FC2ブログ
(旧 「防水屋台村」建設中)
八坂の疫神社 
厄除(やくよけ)け粽(ちまき)の起源




O7250252.jpg
八坂神社の摂社である疫神社(えきじんじゃ)の祭神は蘇民将来(そみんしょうらい)
祇園祭に合わせて 屋根改修が行われた。
疫神社 屋根O7250243
何とか間に合った銅板屋根の葺き替え。

祇園祭の行われる7月には社頭や各山鉾では「蘇民将来子孫也」と記した「厄除粽(ちまき)」が授与される。7月31日には「疫神社」で「夏越祭」が行われ「茅之輪守」が授与される。
八坂西門
八坂神社西門


粽DSC07256

むかし、ある所に二人の兄弟がいました。兄の名は「蘇民将来(そみんしょうらい)」、弟の名は「巨旦将来(こたんしょうらい)」。
ある晩、武塔神(むとうしん)という神が一夜の宿を求めました。兄の蘇民将来は「貧しく」、弟の巨旦将来は「裕福」だったのにも関わらず弟は断り、兄は貧しいながらも、精いっぱいおもてなしをしました。
武塔神は、「我は素戔嗚尊(スサノオノミコト)、蘇民将来の子孫だと言い茅の輪を腰の上につけていれば、
後世に疫病あれど蘇民将来の子孫は免れるであろう」
と教え、弟の将来一族をことごとく滅ぼした。そんな由来から、人が通れるくらいの大きな茅の輪を潜って無病息災を祈るようになり、祇園祭のちまきでも「蘇民将来之子孫也(そみんしょうらいのしそんなり)」という文字が使われるようになりました。


7月31日 10:00
蘇民将来を祭る「疫神社」の鳥居に大茅輪を設け、参拝者はこれをくぐって厄気を祓い、又「蘇民将来之子孫也」の護符を授かります。なんだか一番効きそうですね。でももっといいのは、蘇民将来になることでしょうか。



↓ ほぼ週刊ウェブマガジン「ルーフネット」最新号 はこちらへ。
ホムペはこちら


防水の歴史を探る「JWHA日本の防水歴史研究会」
*「ルーフネット」は日本の世界の防水に関する記録の初見を求めて日本書紀や聖書などを調べています。2020年の近江神宮燃水祭は7月7日。 黒川燃水祭は7月1日です

yanenikki
令和元年 9月14日 本日十五夜

bou
201909140049 望



京都駅の屋根
P2210723.jpg

京都駅の屋根yane P2210718

↓ ほぼ週刊ウェブマガジン「ルーフネット」最新号 はこちらへ。
ホムペはこちら


防水の歴史を探る「JWHA日本の防水歴史研究会」
*「ルーフネット」は日本の世界の防水に関する記録の初見を求めて日本書紀や聖書などを調べています。2020年の近江神宮燃水祭は7月7日。 黒川燃水祭は7月1日です
土砂降りの中のライトアップ
尾山神社神門
enikki 448雨の神門 O9040234 (2)
201909041900。尾山神社神門。 金沢は雨の町。夕刻、突然雷鳴が轟き、土砂降り。 家族連れや若い観光客がキャーキャー叫びながら走っていく。尾山神社がライトアップされていることを思い出し、防水レンズに付け替えて、南町に向かう。残念ながら、着いた頃は小降りになっていたが、路面の反射はきれいだ。第3層に四面五彩のステンドグラス(ギヤマンと言われている)張り。御神灯が点灯され、日本海を航行する船から見えたそうだ。
448雨の拝殿 O9040230 (2)
尾山神社拝殿

絵日記用全景O9020257
昼間の尾山神社神門。屋根も壁面も銅板。国指定重要文化財。明治8年建築。和漢洋の三洋式を混用した異色の門。斬新なデザインに対して、建設当時は反対意見も出た。屋根に据えられている避雷針は日本最古のもの

448尾山拝殿右側に生息するの蛙O9020135 (2)
拝殿南側に生息する金の蛙。


↓ ほぼ週刊ウェブマガジン「ルーフネット」最新号 はこちらへ。
ホムペはこちら


防水の歴史を探る「JWHA日本の防水歴史研究会」
*「ルーフネット」は日本の世界の防水に関する記録の初見を求めて日本書紀や聖書などを調べています。2020年の近江神宮燃水祭は7月7日。 黒川燃水祭は7月1日です
屋根屋の祇園祭
令和元年の梅雨明け

448 2019大船鉾辻回し 
近畿地方の梅雨明けが宣言された2019年7月24日、京都市は今年初の猛暑日となった。
祇園祭・後祭(あとまつり)の山鉾巡行が7月24日9時半スタートした。後祭では11基の鉾と山が巡行する。

辻回し
割りだけと水で、鉾を90度回転させる。 25度、25度、40度の3回で回す。[滑らかに確実に]が基本だが、そこに迫力や音などの
「いろどり」をどう添えるか、に鉾町ごとのこだわりがある。

44820分割 ジョウイントノ排水樋 O7230057
山鉾中唯一、大船鉾の屋根が銅板で葺かれている。屋根は20のパーツに分解される。そのためジョイント部分に、排水用の樋が設けられている。


448 大船鉾 集合 IMG_4503 (1)
大船鉾の重さは、月鉾に次ぐ重さで11トン。60人の「曳き手」によって引かれる。草鞋からはみ出した足袋ならぬ二股ソックスの親指の底は、行程の半分手前で穴が開き、アスファルトの熱が直撃する。




↓ ほぼ週刊ウェブマガジン「ルーフネット」最新号 はこちらへ。
ホムペはこちら


防水の歴史を探る「JWHA日本の防水歴史研究会」
*「ルーフネット」は日本の世界の防水に関する記録の初見を求めて日本書紀や聖書などを調べています。2020年の近江神宮燃水祭は7月7日。 黒川燃水祭は7月1日です
屋根を遊ぶ
ルーフネットのテーマソング
「ノアの方舟の音楽」

タイトル t

3分間のミュージックビデヲはこちら ↓

https://youtu.be/680A9gMC3RU?fbclid=IwAR3M1j6stjxXJxye-UOH2-Qmpe03LzI1mOJhxEktY9dTgrUOwnUcr8yfkEk

月のフェイズ(新月・、上弦・満月・下弦)に合わせて、・配信するほぼ週刊ウェブマガジンルーフネットのテーマは「屋根なを遊ぶ」。
リコーダー奏者で中世音楽研究者の菅沼起一さんが、第11回 Enjoy Roof コンサートで演奏した、ノアの方舟を題材にした聖歌を、会場で即興演奏。 翌月のコンサートでリコーダーとオルガネットýぴにアレンジした演奏を、ライブ映像と合わせて、仮編集したものです。R&R建築再生展でのライブより、一部を仮編集したもの。


↓ ほぼ週刊ウェブマガジン「ルーフネット」最新号 はこちらへ。
ホムペはこちら


防水の歴史を探る「JWHA日本の防水歴史研究会」
*「ルーフネット」は日本の世界の防水に関する記録の初見を求めて日本書紀や聖書などを調べています。2020年の近江神宮燃水祭は7月7日。 黒川燃水祭は7月1日です
鶴川絵日記 20190719
青染み
青浸み

見上げると
見上げると

銅屋根の雨跡
能ヶ谷神社




↓ ほぼ週刊ウェブマガジン「ルーフネット」最新号 はこちらへ。
ホムペはこちら


防水の歴史を探る「JWHA日本の防水歴史研究会」
*「ルーフネット」は日本の世界の防水に関する記録の初見を求めて日本書紀や聖書などを調べています。2020年の近江神宮燃水祭は7月7日。 黒川燃水祭は7月1日です
令和元年 夏越祭
2019年6月30日
茅野輪くぐりの作法

茅の輪
新潟・白山神社

パーツ (2)
茅の輪くぐりの作法
パーツ (1)


448 新名物風鈴O6300099
白山神社拝殿の濡れた銅屋根。風鈴と屋根



↓ ほぼ週刊ウェブマガジン「ルーフネット」最新号 はこちらへ。
ホムペはこちら


防水の歴史を探る「JWHA日本の防水歴史研究会」
*「ルーフネット」は日本の世界の防水に関する記録の初見を求めて日本書紀や聖書などを調べています。2019年の近江神宮燃水祭は7月5日。 黒川燃水祭は7月1日です