FC2ブログ
(旧 「防水屋台村」建設中)
RNY「奥のみず道」第18回は 雨漏り三博士のお話し
「茅葺き屋根はなぜ漏らぬか」論あれこれ 

雨漏り3冊

2018年8月10日、東海大学名誉教授の新刊「Q&A 雨仕舞のはなし」が彰国社より発刊されました。
建築のクレームの中で常にトップを争う「雨漏り」。それをどう防ぐ?雨の流れ方の特性、地域による違い、日本古来の伝統工法、今に生かせる手法はたくさんある。本書は、雨仕舞研究50年の第一人者が、雨仕舞に関する疑問難問をQ&A方式で解説、問題解決に取り組むための知恵を満載。また、「水を通すシートで水漏れが止まる?」など雨仕舞の仕組みがわかるオモシロ実験も6件収録されています。
石川廣三(いしかわ・ひろぞう)東海大学名誉教授
1942年東京都生まれ。1964年早稲田大学第理工学部建築学科卒業。1969年同大学院建設工学専攻博士課程修了後、東海大学工学部建築学科に勤務。助手、講師、助教授を経て1981年教授。2008年退官。

今回の奥のみず道は、3人の博士の雨漏り研究をのぞいてみました。

ishihara.jpg
BSで放映された、実験の様子。湯浅昇日大教授、石原沙織千葉工大准教授(現在)らが協力した。
auto-sAT5Cc[1]



日本シーリング材工業会の機関誌「&シーラント」に「奥のみず道」として、聖書に登場する防水の話を連載で書かせていただいています。
「&SEALANT」は、わが国のシーリング材メーカーが加盟し,賛助会員として原材料メーカー、販売店が加入する全国に7支部を有する全国的組織である日本シーリング材工業会が年4回発行している機関誌です。機関誌「& SEALANT」の2013年12月10日発行№83から奥のみず道「ぶらモリタ」シリーズが始まりました。
狙いは、屋根と雨仕舞のウェブマガジン「ルーフネット」編集長が全国をブラブラしながら、古の人達が防水や雨仕舞にどう取り組んできたか、または歴史的建築における防水という視点で、防水やシールのルーツを探ったりヒントや知恵を見つけたりといった内容です。シリーズタイトルの「ぶらモリタ」は日シ工飯島義仁前広報委員長、「奥のみず道」は&SEALANT製作担当の阿部栄治氏の命名です。

448水みち18回 雨漏り3博士 P9080011


バックナンバーはこちらでご覧ください。
>>「奥のみず道」http://www.roof-net.jp/index.php?%E3%80%8C%E5%A5%A5%E3%81%AE%E3%81%BF%E3%81%9A%E9%81%93%E3%80%8D
&SEALANT2018.9.10 No.102より



18-2.png



↓ ほぼ週刊ウェブマガジン「ルーフネット」最新号 はこちらへ。
ホムペはこちら


防水の歴史を探る*「ルーフネット」は日本の世界の防水に関する記録の初見を求めて日本書紀や聖書などを調べています。「日本の防水歴史研究会」
2019年の近江神宮燃水祭は7月5日。 黒川燃水祭は7月1日です
〇「コップの中の水はふちを乗り越える」のを何故、途中でやめたか?
雨仕舞の仕組みが見えるオモシロ実験より

jikkenn1_201809031348063eb.jpg
グラスの中のリボン(長い方)はほとんどグラスの底、水につかっています。外に垂らしたリボンの先端は、水位より下にあります。

2018年8月19日の記事で、新刊 [Q&A 雨仕舞のはなし] 石川廣三著 彰国社  を紹介しました。
http://www.roof-net.jp/index.php?cmd=read&page=%E6%96%B0%E5%88%8A%20%E9%9B%A8%E4%BB%95%E8%88%9E%E3%81%AE%E3%81%AF%E3%81%AA%E3%81%97&word=%E9%9B%A8%E4%BB%95%E8%88%9E%E3%81%AE%E3%81%AF%E3%81%AA%E3%81%97

気楽に読めて、解り易いことを狙ったこの本には、水の動きの科学がわかる6つのオモシロ実験がついています。
その一つを試みてみました。それが上の写真です。

EX1

水はほんのわずかずつ、外にたまりますが、24時間たってもリボンの先端と水位の差は縮まらず。
何故うまくいかないのか?
理由を考えてみました。というより、示された手順との違いを考えてみました。
リボンの切り方が雑であるのは、さておき、大きなものは
①不織布のリボンが薄いのか。 指示ではフローリングワイパー用の不織布、とありましたが、ここでは、油こし用の薄いフィルターを使った。
②上が開いたコップという指示に対して、チューリップ型のウィスキーグラスを使った。
③八分目まで水を入れるという指示に、半分しか入れていない。
を考えました。
ただ、外側に垂れ下がったリボンの先端は、確実に水面より下、でした。24時後にリボンも乾いてはいませんでした。
さて,実験がうまくいかなかった理由は何でしょうか?
30時間でやめてしまいましたが、これをさらに数十時間置けば、うまくいったのでしょうか。


↓ ほぼ週刊ウェブマガジン「ルーフネット」最新号 はこちらへ。
ホムペはこちら


防水の歴史を探る*「ルーフネット」は日本の世界の防水に関する記録の初見を求めて日本書紀や聖書などを調べています。「日本の防水歴史研究会」
2019年の近江神宮燃水祭は7月5日。 黒川燃水祭は7月1日です


新刊 Q&A 雨仕舞のはなし
Q&A 雨仕舞のはなし
石川廣三著  彰国社 2018年8月10日

雨仕舞の話DSC06893
B6版 248頁 2700円。

目次DSC07279
建築のクレームの中で常にトップを争う「雨漏り」。 それをどう防ぐ?雨の流れ方の特性、地域による違い、日本古来の伝統工法、今に生かせる手法はたくさんある。本書は、雨仕舞研究50年の第一人者が、雨仕舞に関する疑問難問をQ&A方式で解説、問題解決に取り組むための知恵を満載。 また、「水を通すシートで水漏れが止まる?」 など雨仕舞の仕組みがわかるオモシロ実験も6件収録。

石川廣三(いしかわ・ひろぞう) 東海大学名誉教授
1942年東京都生まれ。1964年早稲田大学第理工学部建築学科卒業。1969年同大学院建設工学専攻博士課程修了後、東海大学工学部建築学科に勤務。助手、講師、助教授を経て1981年教授。2008年退官。



↓ ほぼ週刊ウェブマガジン「ルーフネット」最新号 はこちらへ。
ホムペはこちら


防水の歴史を探る*「ルーフネット」は日本の世界の防水に関する記録の初見を求めて日本書紀や聖書などを調べています。「日本の防水歴史研究会」
2019年の近江神宮燃水祭は7月5日。 黒川燃水祭は7月1日です。
夜の箱根路
小田急ロマンスカー LSE7000

ロマンスかー P2120173
LSE 7000 系の1-1Bで。最初期型車両の最前列ど真ん中席で夜の箱根を目指す。

といいたところですが、実際は、くたびれはててホームライナーに乗ったのが、偶然キャンセルで開いた展望席でした。成城学園の手前で各停を追い越す。 LSE の前照灯が前を走る車両の側面に当たり、金色になって跳ね返る。 レールに反射する信号機の赤青黄の光もたまらんですね。

ロマンスカーとして初めて展望席を設け、1963年のデビュー当時大人気となったのがNSE(3100形)。それを継承するかたちで、1980年に登場したのがLSE7000。乗降扉に折戸式自動扉が採用されており、こんな扉を知らない若い乗客がしばしばぶつかっている。

LES窓
2006年4月、この車両の窓シールが切れて雨漏りし、新聞ネタになったことがありました。ところが実はエアコンダクトからの水漏れだったとか。これは建築の漏水クレームとよく似ています。漏水だ!何とかしろ!と防水屋が呼びつけられたが、実は結露水だった。でもこの車両でなら雨漏りも許せそうな気分になるのも不思議です。

古きよき時代の懐かしい鋼鉄車両はシンプルながらクラシカルな趣きがあり、少し濃いめのビールをお供にした乗車のひとときは味わい深いです。•1981年鉄道友の会第24回ブルーリボン賞受賞
http://www.odakyu.jp/romancecar/line_up/7000/


ホムペはこちら




防水の歴史を探る*「ルーフネット」は日本の、世界の防水に関する記録の初見を求めて日本書紀や聖書などを調べています。「日本の防水歴史研究会


バックナンバーはホームページの「バックナンバー」で、過去の記事は「検索」又は「更新履歴」をスクロールしてください。