FC2ブログ
(旧 「防水屋台村」建設中)
RNY 豊川油田展示室~土瀝青・油田の歴史~
天然アスファルトが採取されていた池から怪獣出現!


秋田県潟上市昭和の東北石油本社事務所内に設置されている「豊川油田展示室」に怪獣「豊川タールサウルス」のジオラマが設置され、展示パネルなども一新されている。

東北石油

 豊川油田展示室は、豊川油田で天然ガスを生産出荷する東北石油の本社事務所内に2010年に開設された。油田の地質学上の特長や、産業史を解説するポスターや明治期以降の現地の写真、天然アスファルト(土瀝青)やその純度を高めた「万代石」、原油サンプルなどを展示している。
 
平野さん
「豊川油田の歴史を伝える会」(会員数37)の平野俊彦会長(71・東北石油社長) *写真は5年前に撮影したもの。
後ろが展示室で入場無料。平日午前8時~午後4時半。土日祝日は事前連絡が必要。
問い合わせ=東北石油=☎ 018・877・2069 

             ・・・・・・・
4500年前から3000年前の先史時代、天然アスファルトは、ひび割れ補修、接着、コーティングに使用された。縄文時代、天然アスファルトは貴重な材料であり、重要な交易品だったのである。アスファルトの付着した土器は全国的に出土している。聖書には防水材としてのアスファルトの用途が明確にかかれている。一方日本ではそのような周知の記録はないが、同様の用途で、広く使用されていたわけだ。アスファルトが全面にコーティングされた土偶は秋田県立博物館でみることができる。
             ・・・・・・・

日本建築学会防水アーカイブWG(田中享二主査)は、2019年7月1日、防水の歴史資料収集・調査の一環として、新潟県胎内市のシンクルトン記念公園内の、「油坪・あぶらつぼ」と呼ばれる、石油の湧出地を訪問した。ここで湧出した油を採取、成分分析を行い、10月7日の委員会でその概略が発表された。また、来年度は天然瀝青が露呈している秋田県・豊川油田見学の検討を始めた。


実はその相談のために平野氏に連絡を取ったところ、新たな展示物や、模様替えに関する情報が得られた。その様子を、秋田魁新報社が取材し、「秋田さきがけ」2019年5月30日号に掲載されたことをお聞きし、掲載誌を送っていただいた。

448豊川油田 OA220025
豊川油田の歴史を伝える会から送っていただいた掲載紙と展示案内。展示内容を制作・監修しているのが、同会顧問の佐々木榮一氏。

*佐々木氏に関してはルーフネットでサイト内検索してください。 防水アーカイブWGでは秋田土瀝青露出地見学の前に佐々木氏からレクチャーしていただく予定。



「秋田さきがけ」、によると
油田に興味を持った 怪獣・SFおたくを自認する秋田大大学院理工学研究科の三浦武准教授(53)が、タールサウルスを着想し制作(大きさは縦25センチ、横35センチ)、豊川油田の新たなシンボル・怪獣「豊川タールサウルス」としてジオラマを寄贈した。
かつて天然アスファルトが採取されていた豊川地区内の池から怪獣が出現したという設定だそうだ。



 
↓ ほぼ週刊ウェブマガジン「ルーフネット」最新号 はこちらへ。
ホムペはこちら


防水の歴史を探る「JWHA日本の防水歴史研究会」
*「ルーフネット」は日本の世界の防水に関する記録の初見を求めて日本書紀や聖書などを調べています。2020年の近江神宮燃水祭は7月7日。 黒川燃水祭は7月1日です
 「燃える土」=天然アスファルトはどこで見る 1
天然アスファルトとは地表付近に浸み出した原油の揮発性成分が失われ、残ったものです。
現在、道路舗装や防水に使用されるアスファルトは石油残渣(ざんさ)です。

448roteichiP5110059.jpg


日本書紀天智天皇七年(668年)7月の条に、越の国から燃える土(天然アスファルト)と燃える水(石油)が天智天皇に献上された、と記されており、その献上地が新潟県黒川村(現・胎内市)であることが、現在定説になっています。この事は本サイトで何度もお伝えしてきました。
ところで昔はそうであったことは解ったが、今はどうなのだ?燃える土や燃える水は見ることができるのか?という疑問がわいてきます。新潟県黒川ではいまでも燃える水=石油が水とともに湧出しそれ天智天皇の時代と同じ様にすくって、滋賀県近江神宮に献上する「燃水祭」が毎年行われています。
一方肝心の「燃える土」は現在の新潟では見ることができない様です。それが可能なのが秋田県潟上の豊川油田です。

448土瀝青(秋田・豊川産) P8070010
土瀝青(どれきせい)秋田豊川油田産。

*続く
キーワード:豊川油田。佐々木榮一。黒沢利八。ナミビア。死海。中島路可。縄文遺跡。アスファルト考古学。交易品。


448roteichiP5110064.jpg
天然アスファルト露出地

448ikeP5110053.jpg
かつての採掘跡。 今は池になっている。

448看板P5110043
そのことを説明する、教育委員会の解説看板。





↓ ほぼ週刊ウェブマガジン「ルーフネット」最新号 はこちらへ。
ホムペはこちら


防水の歴史を探る「JWHA日本の防水歴史研究会」
*「ルーフネット」は日本の世界の防水に関する記録の初見を求めて日本書紀や聖書などを調べています。2020年の近江神宮燃水祭は7月7日。 黒川燃水祭は7月1日です
土器誕生が物語る人類史の転換点

建築博物教室第18回「うつわのアーキテクチャ ――」
東京大学総合研究博物館小石川分館

あーきてくとにか

日時:2019年3月30日(土) 13:30〜15:00

講師:小髙敬寛(東京大学総合研究博物館特任研究員/近東考古学)

会場:東京大学総合研究博物館小石川分館 2階「空間標本」展示室
   東京都文京区白山3-7-1 tel.03-5777-8600
地下鉄丸の内線茗荷谷駅より徒歩8分

参加費:無料。 先着順
事前申し込み不要。定員:50名

^^^
* ルーフネットは、土器にアスファルトなどによる防水・コーティングがあるか。ひび割れ補修の材料は何か?などに注目しています。






↓ ほぼ週刊ウェブマガジン「ルーフネット」最新号 はこちらへ。
ホムペはこちら


防水の歴史を探る*「ルーフネット」は日本の世界の防水に関する記録の初見を求めて日本書紀や聖書などを調べています。「日本の防水歴史研究会」
2019年の近江神宮燃水祭は7月5日。 黒川燃水祭は7月1日です

2019年・JWHA 展示予定「防水と雨仕舞の歴史館」
第24回R&R建築再生展 東京ビッグサイト青海展示棟B 6月11日(火)―13日(木)
接着剤の元祖はアスファルト

えぷた
ヒノキ新薬が発行する季刊誌「エプタ」86号の特集は「貼る」。
紀元前4000年には存在していた天然アスファルトの元祖接着剤としての姿を多面的に紹介している。その他、膠(にかわ)と文化財保存・ヴァイオリン、漆、金継ぎなど。

『エプタ』は、基礎肌粧品メーカーであるヒノキ新薬株式会社が発行する企業文化誌。1960年代から発行していた社外誌『asunaro』を、2001年に現在の形で新創刊し、季刊+1の年間5冊発行。「古き良き日本を見直し、伝統文化に誇りを持ち、広く“知”への関心を喚起させ」ること」が編集方針という。 http://www.hinoki.co.jp/publish/
600表紙DSC07006
アスファルトの章は日本接着学会・元理事の柳澤誠一氏が執筆。「接着剤の元祖はアスファルトだった」として縄文時代の利用、ノアの箱舟やバベルの塔など、ルーフネットではお馴染みの話題が展開されている。またアスファルト研究家の佐々木榮一氏提供の豊川油田の写真、JWHA日本防水の歴史研究提供の天然アスファルトの写真なども掲載されている。


↓ ほぼ週刊ウェブマガジン「ルーフネット」最新号 はこちらへ。
ホムペはこちら



防水の歴史を探る*「ルーフネット」は日本の世界の防水に関する記録の初見を求めて日本書紀や聖書などを調べています。「日本の防水歴史研究会
2018年の近江神宮燃水祭は7月5日。 黒川燃水祭は7月2日です。
2018防水と雨仕舞の歴史展」2018.5.30ー6.1 東京ビッグサイト建築再生展にて
協力者募集中!

RNY389 天然アスファルトの道 
佐々木榮一さんのアスファルト研究の道 日経新聞「文化」欄に掲載
2018年4月3日朝刊最終面

800佐々木さん 日経記事 P4030351_LI

佐々木さんと豊川油田については以下を、ご覧ください。
近代化産業遺産「豊川油田」
www.roof-net.jp/index.php?cmd=read&page=%E8%BF%91%E4%BB%A3%E5%8C%96%E7%94%A3%E6%A5%AD%E9%81%BA%E7%94%A3%E3%80%8C%E8%B1%8A%E5%B7%9D%E6%B2%B9%E7%94%B0%E3%80%8D&word=%E8%B1%8A%E5%B7%9D%E6%B2%B9%E7%94%B0

*佐々木さんと豊川油田、アスファルトに関しては、以下も参照下さい。
http://www.tozai-as.or.jp/roots/

豊川タールピット物語
タールピット20170326-1[1] (1)
秋田県の天然アスファルトの産地・豊川の地に繰り広げられたドラマ


タールピット20170326-1[1] (2)

秋田県の八郎潟の南端にある「豊川の地」の天然アスファルトに覆われた独特の地質と,近代産業遺産としての価値を広く知らしめようとしている佐々木榮一さん(「豊川油田の歴史を伝える会」顧問)。2017年1月15日、「豊川タールピット物語」B5版117頁を発行した。
佐々木榮一(ささき・えいいち)氏は 北海道出身。1972年秋田大学鉱山研究科修了。専門は石油地質学。卒業後、石油資源開発(株)に入社、国内の油田開発や、バングラデシュ、マレーシア、ロシアのサハリン州での石油探査業務に携わった。
きめ細かい取材を通じて天然アスファルト活用の歴史や防水工事への関わりについても、触れられていて、防水の歴史を知る上で、きわめて貴重な記事や写真が掲載されている。


豊川油田物語
豊川油田
日本最大のアスファルト鉱山と天然アスファルト利用の「歴史」


豊川油田物語20171117-2[1] (1)
豊川油田物語20171117-2[1] (2)
豊川油田物語20171117-2[1] (3)
2017年10月15日 、アスファルト研究者佐々木榮一氏が昨年発行した「豊川タールビット物語」に続いて「豊川油田物語」、B5版169ページ、を発刊した。1冊1500円。
佐々木榮一(ささき・えいいち)氏は 北海道出身。1972年秋田大学鉱山研究科修了。専門は石油地質学。卒業後、石油資源開発(株)に入社、国内の油田開発や、バングラデシュ、マレーシア、ロシアのサハリン州での石油探査業務に携わった。(「豊川油田の歴史を伝える会」顧問)。
秋田県の八郎潟の南端にある「豊川の地」の天然アスファルトに覆われた独特の地質と,近代産業遺産としての価値を広く知らしめようとしている佐々木榮一さん2017年1月15日には、「豊川タールピット物語」B5版117頁を発行している。
本書も、先の書と同様、きめ細かい取材を通じて天然アスファルト活用の歴史や防水工事への関わりについても、触れられていて、防水の歴史を知る上で、きわめて貴重な記事や写真が掲載されている。


↓ ほぼ週刊ウェブマガジン「ルーフネット」最新号 はこちらへ。
ホムペはこちら



防水の歴史を探る*「ルーフネット」は日本の世界の防水に関する記録の初見を求めて日本書紀や聖書などを調べています。「日本の防水歴史研究会
2018年の近江神宮燃水祭は7月5日。 黒川燃水祭は7月2日です。
2018防水と雨仕舞の歴史展」2018.5.30ー6.1 東京ビッグサイト建築再生展にて
協力者募集中!
RNY374  「えっ! 縄文時代にアスファルト? 」 参加報告

アスファルトの歴史に詳しい 佐々木榮一さんのレポートです。
岩手県御所野縄文博物館で12月17日まで開催

huchidori.jpg

2027年11月18日(土)より、岩手県御所野縄文博物館を会場に、企画展「えっ!縄文時代にアスファルト?」が開催された。

今回の企画展の目的は、縄文時代のアスファルト利用の地域性とその変遷や、北東北におけるアスファルトの流通からみえてくる縄文社会の交流や集落間のネットワークなどについて紹介すること。また、主催者は「縄文時代にはすでに利用されていたアスファルト。この機会を通してアスファルトの面白さを知っていただき、少しでも興味を持っていただけると嬉しいです」という。

11月23日(木・祝)には一戸町コミュニティセンターホールにてシンポジウムも開催された。アスファルトの研究家・佐々木榮一さんが参加されたので、そのレポートをお願いした。(以下の写真は佐々木氏)

448スクリーンショット (96)
岩手御所野縄文博物館

入口
企画展「えっ!縄文時代にアスファルト?」の会場入り口


縄文①

縄文②

縄文③
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


↓ ほぼ週刊ウェブマガジン「ルーフネット」最新号 はこちらへ。
ホムペはこちら



防水の歴史を探る*「ルーフネット」は日本の世界の防水に関する記録の初見を求めて日本書紀や聖書などを調べています。「日本の防水歴史研究会
2018年の近江神宮燃水祭は7月5日。 黒川燃水祭は7月2日です。

豊川油田物語
日本最大のアスファルト鉱山と
天然アスファルト利用の「歴史

豊川油田物語
2017年10月15日 、アスファルト研究者佐々木榮一氏が昨年発行した「豊川タールビット物語」に続いて 「豊川油田物語」  B5版169ページ、を発刊した。1冊1500円。


佐々木榮一(ささき・えいいち)氏は 北海道出身。1972年秋田大学鉱山研究科修了。専門は石油地質学。卒業後、石油資源開発(株)に入社、国内の油田開発や、バングラデシュ、マレーシア、ロシアのサハリン州での石油探査業務に携わった。(「豊川油田の歴史を伝える会」顧問)。
秋田県の八郎潟の南端にある「豊川の地」の天然アスファルトに覆われた独特の地質と,近代産業遺産としての価値を広く知らしめようとしている佐々木榮一さん2017年1月15日には、「豊川タールピット物語」B5版117頁を発行している。

本書も、先の書と同様、きめ細かい取材を通じて天然アスファルト活用の歴史や防水工事への関わりについても、触れられていて、防水の歴史を知る上で、きわめて貴重な記事や写真が掲載されている。




目次② (2)

目次② (1)
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
佐々木氏は、本年5月31日から6月2日、東京ビッグサイトで開催された2017建築再生展の「JWHA日本防水の歴史研究会」のブースで、ミニゼミを行った、その時の様子は2018年1月の本サイトで報告予定。



↓ ほぼ週刊ウェブマガジン「ルーフネット」最新号 はこちらへ。
ホムペはこちら



防水の歴史を探る*「ルーフネット」は日本の世界の防水に関する記録の初見を求めて日本書紀や聖書などを調べています。「日本の防水歴史研究会