルーフネット」は日本の世界の防水に関する記録の初見を求めて日本書紀や聖書などを調べています。2020年の近江神宮燃水祭は7月7日。 黒川燃水祭は7月1日です
RNY 施工と管理 銅屋根クロニクル67 
施工と管理」銅屋根クロニクル-67-
かつて120の堂宇が並び、 3千人の学僧が学んだ大寺院
増上寺(東京)
2 三解脱門 本殿より IMGP0028


67 3 シンボルの東京タワーと共に


448 67イラスト 7 熊野

日本金属屋根協会が毎月発行する機関誌「施工と管理」に「銅屋根クロニクル」を連載させていただいています。この企画は日本の重要な近代建築や寺社建築とその銅屋根を紹介し、板金職人の技と心意気を伝えようというものです。物件と紹介と銅屋根施工のポイントを紹介してゆきます。
バックナンバーはこちら>>http://www.kinzoku-yane.or.jp/chronicle/index.html
448   67-

「施工と管理」銅屋根クロニクル-67- 増上寺(東京)
(一社)日本金属屋根協会機関誌「施工と管理」№372、2019年7・8月号より
800 67 1
800 67 2



↓ ほぼ週刊ウェブマガジン「ルーフネット」最新号 はこちらへ。
ホムペはこちら


防水の歴史を探る「JWHA日本の防水歴史研究会」
*「ルーフネット」は日本の世界の防水に関する記録の初見を求めて日本書紀や聖書などを調べています。2020年の近江神宮燃水祭は7月7日。 黒川燃水祭は7月1日です