(旧 「防水屋台村」建設中)
「ごちそうさん」 と防水その2
日本中のお茶の間が聞いた「防水」の言葉。
NHK朝の連ドラで「防水」4連発。

明治40年の地下防水
これは大阪地下高速鉄道の防水ではありませんが、さらに先立つこと明治40年の地下防水層が見られるます。(主人公の卒業した東大構内赤門近くで2010年撮影)

大阪の地下鉄は日本初の公営地下鉄として、1933年に御堂筋線の梅田 - 心斎橋間が開業しました。
1月8日の記事で紹介したように、NHK朝ドラで、「防水」が連呼されていました。一段落したようなので、このあたりで「防水」が話題になった部分をまとめておきます。
大阪の地下鉄建設で初の本格的な鉄筋コンクリート構造物に取り組む主人公・西門悠太郎が湧き出る水の対策、防水工事に苦労する、という設定です。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
第79回 1月6日放送 
御堂筋の下に地下鉄駅舎 設計 昭和7年のことだ。  
主人公:「また漏水があったんですか!」

ナレーター:地下水位の高い大阪の軟弱地盤に「地下鉄建設、いくら防水をしても、コンクリートの継ぎ目などから漏水してしまう。この処理に現場は悩まされていたのでございます。

主人公:「土木のほうで、防水してください」
土木 :「人手ありませんわ」
   「建築はええのう、夢みたいなことおっかけてて、」「いつもケツ拭くのはわしら土木や」
主人公:何ゆうてるんですか!階段の位置が50センチずれてたときは、こちらが設計変更で対応したやないですか」
土木 :「50センチくらいどうってことないやろ」
主人公:「こっちはミリ単位の仕事してるんです」
土木 :「こっちは自然相手に仕事してるんや」

ーーーーーーーーー
第80回 1月7日放送
主人公:「あのレベルの防水は土木がやってしかるべき仕事やないですか。 それをやらされてるとか、やってやって     るとか・・・。 ええもん作ろうという気概がないんですか!!」


ーーーーーーーーーーーーーーー
第81回 1月8日放送   掲載済

ーーーーーーーーーーーーーーー
第82回 1月9日放送
主人公:「防水あれで限界ですか」
土木:「もうあとは建築ですきなようにやってくれや」

主人公は樋で逃がすしかない。 主人公は、アーチに沿って樋を付ける案を提案。しかし意匠、コスト、時間に問題。
さらに設計した教授は「なんだこの樋は!」

妥協策として、躯体コンクリート削って樋を埋め込む、ことを考え、土木に提案。

しかし土木は「なんぼ竹本せんせが言うても、そんなことしたらトンネル自体の強度がガタ落ちャ。
躯体コンクリートは絶対削れん!」

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
第83回 1月10日放送
アーチを2重にしてその隙間を水を逃がすスペースにしてしまおうという案を主人公が提案。安全と美観を兼ね備えた最終案だ。

土木:「工期も金もどうすんねん、 壁も2重になる。 ホームも5センチ削ることになる。やってられるか!





↓ ほぼ週刊ウェブマガジン「ルーフネット」最新号 はこちらへ。
ホムペはこちら




防水の歴史を探る*「ルーフネット」は日本の世界の防水に関する記録の初見を求めて日本書紀や聖書などを調べています。「日本の防水歴史研究会


防水メトロ  営団メトロは最近防水対策を熱心にPR
トンネル内及び地下駅構内の浸水対策、津波対策
春先から東京メトロが駅や車中のスクリーンで頻繁にアニメ放送をしている。津波や大雨で大量の水が押し寄せた時、こうして防ぎます、というものだ。
なぜ急に、と思って東京地下鉄株式会社の資料を調べてみると、平成24年度事業計画に「自然災害対策」として
東日本大震災を踏まえ、「換気口への新型浸水防止装置の設置を推進」という項目がある。メトロの24年度予算総額は895億円。安全対策に163億円、このうちの保安度向上に99億円があてられ、その一部が浸水対策費に充当される。

メトロ浸水
「浸入する水は防水板で止めます。」
メトロ浸水2
「換気用縦孔から入る水は、防水板を下から持ち上げ、防ぎます。」(いずれも銀座駅ホーム向かい壁のスクリーン)

東京メトロでは、これまで豪雨による浸水対策として、止水板、浸水防止機、防水扉などを設置してきた。今後は大規模水害を考慮して、さらに機器の改良と出入口対策をすすめてゆく、としている。
地下鉄出入口
出入口対策。設置対象個所は235。地下鉄かん気口
新型浸水防止機の設置対象個所は102。(対策図は「東京地下鉄株式会社平成24年度事業計画より」上も)
中央防災会議「大規模水害対策に関する専門調査会」及び東京都「洪水ハザードマップ」における浸水エリアを想定して止水対策箇所を抽出し、対象個数を産出している。


ホムペはこちら




防水の歴史を探る*「ルーフネット」は日本の世界の防水に関する記録の初見を求めて日本書紀や聖書などを調べています。「日本の防水歴史研究会