FC2ブログ
(旧 「防水屋台村」建設中)
激甚化する雨と防水被害対策
REPCが12月6日 東京・田町でセミナー


以下同協会資料より
趣旨


講座概要



令和元(2019)年 12 月 6 日(金) 時 間: 13:00~16:40 (受付 12:30~) 会 場: 長谷工コーポレーション講堂兼体育館 対 象: 会員及び一般 定 員: 先着 150 名(定員になり次第締切) 参加費: 会員 4,000 円/人、一般 6,000 円/人 (参加費は消費税及び資料代を含む)


問合せ先 一般社団法人 マンションリフォーム推進協議会 事務局
〒102-0083 東京都千代田区麹町 4-3-4 宮ビル 8F
TEL 03-3265-4899 FAX 03-3265-4861
第21回 リ協会管理組合セミナー
第21 回「マンションの設備改修工事事例 その2(排水設備改修工事編)」

やまぶどうP8120024



 特定非営利活動法人 リニューアル技術開発協会(望月重美会長)は 2019 年10 月19 日(土)14 時~16 時30 分 田島ルーフイング株式会社東京支店 会議室 (〒101-8579 東京都千代田区外神田4-14-1秋葉原UDX南21F)で,第21回 「マンションの設備改修工事事例 その2(排水設備改修工事編)」を開催する。

詳細は
URL:http://www.renewal.or.jp/   E-mail:jimukyoku@renewal.or.jp

以下リニューアル技術開発協会パンフより

600 り協 (2)
600 り協 (1)






防水の歴史を探る「JWHA日本の防水歴史研究会」
*「ルーフネット」は日本の世界の防水に関する記録の初見を求めて日本書紀や聖書などを調べています。2020年の近江神宮燃水祭は7月7日。 黒川燃水祭は7月1日です

↓ ほぼ週刊ウェブマガジン「ルーフネット」最新号 はこちらへ。
ホムペはこちら


どうする  修繕積立金不足 
リニュアル協が管理組合向けセミナー 

1448リ協


スクリーンショット (259)




↓ ほぼ週刊ウェブマガジン「ルーフネット」最新号 はこちらへ。
ホムペはこちら


防水の歴史を探る*「ルーフネット」は日本の世界の防水に関する記録の初見を求めて日本書紀や聖書などを調べています。「日本の防水歴史研究会」
2019年の近江神宮燃水祭は7月5日。 黒川燃水祭は7月1日です

2019年・JWHA 展示予定「防水と雨仕舞の歴史館」
第24回R&R建築再生展 東京ビッグサイト青海展示棟B 6月11日(火)―13日(木)
マンション管理基礎セミナー
川口市が防災対策・大規模修繕でセミナー

埼玉匠セミナーPA270034

平成30年10月27日(土)埼玉県川口市の川口総合文化センター・リリア11階大会議室で、マンション管理基礎セミナーが開催された。午前中が個々の管理組合の相談会、13時からは、次の2件の講演と意見交換会が行われた。
①「管理組合が取り組むべき防災対策」
講師:一般社団法人埼玉県マンション管理士会 
マンション管理士 清水 晃 氏
②「大規模修繕工事の失敗事例から学ぶ」
講師:NPO法人匠リニューアル技術支援協会
常務理事 玉田 雄次 氏

①では震災時のトイレの問題。 震災後管理組合として、どの時点でトイレの使用・排水許可のアナウンスをすればよいか、
②では、大規模修繕、長期修繕計画、日常の修繕の違い、業者の使い分けなどが話され、会場からは業者選定の具体的方法などが質問された。

↓ ほぼ週刊ウェブマガジン「ルーフネット」最新号 はこちらへ。
ホムペはこちら


防水の歴史を探る*「ルーフネット」は日本の世界の防水に関する記録の初見を求めて日本書紀や聖書などを調べています。「日本の防水歴史研究会」
2019年の近江神宮燃水祭は7月5日。 黒川燃水祭は7月1日です、
マンション防災・大規模修繕で基礎セミナー
10月27日(土) 埼玉県・川口総合文化センター・リリアホールで
講師は埼玉マンション管理士会、匠リ協

takumi.png


個別相談、意見交換も。


↓ ほぼ週刊ウェブマガジン「ルーフネット」最新号 はこちらへ。
ホムペはこちら


防水の歴史を探る*「ルーフネット」は日本の世界の防水に関する記録の初見を求めて日本書紀や聖書などを調べています。「日本の防水歴史研究会」
2019年の近江神宮燃水祭は7月5日。 黒川燃水祭は7月1日です
屋上苔園

押さえコンクリートの上の苔庭

屋上苔庭PG9P3468

屋上に設置された温水ソーラー設備の下PG9P3455
屋上に設置された温水ソーラー設備の下に、きれいな苔が。

植栽は管理の盲点
木は成長するという事実
植栽は管理の盲点?PG9P3359
10年前の入居時、たまたまスペースがあり、あれこれ木を植えてしまったある集合住宅。今、頭をかかえているのが植栽管理費だ。自主管理が基本で、なんでも自分たちでやってきたものの、木の成長と共に、もちろん住民の高齢化とともに、手に余ってくる。それと共に、剪定にかかる費用が増えてくるわけだ。早いうちの移植、間引き、思い切った強剪定なども必要だ。「新築時にメンテを考慮した防水設計が欠かせない」。この考えは、公共インフラや植栽も同じである。



↓ ほぼ週刊ウェブマガジン「ルーフネット」最新号 はこちらへ。
ホムペはこちら


防水の歴史を探る*「ルーフネット」は日本の世界の防水に関する記録の初見を求めて日本書紀や聖書などを調べています。「日本の防水歴史研究会」
2019年の近江神宮燃水祭は7月5日。 黒川燃水祭は7月1日です