FC2ブログ
(旧 「防水屋台村」建設中)
新潟と滋賀(越と近江)をつなぐ
2018 黒川燃水祭
satou ,P7020038
近江神宮宮司(左)と越の国の防水工事団体副支部長(右)

P燃水祭会場7020073
黒川燃水祭会場

布川、市長、佐藤
手前左から、黒川臭水遺跡保存会会長、 旧黒川村胎内市市長、 近江神宮宮司

↓ ほぼ週刊ウェブマガジン「ルーフネット」最新号 はこちらへ。
ホムペはこちら


防水の歴史を探る*「ルーフネット」は日本の世界の防水に関する記録の初見を求めて日本書紀や聖書などを調べています。「日本の防水歴史研究会」
2019年の近江神宮燃水祭は7月5日。 黒川燃水祭は7月1日です。
RNY404 越の国の石油とアスファルト記念館(1)
日本最古の石油アスファルト献上の地シンクルトン記念館

入口シンクル4P7020011


―――――――――――――――――――――――――――――――

【シンクルトン記念館】:日本最古の石油史資料、採油資料展示。室内展示では、古代~現代までの臭水と共に生きた人々の歴史を紹介。石油関係民具の実物展示、イラスト・写真・模型などにより展示、説明をしている。ハイビジョンシアターでは臭水と人との関りを学習体験できる。またこの地方独特の臭水の採油方法や、黒川燃水祭の様子も紹介している。入口ロビーにはアラブ首長国連邦児童絵画の作品も鑑賞できる。過去の歴史だけではなく、石油の現在、さらには未来の地球環境の認識も深めてもらうような展示がされている。
自然に湧出した原油を、天智天皇(西暦668年)に献上したといわれている油坪と油井戸が当時のまま保存されており、日本最古の油田とされている。明治6年英人医師シンクルトンが来村し、採油法を指導したことから公園がシンクルトンと命名されている。
建設年次:平成8年
建設費用:158,000千円
建物構造:鉄筋コンクリート造1階建
施設内容:第1展示室 石油資料館、第2展示室 ハイビジョンシアター

所在地:胎内市下館1904-1
アクセス
●JR羽越本線「中条駅」より車で15分
●日本海東北自動車道「中条IC」より車で20分
●会館期間:4月~11月  時間:9時~17時
●休館日:月曜日(月曜日が祝日の場合は翌日)、冬期間12月~3月
料金
●一般:300円 ●小・中学生:150円
シンクルトン記念館電話番号 0254-47-3260
-------------------------------―――――――――――――――――――

ぽkっぽこ
シンクルトン石油記念館の周辺ではあちこちで天然ガスが浸み出し「ポコポコ」音を立てている。
原油が浸み出す油壺。毎年ここから採取され、近江神宮に献上される。

伊東さんシンクル10P7020052
石油記念館内部と記念館担当の胎内市教育委員会主任 伊東崇(いとう・たかし)さん。

燃える水献上 シンクル②P7020008
燃える土 シンクル1P7020002

以下、シンクルトン記念館を知る最適の資料として、伊東さんが3年前(2007年)「新潟県石油産業遺産の活用を考える」シンポジウで胎内市代表での報告を紹介します。

700ぽスタシンクル9P7020030

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
―石油産業近代化遺産を活かしたまちづくり―
新潟県胎内市  黒川油田
胎内市教育委員会主任 伊東崇(いとう・たかし)

新潟県胎内市の沖合い4㎞の所に海上油田「岩船沖油ガス田」が現在も稼働しており、海上にそそり立つ煙突からは独特の炎が燃え上がるのをみることができる。遥か太古の時代から現在まで、原油と人々あ関わってきた歴史がここ胎内市にもある。

1. はじめに
胎内市は新潟県の北部に位置し、旧黒川村と旧中条町とが合併してできた人口3万4千人弱の新しい市である。海から山まで豊かで変化に富む自然を有し、縄文時代から人々は豊かな自然資源を利用してきた。
黒川油田は、古くは688年天智天皇の時代から昭和55年まで営まれた日本最古の原油献上油田といわれ、その場所は日本海東北自動車道の終点、中条ICから国道7号線を北へ車で15分ほど走らせた旧黒川村山間部の閑静な森の中にある。現在は黒川石油公園・シンクルトン記念館として整備されている。今回は黒川油田における、石油産業近代化遺産を活かしたまちづくりについて考えていきたい。

1. 黒川油田の歴史
黒川油田は今から1300年以上前の688年、日本書紀に「越の国、燃える土(アスファルト)、燃える水(原油)とを献ず」と記され、ここ黒川をふくめた越の国から原油を天智天皇に献上したことを伝えている。黒川村の「黒川」という地名も、ここに原油(臭水:くそうず)が湧き、川を染めてていたことに由来するといわれている。黒川の油田が歴史上に初めて登場するのは、1277年の古文書(高井道円譲状)や同時期の絵図(奥山荘浪月条近傍絵図)にある「くさうつ」「久佐宇津」にみられる地名である。
江戸時代になると黒川の臭水に関する記録が多くみられる。①元和7(1612)年村上藩主堀丹後守直寄の臭水寄進、②正徳3(1713)年『和漢三才図会』に於ける天智天皇7年燃える水献上地黒川の推定、③天明6(1786)年橘南谿『東遊記』に於ける越後七不思議の一つとして、④文化3(1806)年の『越後巡見記』によるカグマによる採油の記録、⑤文政2(1828)年の『産業事蹟』にみられる黒川臭水の江戸での販売などがあげられる。当時臭水坪は50ほどあり、臭水は灯明用のほか、農地の防虫、川舟の防水などに使われた。
i. 明治における黒川油田の開発
江戸時代まで臭水坪の拡張や水平堀による採油方法を続けていたが、明治6(1873)年、イギリス人シンクルトンが黒川に訪れ、手掘りの井戸に木枠をはめて掘る方法を伝授した。この原油含有層まで安全に掘り進む井戸が成功したことにより黒川に手掘り井戸が成功したことにより黒川に手掘り井戸が一気に増え、一定量の原油採掘を可能にした。このシンクルトンの指導で掘られた井戸は「異人井戸」と呼ばれ、今でも石油公園に残っている。その後、明治9(1876)年のアメリカ人ライマンの調査や、塩小路光孚(しおのこうじみつざね)が中条町に黒川の臭水を利用した鉱油所をつくり日本最初の灯台用石油として販売したが、その後の乱掘などにより黒川油田は明治20年頃に一時減少し、明治26年頃から効率的な上総堀や機械堀りを導入して採油量を盛り返したが、やがて減少し、明治の終わり頃には衰退していく。
ii. 昭和の最盛期と衰退
昭和13年頃から北越石油(株)、中野鉱業(株)、越後石油鉱業組合などが採掘し、また昭和16年頃から帝国世紀油、大同石油など大企業の本格的採油により無数の石油掘削櫓が建ち並ぶようになり、昭和17年頃黒川油田は最盛期を迎えた。当時、塩谷から平木田駅までパイプで原油を送油し、日石新潟製油場まで運ばれた。昭和19年太平洋戦争中、工兵隊が黒川小学校に駐屯して、黒川坂下で原油を採掘、昭和20年頃には胎内川沿岸で帝国石油、日本石油が採掘した。戦後は吉川石油が採油を行っていたが、昭和30年頃から産出量も不足し、外国輸入が増加したことから衰退していく。昭和34年~52年まで地元黒川小学校の給食燃料に、また漁船燃料として使用されたが、昭和55年頃には黒川油田は終焉した。

2. 黒川油田の保存と現状
黒川油田の終焉により、一時は100箇所近くあった石油採油櫓や井戸が次々と解体された。平坦地は水田耕作などによりすべて撤去され、山間部の堅井戸などもすべて埋設される運命であった。しかし地域の人々がこの消滅する油田跡が歴史的遺産として大切なものであると認識し、また地域を潤し、黒川村を発展させたことに対する黒川油田への恩返しとして、保存し、後世に伝えていくこととなった。山間部の堅井戸跡や、油坪などは地権者と協議し、黒川村で管理し、整備することとなった。
昭和12年の金塚友之丞氏の研究や、その後の地元地域の人々の研究や保存意欲により、昭和53年に臭水油坪が黒川村の文化財に指定された。昭和55年には黒川油田に関する資料を展示した黒川村郷土伝習館(現胎内市黒川郷土文化伝習館)が開館し、現在も油田の歴史を模型や写真で紹介している。昭和58年には錦織平蔵氏により『燃える水 燃える土 献上地の研究』がまとめられた。その研究成果が滋賀県近江神宮にも認められ、この年近江神宮の「燃水祭(ねんすいさい)」に招待され参加し、以後黒川でも毎年7月「黒川燃水祭」を実施するようになる。このように地域で産業遺産の保存や伝承が進められていった。

3. 原油の特徴と独特の採油方法
黒川油田の原油は黒褐色で粘調、比重0.920の重質で、戦時中は主に潤滑油に使用された。油と噴出するガスはメタンが主成分で二酸化炭素を多く含む。
黒川村では、含油層が地表近くにあるので、臭水が自然に湧き出て窪地に溜まるという地形上の特色がある。この窪地はむかしから「坪(つぼ)」と呼ばれてきた。それぞれの坪に名称がつけられ、黒川石油公園にあるものは岩坪と呼ばれた。坪からの採油にはカグマを使った黒川村特有の方法を用いた。カグマは常緑性のシダ類を束にして乾燥させたもので、これを坪にひたして水面に浮いた臭水を採り、手でしごいて桶に臭水を溜めていく臭水採油用の道具である。この黒川独特の採油方法は機械掘りが行われた昭和20年頃まで続いた。
江戸時代には黒川の人々は、原油は神からの授かりものと考え、村の共有産物として村人全体で協力し坪をつくり油の管理をした。明治以降は個人または組合の小企業が採油し、農家のサイドワークとしても採油が行われた。昭和に入っても大企業が参入するまでは、組合で決められた日に採油が行われた。地下水位が高いため、井戸を掘る際に地下に掘った横マブという排水溝も特徴といえる。

4. 施設の概要
. 黒川石油公園
昭和60年に黒川石油公園が黒川油田跡地の森の中に整備された(面積 8,250 ㎡)。公園内には明治期にシンクルトンが指導して掘った堅井戸や、排水溝、それ以前の古い油坪などが保存され、黒川油田の繁栄を示す建造物として、石油掘削櫓を模したシンボルタワー、東屋、遊歩道なども設置され、採油用のカグマを栽培する展示畑もつくられた。公園内では現在も天然ガスがポコポコ吹き出る様子や、池や井戸から臭いを漂よわせながら湧き出る原油をみることができる。この黒川石油公園が整備された年、アラブ首長国連邦駐日大使が黒川石油公園を訪れ、またその3年後、黒川村長がアラブ首長国連邦に訪問し国際交流を深めている。平成4年には黒川の臭水(4,822㎡)が新潟県の天然記念物に指定され、さらに平成6年には考古学的な価値が認められ国の史跡に指定された。

5. 活用方法・取り組みについて
シンクルトン記念館、黒川石油公園は現在市直営で管理・運営している。当初所管については、旧黒川村では商工観光課が、町村合併し胎内市となってからは教育委員会生涯学習課が所管し、文化施設として位置づけている。平成18年には文化施設8館の共通利用券をスタートし、相互利用を図っている。
臭水油坪が国史跡「奥山荘城館遺跡」の一部であり、旧黒川村、旧中条町、旧加治川村にまたがる事から史跡めぐりなどを広域的に行ってきたが、黒川油田の活用で最も大きいものは次にあげる「黒川燃水祭」と、市で取り組んでいる「胎内型ツーリズム」での活用である。

. 黒川臭水遺跡保存会の取り組み
「越の国より燃える水を献上する」という日本書紀の記録をもとに、毎年7月1日に、古式にのっとった伝統儀式「黒川燃水祭」が地元保存会と市により黒川石油公園で開催されている。保存会のメンバーは、かつて地元で採油に関わってきた人々が中心である。この黒川燃水祭は昭和58年から実施され、石油業界関係者、地域住民、市内小学校など毎年100名以上が参加し、「採油の儀」、「点火の儀」、「清砂の儀」など一連の伝統儀式を実施したあと古代装束をまとった保存会メンバーが街中で献上行列を行う。また黒川で採油された燃える水(原油)は、7月7日に天智天皇が祀られている滋賀県の近江神宮の献上され、引き続き近江神宮で燃水祭が執り行われる。
i. 胎内型ツーリズム(教育旅行資源として)
市内学校による「ふるさと体験学習」や県外都市生活者、学校による宿泊体験プログラム「胎内型ツーリズム」の中で黒川油田は活用されている。施設所管の教育委員会と「胎内型ツーリズム」を担当する農林水産課が連携して地元農家の宿泊なども斡旋した事業を進めている。東京などからの修学旅行のコース、海外留学生の体験コースなどにも組み込まれており、訪れた生徒は黒褐色の原油が湧き出る池や、地上からのメタンガスの噴き出る音を聞いて「こんな所が日本にあったのか」と驚いている。黒川独特の採油道具「カグマ」づくりや、カグマによる採油体験、火起し器を使用した臭水の点火体験なども実施している。

6. おわりに
以上、黒川油田の歴史、活用の様子を簡単に紹介してきた。シンクルトン記念館は開設以来12年が経ち、この間見直し計画が何度か検討されてきた。これからも参加者が記念館に何を求めているか常に把握して、石油が昔から現在まで国民全体の貴重な資源であることを理解していただくよう努力していきたい。また今後も、遺跡の保存環境に注意を払いながら、関連資料の収集に努め、地域文化の集積、発信拠点としていきたい。
町村合併して消えて行く地名、合併したことにより改めて「黒川」の名前を大切に想うようになり、黒川地名の由来となったこの油田を保存することの重要性を感じている。


↓ ほぼ週刊ウェブマガジン「ルーフネット」最新号 はこちらへ。
ホムペはこちら


防水の歴史を探る*「ルーフネット」は日本の世界の防水に関する記録の初見を求めて日本書紀や聖書などを調べています。「日本の防水歴史研究会」
2019年の近江神宮燃水祭は7月5日。 黒川燃水祭は7月1日です。
近江神宮燃水祭 平成30年7月5日 式次第

h448楼門,茅の輪P7050011
7月5日(木)、激しい雨の中、近江神宮燃水祭斎行された。今年は、燃水燃土献上の年(天智天皇7年・西暦668年)より数えて1350年という慶節にあたり、初めて「燃える土」が奉献された。H800 燃水祭平成30年式次第

H448白拍子P7050301


水平800舞楽解説30年燃水祭
毎年、燃水奉献、日本書紀奉唱の後、「女人舞楽 原笙会(にょにんのぶがく はらしょうかい)」による舞楽が奉納される。
原笙会は、千三百年の歴史を有する伝統芸能「舞楽」の世界に女性による舞を復活し、兵庫県芦屋市で活動している団体。
この日舞われた「白拍子」は舞楽ではないが、平家物語に登場する祇王と祇女、仏御前が舞ったとして人気の高い風俗舞。
原笙会のHPの解説によると、「頭には高烏帽子、緋の長袴に白の水干。太刀を吊り、扇をかざして舞う姿は、平安時代女性が男装をした初めです。 宝塚の男役の魅力に共通する美しさです。」http://www7a.biglobe.ne.jp/~gagaku/index.html


448雨の中P7050331

448楽P7050274

448笛P7050284

448白拍子 P7050344

4482人P7050356

448白拍子、今様P7050216

448楽部P7050272




防水の歴史を探る*「ルーフネット」は日本の世界の防水に関する記録の初見を求めて日本書紀や聖書などを調べています。「日本の防水歴史研究会」
2019年の近江神宮燃水祭は7月5日。 黒川燃水祭は7月1日です。
平成30年 近江神宮燃水祭
7月5日は近江神宮燃水祭
日本書紀の記述より1350年の節目に「燃える土」奉献

カエル448 PG9P6706

「先人の苦労に感謝」というなら、業界の起源、始まりに関する記録に対しても、しかるべき敬意を払ってはいかがだろう。
近代防水の起源は1905年だが、人類と防水との記録という点では、西洋では旧約聖書、日本では日本書紀にその起源を求めることができる。

今年の燃水祭は、日本書紀に書かれた、燃土燃水献上の年である西暦668年から数えて1350年という慶節にあたる。これを機に、本年は防水業界から、燃える土(アスファルト)を奉献する。燃水祭で初めて、日本書紀に書かれた通り、燃土と燃水の両方を奉献することになる。燃える土の関係者が、初めて参列したのが平成23年で、小冊子「近江神宮燃水祭」の巻末資料によると、燃水祭が初めて斎行されたの昭和48年、現在の形になったのが平成元年である。いつかは「燃える土も奉献したい」というのが防水業界の願いであった。

燃水祭史上初めてとなる「燃える土」奉献は、滋賀県防水工事業協会会長の杉本憲央氏(㈱メイコウ会長)が行うことになっている。今年も防水業界から約20名の参列が予定されている。

700H30年燃水祭案内 

7月2日は黒川燃水祭
7月5日は近江神宮燃水祭
(7月7日が土日に当たるときは、7月5日になります)

↓ ほぼ週刊ウェブマガジン「ルーフネット」最新号 はこちらへ。
ホムペはこちら


防水の歴史を探る*「ルーフネット」は日本の世界の防水に関する記録の初見を求めて日本書紀や聖書などを調べています。「日本の防水歴史研究会」
2018年の近江神宮燃水祭は7月5日。 黒川燃水祭は7月2日です。
平成30年黒川燃水祭は7月2日
新潟県黒川(旧黒川村、現胎内市)で開催

採油P7010136
採油の儀。 写真は昨年の様子。 下も。

アスファルトと石油に関するわが国最古の記録が日本書紀である。新潟県「越の国黒川臭水遺跡保存会」が7月2日、『黒川燃水祭』を開催する。
 「日本書紀」第38代天智天皇7年(西暦668年)の記述に「越の国より燃土・燃水を献ず」とあるのは、黒川(旧黒川村、現胎内市)といわれ、その昔、原油が川のように黒々と流れたことから黒川の地名の由来になっている。
 この史実を後世に伝えようと毎年行われているのが『黒川燃水祭』で、天智天皇を祀る滋賀県の近江神宮から神官をはじめ石油開発業界、石油販売業界の代表が参列するとともに、地元小学校児童も郷土史の勉強を兼ねて見学し、白装束を身にまとった保存会メンバー等が献上風景を再現して街中を行列する。
 なお、『黒川燃水祭』でカグマ(リョウメンシダ)により古式の方法で採油された油は、近江神宮において7月5日に開催される「燃水祭」に奉献される。

出発P7010453
献上行列


↓ ほぼ週刊ウェブマガジン「ルーフネット」最新号 はこちらへ。
ホムペはこちら


防水の歴史を探る*「ルーフネット」は日本の世界の防水に関する記録の初見を求めて日本書紀や聖書などを調べています。「日本の防水歴史研究会」
2018年の近江神宮燃水祭は7月5日。 黒川燃水祭は7月2日です。
    2017年黒川燃水祭
日本の防水の原点を求めて
「燃土燃水献上の地」黒川村へ

総合防水メーカー、日新工業が製造するアスファルト防水材の責任施工団体である、日本アスファルト防水工業協同組合が発行する機関誌「日本アスだより」の10月15日、No.191号に、黒川燃水祭の様子が紹介されている。著者は新潟県防水工事業協会北陸支部副支部長の高橋英樹氏(茂興業㈱社長)。 同会報からその部分を転載させていただく。

だより日本アスDSC04787




yoko 700

700 2枚目

↓ ほぼ週刊ウェブマガジン「ルーフネット」最新号 はこちらへ。
ホムペはこちら



防水の歴史を探る*「ルーフネット」は日本の世界の防水に関する記録の初見を求めて日本書紀や聖書などを調べています。「日本の防水歴史研究会

2018年の近江神宮燃水祭は7月5日。 黒川燃水祭は7月2日です。
RNY367 近江神宮燃水祭はいつ始まったのか
近江神宮燃水祭はいつ始まったのか

30表紙img007
平成27年7月7日に斎行された燃水祭で、燃水祭の歴史をまとめた小冊子「近江神宮燃水祭」(変形B5版、22ページ)が参列者に配布された。(上はその表紙。JX日鉱日石エネルギー(株)所蔵、小堀鞆音・ 燃土燃水献上図の一部が拡大使用されている。)
発行人は燃水祭の代表世話人を勤める全国石油商業組合近畿支部芝野桂太郎氏。製作にはARKアスファルトルーフィング工業会とJWHA日本防水の歴史研究会が協力したもの。
燃水祭の成り立ち、経緯、黒川燃水祭の様子、日本書紀や小堀鞆音や塚田秀鏡との関係が詳しく書かれている。

前書きimg008
maegaki2.jpg

この中から、
資料1の「近江神宮燃水祭」はいつ始まったのか、を紹介する。

資料1  img003 (3)
30shiryou2.jpg
資料3 
奉仕者リスト 

↓ ほぼ週刊ウェブマガジン「ルーフネット」最新号 はこちらへ。
ホムペはこちら



防水の歴史を探る*「ルーフネット」は日本の世界の防水に関する記録の初見を求めて日本書紀や聖書などを調べています。「日本の防水歴史研究会